FC2ブログ

2ちゃんねるオカルト板まとめ

オカルト板をメインにまとめています

ヘッドライン
オワタあんてな\(^o^)/まとめサイト速報+ショボンあんてな(`・ω・´)

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/--] スポンサー広告 | コメント(-)| このエントリーを含むはてなブックマーク | はてなブックマーク - スポンサーサイト

◇◇心霊わらえる話◇◇ 

◇◇心霊わらえる話◇◇

60 :本当にあった怖い名無し :2005/09/28(水) 03:53:37 ID:S8ryfpHe0
数年前に恐怖系ホムペのどこかで読んだ話。本人は実話と書いてた。
彼は、旅行だか、出張だかでなんだかで、ある旅館に泊まった。
足元には押入れがあり、襖は閉まっていた。
突然金縛りにあう。身動きができず苦しいと思っていたら、足元の襖がスーッと開いて中から
誰か(何か)が音も立てずに出てきた。
そして、それが言った言葉。



「あ、間違えた。」




そして、その誰かはまた押入れの中にスーッと入って行き、襖をピシャッっと閉めた。
本人は「何を間違えたんだろう」と不思議がってた。


67 :んじゃ、話してみよう。 :2005/09/28(水) 18:07:01 ID:LhEKevSq0
友人のWはそこそこ霊感のあるデブだ。

ついこないだのこと。
六畳一間で一人暮らしのそいつのところに遊びに行ったら、
天井から妙なモノが吊るしてある。
理由を聞くと・・・。

その一週間くらい前に、職場の先輩に誘われてヤバイ場所に行って来たらしい。
誘われた、というよりは強引に連れて行かれたと言うべきか。
Wの霊感は職場でも有名らしく、面白がられて地元の心霊スポットの
霊視案内役みたいなことをさせられたのだ。
そこで起こったアレコレはふつーの恐怖譚なので割愛する。
問題なのはその場所から一体、霊がWに憑いて来てしまったってコト。

Wが寝てると布団の上方がピシピシ鳴り始めて金縛り。
やがて宙に能面のような男の顔が現れ無感情に見下ろす。
他に何するわけでも無く、ただいつまでもWの顔を見つめている。
そんな夜が何日も続いた。



68 :つづき :2005/09/28(水) 18:07:53 ID:LhEKevSq0
寝不足になったWはキレた。
そういえば、男の顔が現れるのはいつも同じ位置だ。
一計を案じたWは件のモノを吊り下げることにした・・・。

その夜現れた能面男は、目の前に下がったものを見て
明らかに狼狽した表情を見せたらしい。むしろ怯えた様子だったとも。

・・・洗濯籠に放り込まれたまま何日も放置されていたWのパンツと靴下。
それが男の鼻先にある。
霊が匂いを感じるのかどうかは知らんが、
とにかくWのヤツは体臭がキツイ上に痔ろうで水虫脂足だ。
霊は瞬時に消え、翌晩からはもう来なくなったという。

以上が霊を駆逐したと勝ち誇るWの話。
念の為まだしばらくは異臭の汚れ物を撤去する気はないそうだ。
俺としては、あれが片付くまではヤツの部屋をまた訪れるつもりはない。



全文を読む

◇◇心霊わらえる話◇◇ 

◇◇心霊わらえる話◇◇

18 :本当にあった怖い名無し :2005/09/17(土) 08:41:49 ID:SBaAdiPf0
高校の時の化学の先生はトンチンカンな人だった。
そんな彼の引っ越し先に奇妙なことがよく起きる。
誰もいない部屋にゼーハーという苦しげな呼吸音がしたり、
床下から突き上げるようにドスドスという音がしたり、
ある日は家中の鏡という鏡にヒビが入ったり。
彼は「家鳴りがひどい。欠陥住宅だ」といっていたが、
私たち生徒は「それは絶対に霊だ」と噂し合っていた。
そんなある日、新聞部の連中が、彼の借りている借家で
15年前に自殺があった地元新聞の記事をたまたま発見。
「やっぱり霊だ」と私たち生徒が騒ぎ、彼も渋々ながら
「霊なのかもしれない」と納得。
その日の夜から、彼流の除霊が始まった。
異音がする度に、彼は布団から出て部屋の真ん中に正座し、
「君はね、もう死んでいるんですよ。自分の宗教流儀に則って
成仏したらどうですか。私に頼られても無駄ですよ。そもそも
君は迷惑です。無関係な人間に迷惑をかけてでも、自分の希望を
押し通すなんて身勝手過ぎます。君も、生きている時は社会人
だったのでしょう? 少しは常識というものを考えてですね‥‥‥」
そういうお説教を音が止むまで10日ほど続けたそうだ。
そして、最後の晩、いつものように異音がし、いつものようにお説教
をかましていたら、まるっきり人間としか思えないような霊体らしきものが
現れ、「申し訳ありませんでした」と謝罪し、異音はなくなったんだと。
以来、彼は「幽霊さえも降参する粘着説教教師」として生徒たちに
尊敬されることとなりましたとさ。


20 :本当にあった怖い名無し :2005/09/17(土) 10:28:37 ID:SBaAdiPf0
俺の例だが、有馬の某ホテルに泊まった時、寝付きかけてたら、トイレの方から
ジャーって水が流れる音。俺と彼女しかいなかったし、彼女はもう爆睡。
おっかしいなー、と思ってトイレへ見に行ったら、ちゃんと排水してたのよ。気味悪かった。
トイレの電気をつけたままにして、寝付こうとしたらまたジャーってさ。
俺、水道の技師だからさ、速攻で分解してチェックしたんだよ。でも異常はまったくない。
次、また音がしたら・・・ヒッヒッと思い、期待しながら寝付こうとしたら、やはり、またジャーって音。
面白い!この俺様に挑戦するのか、って感じで、トイレのタンクの元栓を閉鎖。おまけに、タンク内の水も排出。
これで霊がいくら頑張っても流す事は不可能だぜ、とほくそ笑みながらまた就寝。
気持ち良く寝れて、早朝、チェックアウトしようとしたら、隣室の老夫婦がカウンターに苦情を言ってた。
「トイレからジャーって音が夜の1時ぐらいからするんですが」って。
俺が元栓を閉めたの、25:30頃だったから、霊は諦めて隣りの老夫婦の所へ行ったんだな、って思うと
おかしかった。


27 :本当にあった怖い名無し :2005/09/19(月) 14:08:12 ID:+0fe0e980
筑波大学(諸説あるけど私はそう聞いた)の学生寮には部屋の壁から壁を
駆け抜けていくランナー姿の幽霊が出没する。
ある日、一計を案じた学生が幽霊の通り道にゴールテープをはってみた。
幽霊はテープを通り越した途端掻き消え、以来二度と出てくることは無かった。


全文を読む

他サイト様更新情報
このブログについて

ネタ、お勧めスレッド紹介等
大歓迎です

このブログについて

初代TOP絵いただきました
Lithiumさんのサイト


08 | 2014/09 | 10
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
最新記事
カテゴリ


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。