FC2ブログ

2ちゃんねるオカルト板まとめ

オカルト板をメインにまとめています

ヘッドライン
オワタあんてな\(^o^)/まとめサイト速報+ショボンあんてな(`・ω・´)

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/--] スポンサー広告 | コメント(-)| このエントリーを含むはてなブックマーク | はてなブックマーク - スポンサーサイト

ほんのりと怖い話スレ その55  

12 :本当にあった怖い名無し :2009/03/15(日) 21:01:45 ID:E7vzctzh0
伊豆のとある旅館に私と大学の友達で泊まって、夜電気を消して寝ようとしていると
障子に大きく女性の腰がくびれるタイプのドレスのようなシルエットがクルクル回って見えたとき
どうやら、外の街頭近くの木の葉っぱが写りこんでそう見えてるんだと分かったわけです。
幽霊の正体見たり枯れ尾花という気分でぼーっと眺めていたわけですが

ちょっと気になって、障子を開けてみたら、街頭なんて無かったんです。外はまっくら
もっかいしめたら、やっぱりドレスの女性がクルクル回ってるように見えます。
活発に動きすぎてあまり怖くはありません。

あれ?そういえば同じような怪談聞いたことがあるような。と
そしたら怖くなって、あの怪談、結末はどんな感じだったのだろうと。

隣で寝ている友達は怖い系はまったく駄目なので騒ぎを大きくしないために黙っていよう
でも、もういてもたってもいられなくなって、フロントへ相談に行こうと起き上がった瞬間、消えました。

後日一緒に行った友達にこの事を話したら、「もしその場で私に言ってたら、(私)を刺したかも」とか言われてほんのりしました。



51 :本当にあった怖い名無し :2009/03/16(月) 15:44:49 ID:OZlAThVU0
この間会社の上司が夜、夫婦でウォーキングしてたら
ある低い石垣の上に座ってる俺を見つけたそうで
「おい何やってんだ?」と笑顔で話しかけても、俺は不思議な顔してたらしい
「大丈夫?どうかしたのか?」と聞いても困った顔してるだけ
「都合が悪いのかな?」と思って家に帰ったらしい

翌朝会社で「昨日どうしたんだ?」 とか 「なんかあったのか?」と聞かれて
何のことか解らず、「何の話?」って聞いたら、経緯を教えてくれた

俺はその時間家にいたし、その場所すら行ったことがない
同じ会社の人が至近距離で見ても、俺に間違うほど似てる人間が近くにいる

そしてよく考えたら昔 行き着けのライブハウスのマスターに
「こないだ連れてたの女の子は誰?」 と聞かれたことがあった
マスターの勘違いだと思ってたけど、もう一人俺がいるかも



56 :本当にあった怖い名無し :2009/03/16(月) 23:26:01 ID:mnQgJiC3O
学校から帰宅して、テレビ見てたら祖母から電話がかかってきた。内容は、隣家に住んでる祖母の叔母(おんば)がいなくなったから捜すの手伝えとのこと。(親戚一同呼ばれた。)
それから両親が急いで捜しに行った。残念ながら自分は留守番。
おんばは鶏飼ってて、卵売り歩いたり、山菜採りに山に入ったりする人だった。
ただ、ちょっとボケてたからどっかで迷ってんのかなと思ってた。
夜8時頃、心配になって母に電話。
『まだ見つからない。9時になったら警察に連絡入れようと思う。』
秋口だったから凍死の心配はないが、もし事件に巻き込まれてたら…と嫌な考えが浮かんだ。
9:30に母からおんばが見つかったと電話が入った。ホッとして両親の帰宅を待った。
しばらくして両親が帰宅。『おんば大丈夫なの?』『警察呼んだの?』『どこにいたの?』と質問責め。
父は仕事終わってすぐ捜索に駆り出されたため、かなり疲れていたらしくスルーされたが、母が答えてくれた。
・怪我はないが、一応病院に運んだ。
・警察呼ぼうとした時に山の斜面に倒れているのを父が発見。
倒れていたが、呼びかけたら起きたらしい。おんばを一度家に運び、何があったのか聞いた。
『山菜採りしてたら、足が滑ってバランス崩して落ちた。』
一同、事件じゃなくて良かったと胸をなで下ろしそれぞれ帰宅。
母も帰宅しようと支度してると、おんばに手招きされた。具合でも悪くなったのかと思って近づいたら、小声で『本当は死んじゃうはずだった。』ととんでもない事を言われた。

