FC2ブログ

2ちゃんねるオカルト板まとめ

オカルト板をメインにまとめています

ヘッドライン
オワタあんてな\(^o^)/まとめサイト速報+ショボンあんてな(`・ω・´)

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/--] スポンサー広告 | コメント(-)| このエントリーを含むはてなブックマーク | はてなブックマーク - スポンサーサイト

猫の知らせ-2 

356 :あなたのうしろに名無しさんが・・・ :04/05/27 19:13 ID:xJkLItwm
昔いた猫は腎臓を悪くして死んじゃったんだけど。
獣医にみせたとき、あと5日くらいかな…たぶんもう鳴けないだろう、と言われた。
その日まで泣きながら毎日を過ごした。
我が家で一番敏感な祖父が猫と毎日寝てくれた。
もし夜に何かあってもすぐ気付けるようにするために。
4日目の夜、いつものように姉と一緒に猫におやすみを言いに祖父の部屋に行き、
また明日ね、おやすみ、と言うと、猫がやさしい声で、にゃーん、と鳴いたのだ。
獣医の言うとおり、すでに弱りきって鳴けなくなっていた猫が。
涙がこぼれてきた。最後なんだ、と。
明け方、猫は静かに息をひきとった。
6年経った今でもあの最後の鳴声は忘れていない。

この猫も、今いる猫達もやけに人間くさい猫なんだよね。
そんなわけでいろいろ逸話がある。
大好きだ、お前らww



442 :あなたのうしろに名無しさんが・・・ :04/06/01 15:00 ID:iYkfnzsD
小さい時から実家では猫を飼っていました。
一番最初の記憶にある猫は、雪の日出て行って帰って来なかった。
後ろ姿を見送る時の積もった雪、吹雪の中の三毛の色、が心に残っていて
呼んでも振り返らなかったのが何か強い意志を感じさせるようで
もう二十何年前のことですが忘れられないです。

また、別の猫なのですが飼っている途中で私が実家を離れ
半年経った頃に「猫がいなくなった」と連絡を受け、泣きました。
それから5年ぐらい経って祖父が亡くなり、葬式のため実家へ帰ると
集まった近所の人の何人かが「あんたんちの猫、家の前で見たよ」と言うのです。
(田舎なので、どこにどんなペットがいるかも皆だいたい知っている)

実家では、その猫が出て行ってから一度も姿を見ていないそうで
となれば既に死んでいると思っていたのですが・・・。
その猫はよく、植木の手入れをしている祖父のそばに座って鳴き、
祖父も「そうかー、おう、そうかー」とか二人で会話(?)をする仲でした。

なぜか私たち実家の人間には猫は姿を見せてくれなかったのですが
祖父を迎えに来たか、生きていたのならお別れをしに来たのだと思いました。



472 :あなたのうしろに名無しさんが・・・ :04/06/02 02:54 ID:avmBfezh
19年飼ってた猫がいました。
すごく甘えん坊な猫で、座れば膝の上。
仰向けになると胸の上、うつ伏せになると背中の上。
立ち上がって「ジャンプ!」と言えば、飛び付いて来て肩乗り猫に。
私が移動すれば家中ストーカーしてくれるような、最高に可愛い猫でした。

でも年には勝てず、最後の数ヶ月は辛い闘病生活をおくらせてしまいました。
最期は(見えない目で)私を見つめ、それまで聞いたことのないような
声で大きく長く2度泣き、息をひきとりました。
猫語がわからないのが本当に哀しかった・・・。

ホントに幽霊でもいいから、もう一度会いたいと思うんだけどダメです。
夢にはよく出て来るんだけど、なんだかいつも淋しそうな感じ…としか。
猫の知らせをキャッチできない飼い主でごめんよう。



