FC2ブログ

2ちゃんねるオカルト板まとめ

オカルト板をメインにまとめています

ヘッドライン
オワタあんてな\(^o^)/まとめサイト速報+ショボンあんてな(`・ω・´)

身の回りにいる霊感ちゃん  

1 名前: あなたのうしろに名無しさんが・・・投稿日: 2001/05/14(月) 18:03
「ここ・・・霊気で溢れてる」とか、一人暮らしのアパートに来て
いきなり「この部屋に血を流した日本兵がいる。アハハー」とか
言い出す立原タンばりの自称霊感ヴァカ、まわりにいませんか。

うちはこの前、霊感ちゃんにいきなり玄関のドアにオフダ貼って
帰られました。「霊の通り道だから!」だって・・・。



6 名前: あなたのうしろに名無しさんが・・・ 投稿日: 2001/05/15(火) 00:10
学生時代の後輩。
人の家に来て
「台所の隅に女の子がいる」
と言うだけ言って、帰るのはやめてほしい。
友達の家だけど。

その子が家に来たときは、
「何か見えてもぜったいに言うな」
と念を押したおいらは小心者。



9 名前: あなたのうしろに名無しさんが・・・ 投稿日: 2001/05/15(火) 00:59
小学生の時クラスにいた女子が背後霊が見える
とか言った。
その話を聞き、俺は
「バカかぁ?そんなもん見えるわけねーだろ」
と思った。
おはガールの、ポッキーのCMに出てた遥ちゃん似の、
すごいかわいい娘だった。



10 名前: あなたのうしろに名無しさんが・・・ 投稿日: 2001/05/15(火) 01:29
昔の飲み友達に見える人がいた。その彼に「今だから言うけど、ちょっと前まで生霊ついてた。もういないから安心して。」といわれた。
どんな顔?て聞いたらなんかけっこう精悍な感じの男前らしい。
勿論、心当たりなんかない。っていうか、ナマ(?)で現れてほしかったわ。



14 名前: 実話 投稿日: 2001/05/15(火) 02:38
ネットで知り合った人妻がいわゆる「見える人」だった。
食っちゃいたかったので、話をあわせてしまった。



15 名前: あなたのうしろに名無しさんが・・・ 投稿日: 2001/05/15(火) 05:45
見える・・・とはちょっと違うが、うちの近所の消防団の人の
頭の中は寝てるとき以外は常にサイレンが鳴っていて、
サイレンが止んだ時に火事が起きるらしい。最初は電波か?
と思ったが、地下鉄内で当てられたときはビビッた。

全文を読む

【霊感持ちの】シリーズ物総合スレ7【友人・知人】:2008/12/30(火)~2009/01/08(木) 

59 :本当にあった怖い名無し:2009/01/06(火) 08:06:31 ID:fRSaP7IJ0
知り合いの話で、2~3しか無いんだけどこっちと洒落こわと
どっちがいいのかな。


60 :本当にあった怖い名無し:2009/01/06(火) 09:01:27 ID:gJE3UzBS0
こっちの方がいいよ

61 :1:2009/01/06(火) 10:40:16 ID:fRSaP7IJ0
お言葉に甘えて。

その1

友達の話。彼女自身はプチ霊感持ち程度だがわりと避けて歩くタイプで、
肝試しなどは決していかない。
でも霊体験が多少あるようなのでプチ霊感持ちと思う。
そんな友人の話です。

彼女はピアノの先生をしているのだけれど、ある日、教室で生徒が来る前に
練習していたら、鍵盤に長い髪の毛が落ちてきたそうだ。
彼女の髪より明らかに長く、「???」と思ったが、そのままティッシュで掴んでゴミバコへ。
続けて弾いていると、また髪の毛。
今度はぱさぱさ・・・という感じで何本か落ちてきた。
「空調かな?」
そう思いながらティッシュでそれをまとめ、ふと上を見ると・・・

天井に、女が逆さまに「生えて」いたとか。
というのは、上半身だけが天井から出ていたらしい。
逆さの白い顔に大きな目。その目でぎょろりと見られたそうで。

62 :2:2009/01/06(火) 10:41:30 ID:fRSaP7IJ0
うわあああああー!!!と叫んだかどうかは覚えていないそうだけど、
教室から飛び出たそうだ。

しばらくして生徒が来てからおそるおそる一緒にはいると、もういなかったそうだけど
鍵盤の上には髪の毛がいっぱい落ちていたそうで。
曰わくも何も解らない。そうですが、「ギョロ目で天井からぶら下がってるのはなんとも・・・」
と、今でも怖いそうだ。