バランス崩して落ちたのは本当だけど、本来なら助からない場所。
『ああ、もうダメだ。死んじゃうと思ったらね、上から長い白い手に腕を掴まれて助けられたんだよ。』
母は幽霊なんか信じてないが気味悪いと言って話し終わった。



57 :56 :2009/03/16(月) 23:26:53 ID:mnQgJiC3O
>>56続き
これだけなら、良い話だと思う。助けてくれるなんて優しい幽霊もいたもんだと。

今日、97歳でおんばが亡くなった。死因は老衰。
線香上げて帰ってきて、母に『あの時は助かって良かったね。白い手だっけ?守護霊かなんかだったのかな……。』と何気なく言ってみた。

『は?あんた何言ってんの?おんばは白い手に下まで引きずり込まれそうになったんだよ?それに、白い手が助けたなんて一言も言ってない。』


お互いに食い違い、気まずい雰囲気になったのですぐ話題を変えた。

どっちの話が本当なのか、実際体験した本人が亡くなってしまったので確かめようがない。
因みに、母はボケや精神疾患はない。
もし、助けたんじゃなかったらと思うとゾッとする。



91 :ゆう :2009/03/18(水) 19:22:26 ID:CQNffjS+O
二年くらい前の仕事帰りにいつもの道を運転中、急に左にハンドルをとられた…
ふと左を見たらガードレールが凹んでて
その時は、あれ?ここ こんな凹みあったっけ?って思ってた
次の日そこを通ると花が供えられててビックリしました



120 :本当にあった怖い名無し :2009/03/21(土) 01:21:46 ID:7KTkcrsz0
新居に引っ越して押入れに荷物を入れたとき、押入れの上の方に
小さな小枝のようなオモチャが貼り付けてあるのに気付いた。
軽い気持ちで引っ張ったら、小枝に画鋲が貼り付けてあるだけのものだったので
何も思わずにポイッとゴミ箱に捨ててしまった。

そしてその日の夜、夜中にタタタタタッと小走りで誰かが走っていき
押入れをスーッと開ける音がした。
寝ぼけているのかと思っていると、また、タタタタタッと小走りの音が聞こえ
スーッと押入れを開ける音がする。
足音は軽くて小さい子供か体重の軽い女性のような感じだった。
これが朝まで延々と続いた。

翌朝、和室にいくと押入れのドアが10センチほど開いていた。
押入れの奥をよくみると、木と同じ色の茶封筒が両面テープで貼り付けられていた。
それをはがして中を見ると、髪の毛が大量にはいっていた。
しかも、キレイに切りそろえた感じじゃなく、バラバラの長さのもの。

良くわからないけど怖かったので、近くのお寺へいって事情を話し預かってもらい
家に帰ってゴミ箱から小枝と押しピンを探し出してもう一度元のところに貼り付けた。
その日の夜は足音も押入れを開ける音もしなかった。
ただ、押入れの前に髪の長い女が座っているのがたまに見えるようになった。

あの髪、事情を話して取り戻してきたほうが良いんだろうか?