478 :あなたのうしろに名無しさんが・・・ :04/06/02 13:26 ID:Z5Mermjk
飼い猫に関する不思議な話。
私は小さい頃から猫と一緒の生活をしていて、本当に猫憑きじゃないのかと
家族に思われるくらい猫好きなのですが、小学校低学年の頃、
3匹飼っていた内の1匹の黒猫が失踪しました。
雄猫だったし、喧嘩には滅法弱かったので、勢力争いで負けて去ってしまったのかなと思い
分かってはいたけど寂しい思いをしていました。
それから数ヶ月たって、ある日何故か突然その猫を学校で思い出して、その話をクラスの子に
その猫の話をしました。
その日家へ帰ると、なんと家に帰ってきている!
けれど喜んだのもつかの間、帰ったのはその日のだけで、次の日には姿を消してしまいました。
またそれから数ヶ月経ち、ふと、突然学校で思い出し、こんなことがあったと、
違う子にその猫の話をすると、家に帰るとなんと。家の屋根の上にその猫が!
しかしその日は、呼んでも屋根から降りてきてくれず、そのまま屋根の上で姿を見たのが最後です。
今でも屋根の上で一度だけ鳴いて、向こう側へ行って姿を消した彼を思い出します。


492 :あなたのうしろに名無しさんが・・・ :04/06/02 22:43 ID:QdmLIENF
猫は死ぬ時に姿を消すというが・・・。

以前、病気で死にかけていた仔猫を拾って育てた。
3年後、また病気になり、何も食べなくなった。
当時アパートの2階で暮らしていたが、1階の外で悲しそうに鳴いて呼ぶので
俺と嫁さんとで降りていった。
俺たちの顔を見て一声ニャーと鳴いたら、床下の穴へ入っていってそのまま2度と出てこなかった。
「短い間だったけど幸せだったニャー、でももうお別れなんだニャー」と言っているようだった。
泣いた。



550 :あなたのうしろに名無しさんが・・・ :04/06/06 01:56 ID:j7jqrF1o
十数年前の事。
我が家の猫が2~3日見えなくなった。心配してあちこち探した所、家の庭の
片隅で血だらけになって蹲っているのを発見。まだ息があったので大急ぎで病院
に連れて行った。怪我が酷いしかなり衰弱していたので即入院。

翌日の明け方、「にゃあ…」というか細い声に起こされた。「ん?あのコは
入院している筈なのに」と思い辺りを見回した。その時再び「にゃあ…」と
いう声が外から聞こえた。急いで飛び起きて2階の小さな窓から階下の玄関
を見下ろすと、そこには病院にいる筈の猫が玄関の扉の前で鳴いていた。
いつも散歩から帰って来る時、小さな前足で扉をトントンを叩いて
「カエッテキタヨ、オウチ ニ イレテー」という仕草をするのだが、その時もまるで今まで
ちょっと庭を散歩してきたかのように、平和に鳴いていた。何故か黒い帽子を
ちょこんと被っていた。しかし私はその時は別におかしいとも思わず、
「お帰り!すぐ開けてあげるからね!」と言って階下まで降りていった…
ところで執拗になる電話のベルの音に起こされた。半分寝ぼけた頭で電話を
取ると、それは病院からだった。「たった今、お宅の猫が亡くなりました」
という知らせであった。



587 :あなたのうしろに名無しさんが・・・ :04/06/07 10:25 ID:2tziGCoA
ある日夢を見た。そう知らない人と酒を飲んでいる夢だ。若いお兄ちゃんお姉ちゃん達5,6人で
楽しく飲んでいる夢。全然知らない子たちなんだ。なのにやけに親しげに振舞ってくる。
「よ~おまい俺たちは兄弟だ!ま~飲め!祝え!」 外では花火が打ち上げられててなにやら
お祭りさわぎだ。(だけどなんの祭りだ?)
「俺たちのな~と~ちゃんはな~すげぇ男だったんだぞ!ま~飲め!祝え!」ワイワイ
「俺たちのな~と~ちゃんはな~兄弟。」ワイワイ
「家6つ持ってたんだぞ!すげえだろ兄弟 ま 飲め!祝え!」ワイワイ
「病院まで持ってたんだからな!ま 飲め!祝え!」ワイワイ
「大往生だったわ!ま 飲め!祝え!」ワイワイ

そういうワイワイ騒ぎが小一時間もつづいたでしょうか・・・携帯の呼び出し音で目が覚めました。
それは実家からの電話で今しがたうちで飼っていた猫が死んだ という知らせでした。
私の実家の家の前は小さな診療所なのですがその猫が大好きだった場所で血をはいて死んで
いたそうです。死に顔はとてもやすらかそうに見えました。享年10歳でした。

 私はそれからは猫は夢を司っていると信じ込んでいます。 なんせ葬式に呼ばれちゃったもんね。



589 :あなたのうしろに名無しさんが・・・ :04/06/07 20:01 ID:q9EAR7HJ
アルは一週間の内にみるみる衰えた。
水を飲まそうと皿を近付けても、顔ごと水に浸かってしまうようほどに。
もう今日一日はもつまいと思いながらも、母は外せぬ用事のために出かけた。

急いで用事を済ませ家路を急ぐ。
その道すがら、母には、アルの声が聞こえる気がしてならなかったらしい。

帰ると、「アルが待ってるぞ!」と父が奥から大声を上げた。
父が言うには、数分前から絞り出すように哭きつづけていたらしい。
「ただいま。帰ってきたよ、アルちゃん」母は何度も言った。
アルは小さく哭くと、息をひきとり、父の腕に頭を落とした。

すでに実家を離れている僕は、この話を電話で聞いた。
母は話しながら泣いていた。僕も聞きながら泣いた。
幸せなひとときでもあった。

僕が実家に帰るたび、アルが両親以上に歓迎してくれたことを今も思い出す。



611 :あなたのうしろに名無しさんが・・・ :04/06/09 01:34 ID:NGrmgBh6
友達の話。
俺の友達は生まれつき嗅覚に障害があって、臭いがわからない。
臭いがわからないと味も良くわからないそうで、食べ物に興味はない。
彼は何を考えたか猫と一人と一匹暮らしはじめ、スーパーなどで刺身を買ってくるようになった。
この猫がまたすごい奴で、とびきり生きのいい刺身しか口にしないのだという。
それで彼も猫の判定にまかせて、生食にするか調理するか決めていたというのだからすごい。
そんな猫も、贅沢をしすぎたせいかあっけなく死んでしまった。
猫が死んで、嘆き悲しむ友人は、しばらく刺身が買えないでいた。だか、
一周忌も間近だというのでスーパーでマグロの刺身を買って、猫用の皿に盛りつけた。
ふと、皿から目を離したほんの数秒の間に、皿の中にあった刺身は
彼以外誰もいない台所の床の上に四方八方に散らばっていた。
猫は生前、口にするに値しない刺身の中でも、危険な状態のものは
砂をかけるような仕草で皿から全部出してしまったらしい。
彼はあわてて自分用の皿の刺身を確認したところ、新鮮そうな刺身に混じって、
糸を引いた刺身も何切れかあったそうだ。

猫は鼻の悪い友人のことが、まだ心配で仕方ないらしい。



666 :あなたのうしろに名無しさんが・・・ :04/06/10 22:15 ID:vK0heSTa
小学校1年生の時、学校の帰り道に汚い猫がついて来て
離れなくて仕方なく家に連れて帰った。
当然、両親に叱られ、走って兄とその猫を捨てに行った。
なのに、私たちより先に家に帰りついていた。
それからさり気なく我が家の一員になったマッキー。
両親が共働きの私の遊び相手はマッキーで
私の学校までの送り迎えや自転車に乗っていると、本当に
犬のように私の後を走って追いかけてきてくれた。
マッキーは私が泣くといつもさり気なくただただ寄り添ってくれた。
そんなマッキーが10歳で腎臓を患い、週一で点滴を打ちに病院に
通った。
近所のボス猫だった体格の良いマッキーがみるみる痩せ細っていく姿は
とても辛かった。
抱っこして点滴を受けていたら、ぶるぶる震えて私のワキの
間に顔をうずめていたね。



667 :666 :04/06/10 22:17 ID:vK0heSTa
続き
その頃、私には好きな人がいて、よくキツくて横になっている
マッキーに彼の事を話かけていた。
そして10月2日、彼にとうとう自分の思いを告げた。
もちろんマッキーにも話した。
マッキーは目をつぶったまま、大きなため息をついた。
そして次の日、私はその彼からオッケーの返事をもらった。
その事もマッキーに話した。またまた大きなため息。
その晩、もう固形物を食べられなくなっていたマッキーが
煮たイワシを4匹もたいらげた。
嬉しくて、オデコとオデコを合わせて眠った。
でも、ちょっとだけ目を離した隙に、マッキーは静かに
死んでいた。
悲しかったけど、これでもう病院に行って、痛い注射を
しなくてすむし、楽になったんだと思うと不思議と穏やかな
気持ちになれた。
マッキーは猫だけど、人間みたいだったな。優しい猫だった。



704 :あなたのうしろに名無しさんが・・・ :04/06/11 22:25 ID:HLz3mpKI
大分前の話だが。
家をあけて出かけようとした時、玄関に近所の馴染みのネコがいて、
戸を開けるや凄い勢いで入ってきたことがあった。
階段を駆け上がったネコを追いかけてみると、ネコは二階の部屋でアイロンを見ていた。
よく見るとアイロンがつけっぱなしだった。ありがとう、ネコ…。



707 :あなたのうしろに名無しさんが・・・ :04/06/11 23:17 ID:S2aBFJrh
>>704 いいヌコだね~~

前に違うスレに書いたけど、私の実家で飼っていたヌコも
夜になかなか寝ないで、台所の窓にずっといるので母が
「アミどうしたの?寝るよー」と言ったがなかなかこなくて
台所を見に行って、「外に何かあるのかい?」と玄関の新聞入れを覗いたら
パチパチと聞こえてくるので、玄関開けたら
近くに止まっていた車のタイヤに火が付いていて、燃えていた。
火事だ~~~~と大騒ぎになりました。放火だったようです。
もう少し遅かったら車爆発して、アパートに燃え移ってたのではないかと・・・
コワーーーー
アミちゃんどうもありがとう。
天国で会いたいです。



719 :あなたのうしろに名無しさんが・・・ :04/06/12 08:58 ID:ufS9bhAj
漏れが一番悲しかったのは猫の次郎が死んだとき婆ちゃんが、
次郎の小さな体をを毛布で大事にくるんで歩いて5分ほどの山へ行った。
一緒に歩いていった時、涙が止まらなかった。
その毛布は次郎が赤ん坊のころ、猫用に小さく切ってあり
寒い時だったからいつも使ってたみずいろでクマがたくさんついてる毛布だった。
10年も洗っては干しぼろぼろだったが・・
次郎もこの毛布を好いていて写真に毛布の上にちょこんと座る姿が写っていた

いつも遊んでくれてありがな・・時々いじめたけど
いつも空気みたいに目の前にいるやつがいないって
こんなに儚くて切なくて辛いって 初めて知った・・

1年くらい経ってバイト先で写真を撮ったのを貰ったら
「おい、お前の肩に猫の幽霊がついてるぞ、」と言われ見ると黒白の、
紛れもなく次郎が漏れの肩の上に「うっすら」とちょこんと乗っていた。

あまりにもマヌケな姿にまた泣けた・・



774 :あなたのうしろに名無しさんが・・・ :04/06/13 08:43 ID:dPu8IdGh
猫じゃなくて犬の話なんだが

俺昔アル中でどうしようもない自堕落な生活してて
少ない友人にも家族にもほぼ見放されたも同然だったんだが
飼い犬だけは「散歩につれてってくれ」っていわんばかりに
毎日俺の部屋に乱入してくるんだ

当然そんな気力ねーし、タバコと酒補給するときだけちょっとの道のりを散歩させてやってた
ある日俺が酒切らしたついでに連れて行ってやろうとすると吠えはじめるのよ
ムカついたんで蹴飛ばして一人で酒かって帰ってくると突然犬が袋奪って唸るんで
頭にきて何かでドついてやろうと辺りを見回したら、鏡に異常なほど浮腫んで青白い自分の顔発見した

ああ、酒止めろって言ってくれるのはこの犬が最後だろうな、と思って
久しく行かなかった病院いって精密検査された結果20代前半なのに糖尿病寸前で肝臓が死にかけだったらしい
ほかの内臓もかなりやばかったとか