この話には後日談がある。
彼女はそれ以来ぶら下がる女を見ることはなかったし、髪の毛が落ちることもなかったそうだが
他の先生でそれを見た人がいるらしい。
だがその先生は、見た瞬間、走って上の教室に向かったそうだ。
「なんのために?」と聞いたら、「足が出てるかな?って思ったんだ」とか。
足が出ていたそうで。
・・・床が薄い安普請?と大変気になったそうです。

63 :本当にあった怖い名無し:2009/01/06(火) 10:41:56 ID:fRSaP7IJ0
あと二つくらいだけどそのうちまた書きに来ます。

64 :本当にあった怖い名無し:2009/01/06(火) 10:46:31 ID:o2vydAd20
短いとパッと読めるからいいね

65 :本当にあった怖い名無し:2009/01/06(火) 12:04:27 ID:gJE3UzBS0

足つきって事は幽霊じゃないね
妖怪かな

66 :本当にあった怖い名無し:2009/01/06(火) 12:38:37 ID:b+SSdpfl0
外人の幽霊だったんじゃね?

67 :本当にあった怖い名無し:2009/01/06(火) 15:24:37 ID:u/pcYcCX0
白い顔に大きな目・・・
美人の条件であるが果たして!?

69 :本当にあった怖い名無し:2009/01/06(火) 15:58:32 ID:cAvv3SlK0
自分が経験した話。
1/4
自分は霊感無い、と思ってる。
高校生のとき演劇部に入っていて、夏休みにコンクール前の合宿をしていた。
日中に体育館の舞台を使うと、他の体育館を使っている部活から
うるさいと言われてしまうので、他の部活が終わったあと舞台での練習をしていた。
日中は部屋で台詞の読みあわせとか屋外で発声練習とかしてた。
舞台で無いと出来ない立ち位置の確認とか音と照明の通し練習とかしてたら、
結構時間がかかってしまい、夜中の2時ぐらいまで練習してしまった。
さすがに眠くなり、今日はひとまず終わりにしようと
後輩達が体育館の戸締りをはじめた。

70 :本当にあった怖い名無し:2009/01/06(火) 15:59:10 ID:cAvv3SlK0
2/4
自分は最上級生だったので戸を閉めるのが終わるまで体育館の脇の
合宿所までつづいている屋根の付いた渡り廊下でまっていた。
体育館には足元に鉄格子の付いたガラスの窓が付いていた。
そこから「キュキュ」と体育館を歩き回る足跡が聞こえていた。
体育館シューズは滑り止めのゴムが付いていて、歩くと「キュキュ」と
音がするのだ。
(がんばってるな・・・)
なんてボーっと待っていたら、真後ろから
「先輩終わりました!」
(は!!!!!????)
自分は心の中で大声を出していた。
ついさっき体育館を歩く音が聞こえていたのに・・・
最後に鍵を掛けるドアは今自分がいる場所かかなり離れた反対側の扉なのに!!!
なんで聞こえた次の瞬間に、後ろにいるんだ!!!
人間って、ほんとに怖いと悲鳴をあげる前に逃げるのね。
殆ど反射的に全力で合宿所に駆け込んだよ。

71 :本当にあった怖い名無し:2009/01/06(火) 15:59:51 ID:cAvv3SlK0
3/4
後ろから後輩達が
「先輩!どうしたんですか!?」
と追っかけてくる。
合宿所でわれに帰った自分は追いついてきた後輩に音のことを話した。
「やだ、先輩、知らないんですか?
 ここの体育館こうもりが住んでいるんですよ!」
後輩達はこうもりの声だと言う。
・・・・・・・・・

自分はそのことを聞いてこうもりの声を聞き間違えたことにした。
後輩達から弱虫呼ばわりされても笑っておどけることにした。
これから後5日間も合宿はある。
毎日この時間まで練習はあるだろう。
今、後輩達をおびえさせてコンクールの練習にひびいたらそれこそ最悪だ。
ただ、自分はいろんな理由をつけて鍵閉めだけは立ち会うのをやめた。


72 :本当にあった怖い名無し:2009/01/06(火) 16:00:27 ID:3lkCPnTj0
おっと、割り込みすまんかった。続けてください

73 :本当にあった怖い名無し:2009/01/06(火) 16:01:20 ID:cAvv3SlK0
4/4
なぜならあの時・・・
「キュキュ」と言う足音と一緒にあの鉄格子の付いたガラスの小窓から
体育館シューズと足首を見ていたから。
見たのは自分だけだし、見間違いかも・・・
と、在学中は言い聞かせて夜の練習をしていた。

長文失礼しました。

75 :61:2009/01/06(火) 22:25:37 ID:fRSaP7IJ0
その2

友達の家で四人で飲んでいたそうだが、彼女と隣の席の人の間から、手が出てきたそうだ。
青白い、なんだか薄汚れた手。
とっさに彼女は自分の子が汚れた手でテーブルのおやつを取りにきたと思ってぴしゃんと
手を叩き、「綺麗に洗ってらっしゃい!」と言ったそうだ。
ぶった感触は子供の手では無かったそうであれ?と。マネキンのような感じに感じたとか。
しかも、子供は別室でその家の子と遊んでいる。
だが、手は彼女だけでなく全員見たそうだ。
「よ・・・酔ってるんだよ私たち、わはははは!」と、そこは酔っぱらいたち、それでスルーしたのだが・・・。

だが、しばらくして、綺麗な手が出てきたそうだ。
固まる3人に対して彼女は「誰だか知らないけど図々しいなあ、まあ、もってけ」と、そこにあった
チーズとさけとばとビーフジャーキーを渡したそうである。
手はすっと引っ込んだそうだ。

「別に怖くなかったんだよ。天井からぶらりと違って。きっと悪いヤツじゃないよ」

そこの家の裏には狸がいて、ちょうど子供を産んだ直後だったらしい。
「あー、じゃあもうあれ狸だよ狸!たぬき!」との彼女の言葉に、その家の人(オーストラリア人の奥さん)
は「日本のたぬきはそんなファンタスティックなのか?!」と喜んでいたそうですが。
その家で宴会をやるときは、家のうらにこっそりお供え?をして、「手だすなよ」と念押ししてから
やるようになったそうです。
こだぬきも立派に成長しておりますそうです。(ちなみに二十三区内)

83 :本当にあった怖い名無し:2009/01/07(水) 16:56:16 ID:mgAlaMkv0
69です。
思い出した話。長いです。
1/4
高校生のとき演劇部に入っていた。
自分が入部したとき部室には先輩が2人しかいなかった。
しかも3年生。自分は1年生。
委員会でよくしてもらった先輩が、演劇部で人手不足で引退公演ができないと、
相談された。大体、2人では部活と言う組織は作れないのでは?と思ったが
話によると、他9人ぐらいは幽霊部員で登録していて一切部活に来ないとか。
かろうじて部活の形を取っているそうだ。
よくしてもらった先輩のお願いに断りきれず、雑用係と言う形で入部した・・・
はずだった。
入ってみたら話は大違いで気がついたら発声練習をさせられ、
台詞を覚えさせられ、自分の役は主役だった・・・
先輩達は脇役で良いところをもって行き、他の幽霊部員が雑用係だった。
何とかこのありえない状況から猛練習をして引退公演を終えたとき、
先輩達はまたありえないことを言った。
「おまえ、部長だから」
一年生も終わる頃、自分は演劇部の部長として一人取り残された。
そう、幽霊部員は3年生だったのだ。
自分はその頃にはこの部活に愛着がわいてしまい、何とか面子をそろえるべく
ありとあらゆるコネを使い人を集めた。
知り合いのいる部活に行き、掛け持ちしないかと持ちかけたり、
一年生を取り入れるべく、同じ中学の後輩達に声を掛けたり。
かくして自分の努力が報われなんと15人もの部員を獲得した。
しかし・・・
人を選べる状況でなかったのでいろんなやつが入ってきた。
アイドルオタク・・・アニメオタク・・・
宗教の信者・・・(こいつは布教活動したので後に解雇)
筋肉男・・・そして、電波少女・・・
前振り長かった。