123 :本当にあった怖い名無し :2009/03/21(土) 06:00:50 ID:eOi0MaffO
去年の夏休み
埼玉から車で夜通し走り続けて青森まで目的もなく遊びに行った
寂しい一人旅だったんで車内泊

あちこち回ってさて帰ろうか
とその前に疲れていたので昼だったけど仮眠することにした

もしかして助手席も倒せば広く使えるかと思ったんだけどコンソールボックスがじゃましてるのでうまくいかず放置して寝てた

ふと目が覚めると夕闇で
どうやら夕方になってた

ふと自分のものとは違うかすかな規則的な呼吸音が助手席から聞こえる気がした
若い女性の寝息のように聞こえた
エンジン音とも違う

まだ眠くねぼけて横になったままその呼吸音をきいていたら
癒されてなんだか気持ちが楽になって
また寝入った

次おきたらもう日は落ちてた呼吸音は聞こえない見てみても誰もいない

少し怖くなった
でも家につくまで助手席のシートは倒したままにしておいた
ナビシートに初めて座った女の子はこの世のものではなかったかもしれない



133 :本当にあった怖い名無し :2009/03/21(土) 19:36:42 ID:SVWKUc8oO
流れガン無視で母に聞いた話をひとつ。

母の小中学校時代の通学路に坂があり、その端に雨水を流す為の側溝につながるパイプが敷いてあったそうです。直径は3、40センチほどで小さな子供なら入ってしまえる程度。
母はそれを見るたびに『あー前にここに子供詰まっちゃったことあったよなぁ、足から入ったから腕のところでつかえちゃって……それでどうなったんだっけ?パイプ切って助けたんだったっけ、でも死んじゃったって聞いた気がするなぁ…』などと思いを巡らしていたとか。
そして月日は流れ、その道を通ることもなくなり、やがて大学進学、結婚し地元を離れて今私たちと住んでいるところへ引っ越すことに。
ある年、里帰りした母はふとそのパイプのことを思いだし家族に尋ねたそうです。
『あそこのさ、坂の脇のパイプに子供流されちゃったことあったよね?』
しかし答えはそんな事件なかった、気のせいじゃないか?とのこと。
毎日通ってたしいかにも人が詰まりそうだったから勝手に話を作ってたのかな、などと思いながらある日その坂を通りかかると、昔と同じように坂に沿わせたパイプの下、出口のすぐそばに、

地蔵が一つ置いてあったのだとか。

おそまつ。



142 :本当にあった怖い名無し :2009/03/22(日) 09:30:50 ID:LRX3BHS3O
小2の息子が駆け寄りながら話す
小「ねー、家の柿の木切っちゃうの」
親?「なんで」
子「柿の木が、切られちゃうのって言ってるよ」
親???

だが後に思い当たる事に気がついた

少し前に柿の木の脇で増築の話しをしたっけな

親戚の実話



147 :本当にあった怖い名無し :2009/03/22(日) 15:06:59 ID:evziSmbSO
>>142 全く怖く無いんだが

ガキが柿の木切るのか親に聞いただけだろ?



148 :本当にあった怖い名無し :2009/03/22(日) 15:36:43 ID:x0gb5CZP0
>>147 それを誰から聞いたのかって部分。



153 :本当にあった怖い名無し :2009/03/22(日) 16:59:26 ID:j9qu8Zaw0
少し前の話だけど
徹夜ボーリングから帰宅して疲れ果てて部屋で寝てたんだ
んでふと自分の部屋の前から人の気配がして目が覚めた、誰だろ?友達だったら面倒だなぁ、とか思いながら無視して眠ることにする
また目が覚める、今度は気配が足元に、完全に知り合いだと思ってさらに無視することに
気配がもぞもぞと足の方から顔のほうに向かってきた、重さで胸が圧迫されて息が一瞬出来なくる
ここまでされたら流石に無視するわけにも行かず、文句の一つでも言ってやろうかと思って目を開けた、誰も居ませんでした

長文スマソ、あの時俺の顔のまん前に何が居たんだろう



168 :本当にあった怖い名無し :2009/03/25(水) 14:47:09 ID:R2UbRxNvO
近所に夜逃げして誰も住んでないはずの家が少し小高い所にあるんだけどすぐ下に住む人の話だと何故かお経読む声が時々聞こえてくるらしい。
…その家のお婆ちゃんが結構前に首吊りで亡くなったんだけど、息子夫婦が夜逃げしたのが祖先に申し訳なくてお経読んでるのかも。