どっかで聞いたけど犬の嗅覚って口臭で人の体調を知ることができるらしくて
それで一線を越える寸前に警告してくれたのかな・・・

もうその犬いないけど本当に感謝してる・・・
スレとは関係ない話すまん



807 :あなたのうしろに名無しさんが・・・ :04/06/13 18:09 ID:nFbwW1iO
実家のネコに会いたくなってきたな。
里帰りすると、ネコにハーネス装備させて肩に乗せて
外に散歩に連れて行くんだけど、何もいない庭の鬼門の
方角を見て時々
         ∧ ∧    
「フーーーーー!!(#=゚ Д゚=)」と唸る。。
昼でも夜でも突然唸る。。しかもそこでだけ・・。
家の中で唸ったことは一度も無い。
実家は、住職の奥さんが木で首吊り自殺したというお寺の目の前。。

やっぱり、そこには見えない何かがいるんだろうか・・・・・



844 :あなたのうしろに名無しさんが・・・ :04/06/14 11:33 ID:ElnMi2M3
友達から聞いた話。
その友達はかなりの猫好きだった。
けど猫を大切にするには理由があるらしくて、
ある日猫の心霊写真が撮れたらしい。
その猫の心霊写真を親に見せたら、親が泣き出してしまった。
その猫は、その子が生まれてくる前に両親が飼っていた猫だったけど
その子が生まれてくるために、猫を捨ててしまったらしい。
猫は悲しかったんだろうね。供養のために、猫を大切にしてるそうです。



891 :あなたのうしろに名無しさんが・・・ :04/06/15 21:19 ID:SLTtdxcH
近所に住んでいたおじいさんの家には、その地方では珍しい縁側があって
よくそこでおじいさんと老描くろは日向ぼっこしている姿が低い垣根から見えた
子供達が遊びに行っても 流石に歳のせいか落ち着いていて首をくすぐられても
黙って目を瞑り大人しくしている

けど大往生で亡くなり おじいさんはひとりでおばあさんの作った鞠を
なでながら日向ぼっこするようになった
くろが若い頃におばあさんが与えたもので中に鈴を入れたもので
何度も糸を張りなおしたと言っていたがボロボロになっていた

普段は仏壇の一段下の台に小さな座布団を敷いて祭っているが
鈴音をたて転がり落ちると、くろが来ているとおじいさんは喜んでいた



892 :891の続き :04/06/15 21:20 ID:SLTtdxcH
遊びに行っていた子供達で猫を拾ってお爺さんに届けた事もあるが
それはくろじゃないと言っておじいさんは飼う事はしなかった

そんな老夫婦の家にもまた猫がやってきて黒猫でもなかったがおじいさんは
くろだと言っていた おじいさんには分かるのかもしれない
やはりその猫もおばあさんの作った鞠が好きでよく遊んでいた

おじいさん曰くくろを2度見送り最後のくろはおじいさんが亡くなる前に姿を消した
おじいさんのお棺にはあのボロボロになった鞠が一緒に入れられたらしい
くろに持っていくのだろう



936 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/06/17 21:57 ID:Kcp7hEJU
猫を飼っていなかった頃、夜寝てた自分に寄り添ってきて、
頬の上に顎を乗せてきた、小さくて柔らかい動物がいた。
真の闇で何も見えなかったけど、猫だとすぐわかったよ。
しかも気持ちよくスースーと寝息をたてて眠ってた。
幽霊だとわかってたけど、「いいや、寝かしておこう」と、
そのまままた、自分も寝入ってしまった。
一夜だけの体験だったけど、いつでもまたおいでという気持ちです。



937 : :04/06/17 22:04 ID:NXLco2UX
私は幽霊とか大嫌いだが、猫の幽霊ならいつでもウェルカムだ。
[ 2010/06/27] 猫の知らせ | CM(0) | このエントリーを含むはてなブックマーク | はてなブックマーク - 猫の知らせ-2
コメントの投稿







管理者にだけ表示を許可する
他サイト様更新情報
このブログについて

ネタ、お勧めスレッド紹介等
大歓迎です

このブログについて

初代TOP絵いただきました
Lithiumさんのサイト


07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新記事
カテゴリ


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。