84 :本当にあった怖い名無し:2009/01/07(水) 16:56:40 ID:mgAlaMkv0
2/4
ここからが・・・
自分が体験した話。
自分は霊感無い、と思ってる。
これは足首を見る前の話。
演劇部は定期公演に向けて練習をしていた。
いつも昼間に舞台を使わせてもらえないので結局合宿をして、
深夜に体育館の舞台を使う。
あれは、運動部が体育館を使い終わってすぐだった。
夜の9時ぐらいに舞台に明かりを入れて緞帳をあげた。
その直後、電波少女が悲鳴を上げ自分に倒れてきた。
びびったのは自分だ。
泡吹いていた。
電波少女は「あそ・に・・・あそこに・・・」
と舞台の上にある音響室の窓を指差している。
泡を吹きながらだから言葉も変で余計に怖い。
いつも怖い話ばかりしているから、演技かとも思ったが、
演技で人は泡吹けるのか?ママレモンでも飲んでるのか?
いや、いや?
自分が見ても何も見えない。
が恐怖は連鎖する。
他の部員まで「いやだ!」
と叫び座り込む始末。
(カチン!)
そのとき、音がした。電波少女のピアスが割れたのだ。
電波少女はお守りと称して赤い珊瑚のピアスをしていた。
これは学校公認だそうだ。本人が言っているし、担任もスルーしているので事実だろう。
お払いを受けていてこれが無いと人前に出れないそうだ。
そのピアスが割れた瞬間電波少女は気絶した。

85 :本当にあった怖い名無し:2009/01/07(水) 16:57:45 ID:mgAlaMkv0
3/4
「キャーーーーー!」
もう、集団ヒステリーだ。
その光景を見た部員は泣き出し、悲鳴を上げ収拾がつかない。
少なくとも電波少女には見えているその恐ろしい何かは
周囲の人間に恐怖だけを振りまき場をパニックに陥れた。
どんなに自分が言葉を発しても無力だった。
とりあえず全員で手をつなぎ、気絶した電波少女を抱え、
合宿所に非難した。
布団に電波少女を寝かせ、全員食堂に集合した。
全員に確認してもやはり何も見えてない。
どんなに怖くても、舞台で練習しなければならない。
そこで、全員で舞台に行き、全員で練習をし、全員で帰ってくる。
と言うルールを決めた。
いや、これも子供だましだが、何を話したかわからないぐらい
難癖をつけみんなを納得させた。
自分も怖いが練習をしていない状況で公演会を行い、
失敗して見に来たOBに凹られるのが現実もっと怖かった。
その後目覚めた電波少女に確認したが恐ろしすぎで話せないの一点張りだった。
そして、ピアスが無いので家に帰ると帰ってしまった。
次の日無くした時用の予備のピアスをつけて現れたが舞台には上がらなかった。
それからは何事もなく合宿を終了できた。
そんな努力のかいあり、公演会は成功。
OB達も満足の出来だった。
公演会が成功したことで部員は合宿での出来事は忘れてしまっているようだ。
打ち上げで話題にも上らなかった。
あの出来事は電波少女がみんなを怖がらせるための
演出だったのだろうと自分を納得させた。
終わりよければ全てよし。
自分は何も聞こえなかったし、見えていないから。

86 :本当にあった怖い名無し:2009/01/07(水) 17:01:16 ID:mgAlaMkv0
4/4-1
時は10年ぐらいたつ。
演劇部はなんやかんやと理由をつけては集まり、遊んでいた。
自分は後輩達に連れまわされ、それはそれで楽しかった。
中の一人が職場の人と結婚した。
披露宴に呼ばれ二次会も行った。
そこで一番良く話していた筋肉男が意外なことを言い出した。
「そういえば電波少女大変だったみたいですよ。」
披露宴には電波少女は来ていなかった。
話によると、彼女は大人になりますます電波が進み
ありえない人影や音を感じるようになり
欝になってしまったそうだ。

87 :本当にあった怖い名無し:2009/01/07(水) 17:01:43 ID:mgAlaMkv0
4/4-2
心配した親が彼女を病院に入れた。
検査してみたらなんと脳に大きな腫瘍が出来ていたそうだ。
それはいつからあったかはわからなかったらしいのだが、
脳の視覚や聴覚をつかさどる部分を圧迫するまで成長し、
幻覚や幻聴を見ていたそうだ。
腫れている腫瘍を小さくする薬を飲んで後日切除したそうだ。
現在は腫瘍も良性で術後安定しているとのこと。
他の後輩たちもあの出来事を思い出したのか
安堵の表情を浮かべながら
「あの時本当に怖かったね。彼女嘘ついてなかったんだね。」
とか、にこやかに談笑していた。
が、自分はすごく嫌な気持ちになった。
みんな忘れてないか?
じゃなんで彼女の魔よけのピアスが突然割れたんだ?
偶然か?珊瑚って簡単に割れるのか?
それとも、魔よけのピアス割ってしまうほどの
何かが本当にいたんじゃないか?