189 :本当にあった怖い名無し :2009/03/26(木) 21:40:45 ID:tIFLHbAvO
5年くらい前に
あまりはっきり夢に見ない俺が珍しく情景も顔も声もはっきりとした夢を見た
今でもはっきりと覚えてる

70くらいのひょろっとした老人が木の下を見つめながら
可哀想に可哀想に不憫でならない
と涙をボロボロこぼしながら泣いている

離れた場所でそれを眺めてた自分に老人が顔を向けて
「これが報いだ もうしまいだ」
すごく悲しそうな顔で胸が詰まった
起きたとき自分も泣いていた

周りの風景も鮮明だったのに
情景に見覚えはなかったし老人にも覚えはなかった
そもそもうちの両親とも親は他界済みだったし

去年、親戚の子供がなくなったと聞いて葬式に出た

なんでも自宅の2階ベランダから木に飛び移って遊んでいたらしいが足を滑らせて落ちて脳挫傷で意識不明のままなくなったらしい

なんとなく夢に見た光景が思い出された
葬式は葬儀場だったのでその親戚の家はまだ見たことがない



239 :本当にあった怖い名無し :2009/03/28(土) 14:29:54 ID:Jf/uIqb5O
夏のある日、なかなか寝付けないで朝方まで起きていた時の話。
午前3時~4時位に猛烈に腹が減って、ラーメン丼にご飯を盛って刺身をおかずに食ってた。寿司や刺身が大好物なもんで、無心になってたんだと思う。

んで、食いながらふと目線をずらした時に、ついてないテレビの右下の角に少し頬がふっくらした、目の中が全部真っ黒な女の鼻から上が映っていた。
一瞬「…あれ?自分?」とも思ったが、自分は別にちゃんと映ってるし、明らかに違う。

黒目がちにも程があるとか思いながらしばらく女と見つめ合ったが、テレビ台の横にテレビに鏡面を向けて鏡が立ててあって、それが画面に入って合わせ鏡状態になり、その中に女の顔が入ってるんだと思った。
合わせ鏡って色々アレな話を聞くし、そのせいで女の顔が入り込んだんだと思い、早く残りを食いたいが為にすぐにその鏡を伏せて置いて食事再開。
その後、テレビには見向きもしなかった。

次の日の昼(厳密にはその日)、思い出して鏡をテレビと合わせ鏡にしようと置いてみたが…角度がどうも合わなくて合わせ鏡にはならない。
結果、合わせ鏡は存在してなくて原因ではないとしたら、女は一体何処からこちらを見ていたんだろう?テレビの中?
部屋の中に居るのが映ってたとしたら、ほんのり怖い。


…実話です。うまく書けなくてスイマセン…。



240 :本当にあった怖い名無し :2009/03/28(土) 14:59:14 ID:XdK7R16L0
ほんのりするよりワロタw
どんだけ刺身好きなんだよw



241 :本当にあった怖い名無し :2009/03/28(土) 16:37:11 ID:Svw+aSvE0
どこで読んだかなぁ~、あれ思い出した。

夕飯時、おっさんの声で「さしみ・・さしみ・・」って聞こえて
次の日の夕飯に刺身が食いたくなって買ってきて
食おうと思ったら刺身が消えてた
みたいな話。

おまいらみんな刺身好き過ぎw



242 :本当にあった怖い名無し :2009/03/28(土) 16:50:11 ID:KdX0anWK0
49 :本当にあった怖い名無し :2008/11/02(日) 12:49:16 ID:qtz3CN120
ある日突然、「さしみー」って声が聞こえるようになった。
1時間に1、2回ぐらい聞こえて、「私もメンヘラになっちゃった?」と若干焦った。
けれども声が聞こえてくる方角があるし、幻聴ってこんなんなのかなって不思議に思った。

で、何回も「さしみー」って聞いてるから、なんか刺身が食べたくなっちