FC2ブログ

2ちゃんねるオカルト板まとめ

オカルト板をメインにまとめています

ヘッドライン
オワタあんてな\(^o^)/まとめサイト速報+ショボンあんてな(`・ω・´)

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/--] スポンサー広告 | コメント(-)| このエントリーを含むはてなブックマーク | はてなブックマーク - スポンサーサイト

ほんのりと怖い話スレ、その8~~  

12 名前: あなたのうしろに名無しさんが・・・ 投稿日: 02/12/04 17:07
就職で上京して会社の寮に入りました。ある夏の日、他の部屋の子も交えて
5人でウチの部屋で怪談話をして盛り上がってました。
内容はどこかで聞いたことあるような、大して怖いものでもなく、
思う存分話して、その夜は11時くらいに床につきました。
翌日、会社から帰った友人が「下の部屋の子が言ってたんだけど、
ウチの部屋、夜中じゅうドンドン煩かったんだって。」と。
実際部屋にいた私たちは何にも感じなかったのですが…。
それ以来、怖い話をした翌日には必ず言われました。



13 名前: あなたのうしろに名無しさんが・・・ 投稿日: 02/12/05 02:21
これは、以前住んでたマンションでの話です。
私は夜3時ごろにコンビニに行こうと部屋を出ました。
部屋の前の通路は、向かって左手が行き止まりになっていて、右手は
エレベーターに通じていました。
部屋を出てエレベーターの方を見ると、ぼんやりと湯気の柱のような
ものが見えました。
「なんだろう?」と思って見ていると、その湯気の柱は、少しづつ白
いドレスのようなものを着た、髪の長い女の人の姿になっていきまし
た。
私は怖くなり、部屋に戻ろうと思った瞬間、その女の人は私の横を
「あいつが・・・あいつが・・・」
とつぶやきながらすり抜け左手の壁に吸い込まれていきました。
私はその晩、マンションには戻らず近所に住んでた友達を叩き起こし
て、その子の家に泊まりました。



18 名前: あなたのうしろに名無しさんが・・・ 投稿日: 02/12/06 16:49
今ね、会社でデスクワークしてるんだけど、
部屋の天井近く(視界ギリギリのとこ)に、
フワっと髪の毛みたいな塊が動いてたですよ。
大きさも人間の頭くらいだった。

うちの会社、もう出ないと思ってたのにな・・・



26 名前: あなたのうしろに名無しさんが・・・ 投稿日: 02/12/07 13:01
先日、キッチンのカーテンを開けようと左手で右から左に腕を動かすと
カーテンのひだ越しに丁度子供の頭のような重みと感触をヒジのあたりに
感じますた。「ん?何だ??」と思って確認しても何にも無いし・・・。
ほんのり怖いので気のせいと思う事にしてます。



34 名前: あなたのうしろに名無しさんが・・・ 投稿日: 02/12/08 14:14
最近夜中になると廊下で子供が走りまわる足音が聞こえる。
不妊で夫婦二人きりの寂しい生活だったので、とても嬉しい。
神様は願いを叶えてくださったのね。



35 名前: あなたのうしろに名無しさんが・・・ 投稿日: 02/12/08 17:22
>>34 すごく前向きな考え方ですね.



49 名前: あなたのうしろに名無しさんが・・・ 投稿日: 02/12/10 02:20
夏に寝ていて明け方目がさめてしまった。
急に寒気がきたりして金縛りになる予感がした。
わかる人はわかると思うんだけど、金縛りになる前ってわかるんだよね。
本能でこわい!って感じるの。体がさーーってさめてく感じ。
そしたら布団を窓側に引っ張られる感じがした。実際に引っ張られたかはわかんない。
けっこうぎりぎりのところに布団しいてたんで。
で、案の定金縛りになった。そしたら耳元で若い男の声で
「何寝てんの?おきてよ..」
ってささやかれた。
怖すぎて金縛りが解けたとたんお母様のお部屋にすっ飛びました。


50 名前: あなたのうしろに名無しさんが・・・ 投稿日: 02/12/10 07:59
俺の親父の実家は東北の旧家で、だだっ広い家だった。
祖父は既に亡く、祖母が一人でその家に住んでいた。
小学生の頃は、毎年夏休みになると、数週間泊まりに行ってのだが、
その家には俺と弟にしか見えない子供がいた。

そいつは、普段使わない部屋の扉を開けると中から飛び出してきたり、
夜、トイレに起きて寝床に戻ってくると俺の布団に入ってたりして
俺や弟を驚かせて楽しんでいるようだった。

祖母にそのことを言うと、「死んだおじいさんも子供の頃ころ見たっ
て言ってたし、おまえのお父さんも子供の頃は見えるって言ってたね」
と言われた。
その、子供のころ見たと言う親父に聞くと「あー、子供の頃は見えて
たな、中学に入ったころから見えなくなった。あいつ顔が怖いんだよ
な歌舞伎の隈取みたいで」と言われた。

どうやら、親父が見た子供と俺がみたのは同じもののようだった。
俺が親父に話していなかった、あの子供の特徴を言っていたからだ。
あの子供は、歌舞伎の隈取のように、顔中に血管のようなものが浮か
び上がているのだ。
おそらく祖父が見ていたのも同じ子供だろう。

中学に入ってから、部活や勉強で、あの家に泊まりに行くことは無く
なった。
去年、祖母の葬式に行ったときには見ることはなかった。
そして、誰も住まなくなったあの家は取り壊された。
あの子供はどうなったかは分からない。



79 名前: あなたのうしろに名無しさんが・・・ 投稿日: 02/12/15 01:50
実話か定かでないのですが・・・
父が体験した不思議な話です
父が外で友達数人と庭内(田舎なのでひろ~~い)で遊んでいたとき
一人の女の人が厠(かわや=便所)をかしてくれ。。。と来たそうです
昔は離れにあって「いいよ」と父がいうと彼女は厠に入ったそうです
でもいつになっても出てこない
ドアを開けようとしても鍵がかかっている
体調が悪いにしろ、かなりの時間が経っても出てこない(父たちはそばで遊んでいた)
ドアも鍵が相変わらずかかっている
それで家の人に言って、無理にこじ開けてみると・・・・
無人だったそうです。。。まさかポットン便所の中を徘徊しているのか?
どうしたんだろう?その女の人・・・?ということがあったそうです



80 名前: あなたのうしろに名無しさんが・・・ 投稿日: 02/12/15 02:02
旦那の話なんですが・・・
旦那は最近他界した父と同じ業界で、運転手をしています
父が他界して本当に落ち込んでいた旦那・・・
子供のころ、よく乗せてもらってジュースを買ってもらったのが
うれしかったな・・・と語っていたころ
立て続けのハードスケジュールな運転に、寝る暇もなく
高速で走っていた時、旦那の意識は遠のいたそうです
そのとき目の前に亡父が怒った顔で「OO!←名前OO!」と
呼んだそうです
旦那は「ああオヤジまだ本当は生きてるんだ・・・」と涙して
目を開けると、道壁ギリギリでぶつかりそうだったそうです
意識のないまま、2~3KMは走ってしまったそうです
それなのに仕事上の慣れとはいえ事故がなかったなんて・・・
お父さんが守ってくれてるのかな・・・なんて、
勘違いかも知れないけど、そう思ったことがありました



92 名前: あなたのうしろに名無しさんが・・・ 投稿日: 02/12/16 13:56
>>80 これだからトラック運転手は・・・
馬鹿丸出し。
何おめでたいこと言ってるんだか。
そんな奴らに後から追突されて殺されたら浮かばれないわな。
事故って死ぬときは誰も巻き込まずに一人で死ね、と旦那にお伝え下さい。



93 名前: あなたのうしろに名無しさんが・・・ 投稿日: 02/12/16 15:55
>>92 <意識の無いまま走る>
こういう体験はわりと多くの人がしていると思うんだが…
似たような書き込みも時々見るし。
トラック運転手に限らないだろう



95 名前: あなたのうしろに名無しさんが・・・ 投稿日: 02/12/16 19:10
>>93 確かに、意識のないまま走る、ってオレも何度か経験あります。
広域を担当してる営業マンなんで、深夜くたくたになって高速を
飛ばしてるとすーっと眠くなってきます。
完全に意識がない状態になったことも3回ほどあるんですが、
3回ともめったに電話してこない母親からの電話で目が覚めました。
「夜中にごめんねぇ、なんか急に電話したくなったんだわぁ」
って声を聞いた時、母親パワーの凄さを感じたっす。



117 名前: あなたのうしろに名無しさんが・・・ 投稿日: 02/12/18 19:41
今年の夏、地元に帰った時のこと。
深夜に友人Y、Yの友達T(俺とは初対面)、俺の3人でドライブすることになった。
途中、地元で有名な心霊スポットのトンネルを通ったのだが、
俺も他の2人も霊感が全くないので別に何も起こらなかった。
で、話の流れで車中は恐い話になって、
Tの出身中学の自殺した同級生の女の子の話になった。
Tの中学は俺の通ってた中学の隣の区で、
俺もその中学には知り合いが何人かいたので、
その女の子の名前を聞いてみたが、
度忘れなのか、Tはその子の名前を思い出せなかった。



118 名前: 117(続き) 投稿日: 02/12/18 19:43
その後、ファミレスに寄って時に
ジーパンのポケットに入れてた携帯電話を何気なく見たら、
画面に登録:名前?『サヤカ』と出てた。
だが知り合いにさやかという名前はいないし、
ジーパンに入れてる間にボタンが押されてしまったのだろう。
(俺の携帯はストレート型なのでよくそうなる)
しかしさっきまで恐い話をしてたので、
「恐ェー!誰だよ、さやかって!?」俺が叫ぶと、
Tが「思い出した!さっき言ってた自殺した女の名前、…さやかだ!」

後で別の知り合いに確認したが、
その中学出身の「○○さやか」という女の子が
去年自殺して亡くなっていたのは本当だった。



148 名前: ピク 投稿日: 02/12/19 01:53
中学の時好きな女の子が居た。その子の事をしょちゅう見てたんだけど、
気がつくと彼女に視線を送る男が僕の視界にいた。
んっと思って彼の方を見るともう居ないので、奴もオレに気付きつつ、
彼女に惚れてるのかなぁ。ライバル?と思って気になったけど、
どのクラスにもその男は居なかったんで、多分別の学年。
童顔っぽかったんで、多分下級生。だったら彼女は相手にしないだろう。っと
思い余り気にしなかった。
中学卒業の時、思い余って彼女に告白して晴れて交際する事になった。
有る日、彼女の死んだ兄の写真を見せて貰った。奴だった。



151 名前: あなたのうしろに名無しさんが・・・ 投稿日: 02/12/19 01:56
あんまり怖くなくてすまないんだけど
おじいちゃんが話してくれたこと

おじいちゃんは東北方面の出身で年令も当時27~8歳で
年食っていたほうなので、ロシアの捕虜として流されたそうです
南方出身や若い人は、サイパンなどの激戦区へ行かされたそうです
到着して早々、馬に蹴られ肋骨を折ったおじいちゃんは
小さな小屋に一人で入れられたそうです
食べ物がなく、ジャガイモの根しかない状況で、それが毒とわかっていても
ひもじさに勝てず、口にして(生で)いった同士が気が触れるのを
目の当たりにする中、おじいちゃんは労働しないですんだので
空腹だったけど我慢していたそうです
一方ふんどしの布とロシアの方に食物を交換してもらうようなことも
話してくれました
話少し戻っておじいちゃんが肋骨を折って苦しんでいるピークのとき
夜中になるとどこからか「みず・・・く・・れ・・・」と悲痛な声が毎晩したそうです
傷負兵は離れに隔離されているので、周りにはダレもいないのに
夜中になると毎晩かなりしつこく言うそうなんです
おじいちゃんは眠れないので、ムカツいて洗面器にやっとこ水を満たして
枕もとに置いたそうです
そうしたらピタリと声がしなくなったと言っていました



249 名前: あなたのうしろに名無しさんが・・・ 投稿日: 02/12/23 14:06
友人からの又聞きです。
ある海岸に友人達と遊びに行ったA君は波にさらわれ溺れてしまった。
その日の内に死体は上がらず(発見されず)何日か経過したある夜、一緒に
遊びに行っていたB君の枕喪にA君が立ち『今、○○海岸の岸壁の下にいる。
寒くて寒くてどうしようもないんだ。オレの服を上から投げてくれ。』
それを聞いたB君は翌日、その事をA君の両親に話し早速岸壁の上からA君の
服を投げ入れたとの事です。
翌日の朝早くA君は投げ入れられた服を着て発見されたとの事です。



286 名前: あなたのうしろに名無しさんが・・・ 投稿日: 02/12/25 05:39
小学生の頃、夏休みに肝試し大会があった。
墓場を巡回し、怖がったり笑ったり楽しい肝試しも終わりを告げ
保護者に連れられ行列になり、帰路についていた。

その時、突然後ろの方から悲鳴が上がり、急に騒々しくなった。

伝言ゲームのように伝わってきた情報によると
どうやら後ろの方の集団がヒトダマを見たらしい。
何でも前方上空から急降下し、接近して去って行ったとの事。

その時、今度は前方から悲鳴が聞こえた。
駈けつけて見ると、老婦人が頭から血を流し倒れていた。
後日、死亡轢き逃げ事故だったらしい事を親から聞いた。



353 名前: あなたのうしろに名無しさんが・・・ 投稿日: 02/12/28 01:37
私の叔母が室蘭で大学生の下宿を営んでいたのですが、そこでのお話。
そこに登山部に属していた学生がいました。
彼の部屋からは毎晩壁をたたくような音が聞こえてきたそうなんです。
叔母は不審に思い彼の父親に来てもらいました。
その日父は下宿の彼の部屋で一緒に寝ました。深夜になって物音に気づいた父が目を覚ました。
息子が登山に使うピッケルで壁を叩いていたのです。息子は冬の大切山を一人で登るといったような
登山部における過酷な訓練のため精神に異常をきたしてしまったようです。
オチがなくてすいません。でも実話なので・・。



363 名前: あなたのうしろに名無しさんが・・・ 投稿日: 02/12/28 20:34
病院の業務用エレベーターホールで待ってると
間近に「ハァ、ハァ」と苦しげな息遣いが。
周りを見渡しても誰も居ないのに
はっきりと聞こえ続ける。

色んな配管が通ってるからどこかから
音が漏れたんじゃないかと思うが
今まで聴いたこと無い。

そこは以前死体安置所として使われてたんだよね。



382 名前: あなたのうしろに名無しさんが・・・ 投稿日: 02/12/30 14:03
高校の時部屋でごろごろしてて、あー。このまま寝ちゃおうかなぁ?
っておもってた瞬間、自分はうつぶせで寝るくせがあって、
右の耳は下に向けてねてたらその右耳の奥の方で
高めの女の人の声で「ちがう」
って言われた。その瞬間。え?って感じを覚えたんだけど、
よく考えれば考えるほど怖くて、かといって目を開ける勇気もなく、
そのまま寝た。(笑 あれが、最初で最後の不思議な話。



403 名前: あなたのうしろに名無しさんが・・・ 投稿日: 03/01/03 01:02
会社の先輩から聞いた話なんだけど

先代の社長が車を運転中、猫をはねて殺してしまったらしい。
元々冷血な人だったので猫を殺したことなど何とも思ってなかった。むしろ自慢していた。
その社長にだんだん異変が起こってきた。
仕事中、社長が下を向いてブツブツ独り言を言っているので
社員がそっと近づいて何を言っているのか聞いてみると・・・

「せ~んろはつづく~よ~ど~こ~ま~で~も~」

というフレーズを延々と歌っていたそうな・・・。
そんな状態で業務に出始めたので、即社長交代。
前社長と交流の有った人の話では
前社長は家に引きこもったきりでその後のことは分からないそうだ。

単純に猫の祟りと決め付ける気は無いが、後味の悪い話だった。



418 名前: あなたのうしろに名無しさんが・・・ 投稿日: 03/01/05 06:08
バイト先の先輩3、4人と、埼玉県にある有名な心霊スポットのトンネルに行った。
そこで車をとめてクラクションを3回鳴らすとエンジンがかからなくなるって話。
僕と先輩の一人はふざけてボンネットの上で寝転んでたんだけど、
運転席の先輩がクラクションを1回鳴らすとトンネル内にクラクションの音が鳴り響いてしばらくした後、
「カツーン」って石の転がるような音が1回鳴り、
2回クラクションを鳴らすと
「カツーン…、カツーン…」ってまるで返事するみたいに2回鳴った。
3回クラクションを鳴らして、さてエンジンはかかるかなって思ってたら、
ちっともエンジンがかかりやしない。
ボンネット上の僕と先輩が「嘘だろ」って思って振り返った瞬間、
エンジンがかかって急バックされたもんだから
僕と先輩は地面に放り出されて腰をしこたま打った。

心霊とかよりその瞬間が一番怖かった。



443 名前: あなたのうしろに名無しさんが・・・ 投稿日: 03/01/06 03:15
友達の部屋での出来事。

だんだんくつろいできて、私は仰向けに寝転んで漫画を読み始めた。

しばらくすると、立てた片膝を突き抜けるように猫(アメショー)が歩いて行くじゃないか!
窓もドアも開いてない、っていうか物理法則無視だし。

飛び起きて
「猫が足を!」とか、動揺しまくりで友達に今あった事を話すと友達は
「私の部屋に来た人は必ず見るから大丈夫だよ(笑)」

友達がマジで怖かったです。
友達の話では、昔飼っていた猫で、何故かかわいがっていなかった彼女の部屋に出るそう。
幽霊(?)に触ったのはこれが最初で最後です。
[ 2010/06/26] ほんのりと怖い話 | CM(2) | このエントリーを含むはてなブックマーク | はてなブックマーク - ほんのりと怖い話スレ、その8~~
久しぶりにオカルトっぽいスレで嬉しい
[ 2010/06/29 08:21 ] [ 編集 ]
151<
ジャガイモで有毒なのは
根やなくて[芽]なのでは?
根なら[ジャガイモ]でしょう('_')
[ 2011/04/07 17:13 ] [ 編集 ]
コメントの投稿







管理者にだけ表示を許可する
他サイト様更新情報
このブログについて

ネタ、お勧めスレッド紹介等
大歓迎です

このブログについて

初代TOP絵いただきました
Lithiumさんのサイト


07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新記事
カテゴリ


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。