FC2ブログ

2ちゃんねるオカルト板まとめ

オカルト板をメインにまとめています

ヘッドライン
オワタあんてな\(^o^)/まとめサイト速報+ショボンあんてな(`・ω・´)

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/--] スポンサー広告 | コメント(-)| このエントリーを含むはてなブックマーク | はてなブックマーク - スポンサーサイト

信じようと、信じまいと― 13 

信じようと、信じまいと― 13
425 :本当にあった怖い名無し:2009/03/31(火) 17:54:09 ID:yc8zJZ2D0
信じようと信じまいとー

二股の木の枝で水脈や金鉱を見つける話もオカルトだが脇腹の痛みでそれを行った人物がいる。
ボブ・ダニエルは良質の地下水脈の上に立つと両脇腹に鋭い痛みを感じ、水脈の深さや地層の
種類までわかった。その能力は以前からあった持病の脇腹の痛みの薬として医者から睡眠薬を
処方されて以来身について、これで600以上の井戸を失敗なく堀り当てた。

信じようと信じまいとー


426 :本当にあった怖い名無し:2009/03/31(火) 21:02:24 ID:nzVp3TOr0
>>425
ちょっと水不足の地域に行ってみてくれ


429 :本当にあった怖い名無し:2009/04/01(水) 00:07:27 ID:6jh+4d180
信じようと、信じまいと

岩手に住むある男性が、家の中で携帯電話をどこへ置いたか忘れてしまった。
一階にある電話から携帯へとかけてみると、階段の踊り場にあった携帯電話が着信音を鳴らした。
男性は携帯電話を取った時に、気紛れで通話ボタンを押し、耳に押し当ててみた。
そこから聞こえる音は、自分の笑い声だった。

信じようと、信じまいと


432 :本当にあった怖い名無し:2009/04/01(水) 15:09:00 ID:NES27Tjx0
信じようと、信じまいと

18世紀初頭、メキシコの地に赴任してきたフランシスコ・ヒメーネス神父は現地人から奇妙な話を聞いた。
現地人の話によるとメキシコの奥深くには巨大な竜がいて、迷い込んだ人間を驚かすという。
面白がったヒメーネスは数人の仲間を連れてその場所に向かったが、あるのは巨大な岩だけで他には何もない。
その話を現地人にしたところ、彼はその場所には岩など存在しないと言ったという。

信じようと、信じまいと


433 :本当にあった怖い名無し:2009/04/01(水) 15:17:07 ID:NES27Tjx0
信じようと信じまいと―

1872年11月4日にイタリアから出向したメアリー・セレナ号はその消息が途絶えていたが、
その丁度一ヵ月後に海上でデイ・グラチア号発見されたが、
不思議なことに中には誰もおらず、争った形跡も遭難していた痕跡も見当たらず、
入れたばかりのコーヒや食事が残ったまま乗員だけが忽然と消えていたという。

信じようと信じまいと―


435 :本当にあった怖い名無し:2009/04/01(水) 15:26:47 ID:NES27Tjx0
信じようと信じまいと―

上記のメアリー号だが別の逸話も存在するのはあまり知られていない。
発見されたメアリー号は船全体が嵐に被われたように水浸しで、船体は酷く歪み、至る所に争いの跡があったという。
デイ・グラチア号の船長はメアリー号を発見した時、首を傾げた。
同じ航路を辿ってきたグラチア号は船舶を水浸しにするほどの嵐など一度も見かけなかったからだ。

信じようと信じまいと―



全文を読む

信じようと、信じまいと― 13 

信じようと、信じまいと― 13
http://anchorage.2ch.net/test/read.cgi/occult/1229744573/

301 :本当にあった怖い名無し:2009/02/23(月) 23:25:13 ID:+PANpG/V0
信じようと、信じまいと

「泣き地蔵」という不思議な地蔵があった。普段は静かな顔つきなのだが、夕方に見ると泣き顔や困り顔に見えるのだ。
泣き顔の時には次の日雨が降り、困り顔のときは雪が降った。何も降らない日は地蔵の顔はそのままだった。
人々は地蔵を見て明日の予定をたてていたが、ある日地蔵が今までに見たことのない満面の笑顔の日があった。
1945年8月5日、広島での出来事である。

信じようと、信じまいと


302 :本当にあった怖い名無し:2009/02/23(月) 23:51:18 ID:wnB2gbcM0
>>301
元ネタ改悪しすぎ
反吐が出るわ


304 :本当にあった怖い名無し:2009/02/24(火) 13:07:33 ID:IviPJ/Nh0
元ネタってどんなん?


305 :本当にあった怖い名無し:2009/02/24(火) 19:10:48 ID:tYFc/TJw0
怒り地蔵っていう有名な戦争の悲惨さを伝える話はあるが
301はそれが元ねたって感じはしないな。
>>302の過剰反応に思える


306 :本当にあった怖い名無し:2009/02/24(火) 20:10:27 ID:VPWAO1fX0
信じようと、信じまいと

1959年1月イランのテヘランでフセイン・メシャエクと地元消防署は彼の家で
世にも忙しく、かつ、不可解な日を過ごした。1日のうちに18回も別々に火の手が
上がり、そのどれもが原因のわからないものだった。フセインにとってもっとも不幸
だったのは彼の下着も火を出したことだった。しかも彼がそれを着ている間に。

信じようと、信じまいと


311 :本当にあった怖い名無し:2009/02/26(木) 23:25:52 ID:A5u+ItkT0
信じようと、信じまいと

栃木県某市の小学校で、飼育小屋の鶏が死んでいるのが発見された。
何かに食いちぎられたような跡があったのと、小屋の金網の一部が破れていることから
野良猫の仕業だろうと判断されたが、不可解な点が二つ。金網が明らかに内側から破れていたのと
その鶏の産んだと思しき卵の殻があったことだ…まるで何かが孵ったばかりのような。

信じようと、信じまいと―


全文を読む

信じようと、信じまいと― 13 

信じようと、信じまいと― 13
http://anchorage.2ch.net/test/read.cgi/occult/1229744573/

70 :本当にあった怖い名無し:2009/01/15(木) 00:55:04 ID:zgF/NQIz0
信じようと、信じまいと

1956年、自称「UFO・オカルト研究家」、Michel Kraftmanの著作"Change"が全米で話題になった。
「UFOは宇宙人ではなく未来人の『タイムマシン』である」「彼らは『未来を都合よく変える』為に現代にやって来ている」
「未来人たちは我々の科学技術の発展を更に促すために米ソ対立を煽りにきた」「理由なき失踪事件は未来人が犯人」
という主張が注目を集めたが、1959年2月12日以降、彼は行方不明である。ニューヨークのブルックリン橋に彼の車と「着ていた服」を残したまま。

信じようと、信じまいと

72 :本当にあった怖い名無し:2009/01/16(金) 07:55:19 ID:+1XMU6YX0
信じようと、信じまいと

ネパールの首都カトマンズから南西に275キロに位置するインド国境近くの町カカルビッタで
警察のヤダフ・ダカール氏は定期的な国境パトロール中に置き去りにされたかばんを発見した。
中には168個の人間の頭蓋(ずがい)骨が入っていた。
見つかった頭蓋骨は、ボールのように彫られていた。

信じようと、信じまいと

82 :本当にあった怖い名無し:2009/01/16(金) 23:49:05 ID:11epLEQX0
信じようと、信じまいと

明治5年、ある農村で、今で言う異星人らしきものが肥溜めにはまっていたという記録がある。
「人ニ似タルモ人ニ非ズ、サナガラ獣ニモ非ザル」それは数日間保護されていたが、衰弱して死んでしまった。
数日の間にその生物はいくつかの絵を描いている。空を飛ぶ乗り物、乗り物が壊れる、山に降りる……
仲間の助け、乗り物に乗る、眠る……肥溜めの中、走り去る獣……「狐ノ仕業ナリ」と記録にはある。

116 :本当にあった怖い名無し:2009/01/18(日) 16:58:23 ID:LOTwGJfc0
信じようと、信じまいと―

心霊スポットの廃墟に穴を開けて入った。
ボロボロの家屋だったが、床だけは綺麗だった。
フランス人形がタンスの上で笑ってた。
数日後、穴は塞がれていた。

信じようと、信じまいと―

141 :本当にあった怖い名無し:2009/01/20(火) 23:06:10 ID:gDb3+NTq0
信じようと、信じまいと-

人間が最初に知覚した色は、血や炎の色である「赤」であったと言われている。
現代においても赤信号など、危険を知らせるものには赤色が用いられる。
最近の調査で、インダス文明の古文書の中に、赤の顔料で記された箇所があることが分かった。
果たして彼らは何を警告しようとしていたのだろうか。

信じようと、信じまいと-

144 :本当にあった怖い名無し:2009/01/20(火) 23:35:46 ID:816x5pk20
でも赤の顔料なんてインダスに限らず、古来から世界中にありふれてる物だし
赤の顔料がダイレクトに警告の意、ってのは飛躍し過ぎな気もするなあ…

『赤いクレヨン』の怪談なみにベッタリ塗られてたなら、話も変わるかもしれんけどね
ともかく乙


全文を読む

信じようと、信じまいと― 13:2008/12/20(土)2009/01/12(月) 

1 :本当にあった怖い名無し:2008/12/20(土) 12:42:53 ID:ttXxOYYl0
∧_∧
( ´・ω・) みなさん、お茶が入りましたよ・・・・。
( つ旦O
と_)_) 旦旦旦旦旦旦旦旦旦旦旦旦旦旦旦旦旦旦旦旦


信じようと、信じまいと

ある者の元に差出人不明の手紙が届いた。手紙の指示では、この
手紙にあなたの知るロアを一つ加えて、一人の人間に送れ。だが
彼は指示に逆らい、不特定多数の者にロアを広めた。彼がいなく
なった後、新しいロアが追加された手紙がまた誰かの元へ届いたという。

初代 http://hobby4.2ch.net/test/read.cgi/occult/1061661411/
2 http://hobby4.2ch.net/test/read.cgi/occult/1062638929/
3 http://hobby7.2ch.net/test/read.cgi/occult/1083596825/
4 http://hobby7.2ch.net/test/read.cgi/occult/1116860370/
5 http://hobby7.2ch.net/test/read.cgi/occult/1140898116/
6 http://hobby7.2ch.net/test/read.cgi/occult/1154745985/
7 http://hobby9.2ch.net/test/read.cgi/occult/1163771636/
8 http://hobby9.2ch.net/test/read.cgi/occult/1171546442/
9 http://hobby9.2ch.net/test/read.cgi/occult/1177897476/
9.5 http://hobby9.2ch.net/test/read.cgi/occult/1187169289/
10 http://hobby9.2ch.net/test/read.cgi/occult/1188621048/
10.5 http://hobby10.2ch.net/test/read.cgi/occult/1190184501/
11 http://hobby11.2ch.net/test/read.cgi/occult/1192155435/
12 http://anchorage.2ch.net/test/read.cgi/occult/1212114318/

まとめ http://ende.s53.xrea.com/netlore/

5 :本当にあった怖い名無し:2008/12/21(日) 13:09:35 ID:DBuXLMkn0
信じようと、信じまいと

実害が無いため報道されることは少ないが、
視神経と繋がる脳の部位を調べてみると、約300人に一人は赤と青など二つの色が逆に見えているはずだという。
彼らは赤く見えるものが”青”、青く見えるものが”赤”と思い込んでいるため気付くことは少ない。
あなたの視界は、本当に周囲の人と同じだろうか?

信じようと、信じまいと

7 :本当にあった怖い名無し:2008/12/24(水) 10:22:09 ID:0Ik89eUG0
実害は無いって…横断歩道で事故起こしたらどうすんだよw

8 :本当にあった怖い名無し:2008/12/24(水) 12:39:31 ID:IWd/F7nY0
起こさないだろ
認識が逆なだけで、この色=止まれ、別の色=行け ってのは理解してるんだから

11 :本当にあった怖い名無し:2008/12/28(日) 01:24:37 ID:8qd4ZSSt0
>>5

それじゃ免許取れ無いな・・・

12 :本当にあった怖い名無し:2008/12/28(日) 04:06:00 ID:wUAqOrbZO
>>11
取れると思うよ?
その人たちにとって赤に見えるものは
普通の人には青だけど
名前はどっちも「青」
青は進め、赤は止まれのルールは変わらない

13 :本当にあった怖い名無し:2008/12/28(日) 19:49:00 ID:Xe2aLooC0
信じようと、信じまいと

ロシアの某所で、豪奢で煌びやかな箱が発見された。
その箱は道路の真ん中に放置されており、大型犬ほどの大きさだった。
箱の中には毟り取られた人間の下顎が大量に入っていた。
検査をした結果、その下顎は全て同一人物のものだったという。

信じようと、信じまいと

18 :本当にあった怖い名無し:2008/12/31(水) 00:01:58 ID:WnJsEOUP0
信じようと、信じまいと――

読んではいけない本というものがあるそうだ。
その本の表紙には、『たどり着いたの者の名は』というタイトルが印字されており、
表紙の余白にはいくつかの人名がペンや鉛筆で書き込まれているという。
その本を読んだ人は表紙の余白に自分の名前を書き、失踪してしまうのだという。

信じようと、信じまいと――

19 :本当にあった怖い名無し:2008/12/31(水) 02:28:46 ID:i9cPJLpH0
信じようと、信じまいと―

冷戦当時、古い坑道を買い取り、そこを核シェルターに改造している大金持ちの男がいた。
数十年分の生活物資を溜めこみ、核戦争が起きると自動で入り口を塞ぐ装置も作った。
しかしある日、男が中を点検していると、装置が誤作動を起こして入り口を塞いでしまった。
男はそれを本物の核戦争と信じ、多分今もその中で暮らしているという。


信じようと、信じまいと―


全文を読む

他サイト様更新情報
このブログについて

ネタ、お勧めスレッド紹介等
大歓迎です

このブログについて

初代TOP絵いただきました
Lithiumさんのサイト


03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
最新記事
カテゴリ


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。