FC2ブログ

2ちゃんねるオカルト板まとめ

オカルト板をメインにまとめています

ヘッドライン
オワタあんてな\(^o^)/まとめサイト速報+ショボンあんてな(`・ω・´)

オカンにまつわる怖い話-2 

380 :本当にあった怖い名無し :2006/05/20(土) 17:13:18 ID:vkk6Su+ZO
オカンじゃなくて悪いが、兄貴が不思議な体験をしたらしい。
ちなみに兄貴は都内に一人暮らし。
去年のイブの次の日に
うちの愛猫が亡くなったのだが、

その日兄貴が部屋でくつろいでたら
窓の外から騒がしくニャーニャーと猫の声がきこえてきた。
気になって窓をあけると

かなり複数の野良ヌコたちがそこにいて、皆でないていたそうな。
それも兄貴にむかって。

今思えばあの野良ヌコたちが、知らせにきてくれたんだな、って
兄貴がいってた。
兄貴、愛猫のことすごい可愛がってたからな…
長文スマソ



387 :本当にあった怖い名無し :2006/05/23(火) 19:51:05 ID:9eLeQTHG0
3日くらい前、冷蔵庫からドレッシングを出そうとしたら
何だか相当古そうなドレッシングの瓶を見つけたので
恐る恐る賞味期限を見てみると「1991年××月××日(日付は曖昧)製造」と書かれていた
オカンに「15年くらい昔のドレッシング出てきたから捨てといた」と告げると
「それ、まだそんなに味変わってないから今でも使ってたのに勿体無い」と返された
今日だって12年前に賞味期限の切れた缶入りにんじんジュースを
美味そうに飲んでたし本気で有り得ない
今まで悪い物食べた記憶なかったのによく腹下していたのは
それが原因だったんだろうと推測
もしかすると他にも色々賞味期限切れの食品を食べさせられていたのかもと考えると本当に恐ろしい
勿体無いっていう気持ちはわかるけどあんまりだ



403 :本当にあった怖い名無し :2006/05/24(水) 21:28:11 ID:HfaxfgymO
ここ見てたら思い出した。おとんの葬式の時、ヤクザがたくさんきて、おかんを取り囲んで「姐さん」と呼んで挨拶していた。ママン、あなたの過去はいったい‥? ちなみにおとんは普通のサラリーマンでした。携帯から失礼いたしました。



440 :本当にあった怖い名無し :2006/06/08(木) 17:25:18 ID:bzt37Nhe0
わしゃー旅先で200Mの断崖絶壁からまっさかさまに落下しかけたことが
あるんじゃ。
一緒に現地ツアーに参加していた紅毛碧眼の外人さんに写真とってくれ
って言われてな、サービス精神旺盛なワシは、ファインダーを覗きながら
ろくすっぽ足許と後ろも見ずにベストなアングルを探していたら、あと1m
でバックスプラッシュするとこだったんじゃ。きっとスプラッターな最期
だっただろうのう。

今でもこのときのことを思い出すと、実際に死と隣り合わせた恐怖から、
心臓の鼓動が早まって、精神が嫌な具合に興奮して半ば発作状態に陥る。
ある日の寝入りばな、たまたまこの発作に襲われてしまった。
興奮状態になりながら、「お母さん助けて!お母さん怖い!」と心の中で
叫んでいた。が、やがて眠ってしまったようだった。

翌日、母に、「あんたが水に落ちておぼれる夢をみた。妙にリアルだった」
といわれた。ちょっとびっくりした。



491 :本当にあった怖い名無し :2006/07/03(月) 22:59:28 ID:iXVbveG50
私が高校生の頃、ちょっとばかり実力試験の数学の成績が悪くて、
なんにも言わなかったら気づかないかなっと思って、
成績表をもらってからもだまって普通に過ごしていたら、学校への送迎の途中に突然
「あんた成績悪かったからって、成績表隠したって無駄だからね」
と言われました・・・・なんでも、昨日の夢で私が成績表を鞄の中に入れるのを
見たらしい。

ちっばれたか。

全文を読む

オカンにまつわる怖い話 

オカンにまつわる怖い話
1 : 本当にあった怖い名無し :2006/11/22(水) 22:16:42 ID:VNUZ2E/vO
うちのオカン不思議な力があるな~とか思ってたら、
よそのオカンも不思議なのね。
そこで、いろいろなオカン大集合、てわけなの。



13 :本当にあった怖い名無し :2006/03/15(水) 17:25:06 ID:iNFQpZAo0
おかんとは離れて暮らして久しいのだが、
体調が悪い時に限って電話が来る
3ヶ月かに1回位?


15 : 本当にあった怖い名無し:2006/03/15(水) 17:28:11 ID:wDULIJmM0
>>13 離れてても、体調とか金に困ってることとか分かるみたいだよね。




16 :本当にあった怖い名無し :2006/11/25(土) 11:45:47 ID:tv9PGhpi0
朝洗面台から戻ってきた母

母「あれすごいスーッとするねぇ」
俺「ああリステリン」
母「胸からお腹までスースーしてる」

飲みやがった



19 :本当にあった怖い名無し:2006/11/25(土) 12:46:53 ID:KisUquQ40
オカンて、健康とか不健康の概念を超越してるよな。
それでもって健康食品に手を出す矛盾・・・w



20 : 本当にあった怖い名無し :2006/11/25(土) 16:43:34 ID:SZh5f1Dz0
俺のおかんは、俺が5歳のときに病気で亡くなった。
おとんは男手ひとつで俺を育てた。
そんなおとんも、俺が高校を卒業するときに再婚。
俺は頭でわかってても、どうしてもおかんが不憫に思えて
あたらしい母さんにもなじめなかった。

色々言って困らせた。
大学生といえども、もう立派な大人なのに。

ある日も母さんが作ってくれた夕飯に手を付けず、
部屋で1人菓子パンとか食ってた。
その後、母さんが泣いてたのも知ってる。

その夜、
眠っている俺の耳元で
「○○(俺の名前)」と呼ぶ声がしてハッと目が覚め起きた。
起きた瞬間、横っ面殴られた。


あれ、死んだおかんだと思うんだよね。
おかんが好きだった百合の花の香りがしたから。
いつまでもガキみたいにしてる俺を怒りにきたんだと思う。

今は家族3人仲良くやってるよ。



25 :本当にあった怖い名無し :2006/11/25(土) 18:35:13 ID:qNILiXbM0
ごはん食べてもらえないのってきついよ
もう一人のお母さんとも仲良くね

全文を読む

身内に起こった怖い話 2話目 

身内に起こった怖い話 2話目

14 名前: あなたのうしろに名無しさんが... 投稿日: 02/11/09 10:52
 私は今までに、何人か身内を亡くしているのですが、
その中で、5年くらい前に、50才という若さで亡くなった
叔母のエピソードが、印象に残っています。
 叔母は、私とは直接血の繋がりはないのですが、
(前述の父とは対称的に)本当に良い人で、親類、縁者、近所の方、誰一人
彼女の事を悪く言う人はおらず、大勢の友達にも恵まれていました。
それだけに、そんな良い叔母が、重病と知った時には、
「神も仏も無いものか」と思いました。

 ある日の明け方、「はずしかけた眼鏡が、真中から真っ二つに割れてしまう」
という、とてもリアルで生々しい夢で、目が覚めました。
 それから一時間後、「叔母が亡くなった」という電話がありました。
 告別式の席で、その叔母の次男が、「亡くなった日の朝、夢の中で、
母に『もう行くから』と言われた。『まだ、早すぎる』って止めたんだけど」
と話していました。
 妹は前日に、突然、真珠のネックレスの糸が切れたそうです。
 また、叔母の親友は「2、3日前に、平らなテーブルの上のトックリが、
誰も触っていないのに突然倒れて、トックリの首が飛んだ」と話していました。
 しかし、皆一様に、「知らせにきてくれたんだね~」と、仄々した感じで、
誰一人、恐がったり、気味悪がったりしている人は居ませんでした。
 これも、叔母の人徳だな、と思いました。



17 名前: あなたのうしろに名無しさんが・・・ 投稿日: 02/11/09 16:30
母の話です。もう10年以上前のことですが。
学生時代の恩師がなくなってしばらくしてから
その恩師のゆかりの地(東北の某地方)に旅行する機会があり、
母は曇り気味のある日、そこの山の道を散策していたそうです。
急に霧が深くなったな、と思いながらも歩いていると、道の向こうから
年配の男の人がやってきてすれ違いました。
その人の姿、顔、が、その恩師に最後に会ったときとあまりにそ
っくりで、思わず声をかけようとしてしまったそうです。(なく
なったことを忘れたくらい)
他人の空似かもしれませんが、場所が場所だけに・・・と言って
いました。



21 名前: 14 投稿日: 02/11/09 17:57
「怖い話」というスレタイとは、一寸、はずれてしまうのですが

50年も前の事ですが、「桜木町事件」と呼ばれる、
大きな鉄道事故があり、伯父もその電車に乗っていました。
京浜東北線の下り電車が、横浜市の「桜木町駅」に到着する直前に、
車両火災が発生し、1両目が全焼、2両目が半焼し、
100人以上の方が亡くなった、という悲惨な事故でした。
(当時の車両は、窓から乗りこむ人を阻止する為に枠が嵌めてあり、
乗客が窓から避難できなかったそうです。)
当時、伯父は仕事で毎日、川崎市役所と関内駅近くの神奈川県庁を
往復していました。しかも下り線では、(県庁側の南口で降りる為)
必ず1両目に乗っていたそうです。
ところが、その日に限って、川崎駅で、さして親しくもなかった高校時代の
同級生に話し掛けられ、一番後に乗った為に、助かったそうです。
伯父は人はよいのですが、お世辞にも社交的とは言えない性格の為か、
駅で知り合いに話し掛けられたのは、この時が最初で最後だそうです。

また、以前近所に住んでいた人は、8年位前「営団地下鉄の日比谷線」で、
毎日通勤していたそうです。
ある日の朝、突然、物凄い腹痛に襲われた為、
会社に欠勤の連絡を入れたそうです。ところが40分ほどすると、
嘘のように治ったので、「遅刻しても、とにかく出勤しよう」とすると、
電車は動いておらず、ホームでは大騒ぎになっていたそうです。
彼女は、「あの時、いつもどおり電車に乗っていたら、
サリン事件に巻き込まれていた」と言っていました。
両方とも、ただの偶然なのかもしれませんが…


全文を読む

他サイト様更新情報
このブログについて

ネタ、お勧めスレッド紹介等
大歓迎です

このブログについて

初代TOP絵いただきました
Lithiumさんのサイト


02 | 2017/03 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
最新記事
カテゴリ