彼女には見えていたんだ。
恐ろしいモノが。
泡を吹いて気絶するほどのモノを!!

そこまで考えたが、後輩の新しい門出に気分の悪い話をしたくなかったから
自分の胸にしまいこだ。

長文失礼。

88 :83:2009/01/07(水) 17:10:58 ID:mgAlaMkv0
誤字脱字、読みにくかったらすいません。
自分の胸にしまいこだ。

自分の胸にしまいこんだ。

89 :本当にあった怖い名無し:2009/01/07(水) 23:25:57 ID:PJwaeuNOO
性格に問題のある霊感持ちも萌えキャラも出ないが、
ありがちな恋愛フラグや安っぽい伏線もない

こういうの好きだw

90 :61:2009/01/08(木) 13:01:08 ID:K4EbZt170
その3

彼女が山にハイキングに行ったときのこと。
そのときは一人で自然に触れたくて一人で行ったそうだ。
山歩きといってもハードなもんではなく、上記にあるようにハイキング程度。
ちょど歩いていた先に何かの神社があると地図で見たのでそこへ向かう。
前日が雨だったせいか、道がぬかるんでいてちょっと休憩とかしにくそうで、
神社の境内でお昼を食べようとしたらしいのね。
そうしたらいけどもいけどもたどり着かない。
地図が間違ってるのか、同じ所をぐるぐる回ってるのか、色々疑ったが、
太陽の方角などから間違ってはいなさそう。
なんだか視線を感じるし、とても気持ち悪いなあ・・・と思っていた。
その時に、いきなり木のかげから、小さな子供が飛び出してきた。
そして彼女に「おねえちゃんはいい人だから教えてあげる。そこの神社には
たどり着けないよ、お姉ちゃんは」と。
「なんでかな?てか君誰?親は?」
「もう、解ってる癖にきかないでよ。とにかく引き返したほうがいいよ。ほら。
もうすぐ日が暮れるし」


91 :61:2009/01/08(木) 13:01:38 ID:K4EbZt170
続き

たしかに、二時間くらいしかあるいていない筈なのに、何時の間に日が暮れかかっている。
これは霊的なもんだ、こういうときは下手に逆らわない方がいいと思い、
「・・・ありがとう・・・ねえ、ぼくは私をしってるの?」
そう言うと、にやっと笑って消えたそうです。何故かその子は怖くはなかったそう。

ハイキング道の入り口にはすぐたどり着いた。
出発してから二時間くらいにしか感じてないのに、実に六時間以上たっていた。
しかも、何だか人が集まっている。
「どうしたの?」と聞くと、「この先の神社、あんた行ったか?」と聞かれたので
「いや、たどりつかんかったのよ」と言うと、「それがいい」と。
なんでもそこで自殺体があり、発見した人が急いで戻って知らせ、警察待ちとの
事だった。

・・・でも、彼女は誰一人にもすれ違わなかった。それじたいおかしいことでもあるのだけれど。
結局、なんだかわからないうちに車に乗って帰宅し、家の門をくぐると・・・
そこに、お稲荷さんの社があるのだけれど、二匹のお使い狐のうち一匹の足が、泥で汚れていたそうです。

92 :61:2009/01/08(木) 13:02:10 ID:K4EbZt170
と、こんな感じの話を聞いた次第です。
幽霊と言うよりは妖怪系?に好かれているのかもしれません、彼女は。

以上でした。
また何か聞くことがあれば投下します。
ありがとうございました。


93 :本当にあった怖い名無し:2009/01/08(木) 15:16:04 ID:2uCznMLDO


94 :本当にあった怖い名無し:2009/01/08(木) 15:45:00 ID:Oux+U4KuO
お稲荷さんいいなぁ。。。
乙でした。

95 :本当にあった怖い名無し:2009/01/08(木) 16:06:21 ID:EdqTWK3o0
稲荷社のお使い狐だったなら神様のお使いなんだから
妖怪に好かれると言うより神様が守ってくれたんじゃないか。

96 :本当にあった怖い名無し:2009/01/08(木) 17:32:55 ID:yhZb7SiL0
あぶらげうまうま
他サイト様更新情報
このブログについて

ネタ、お勧めスレッド紹介等
大歓迎です

このブログについて

初代TOP絵いただきました
Lithiumさんのサイト


01 | 2017/02 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 - - - -
最新記事
カテゴリ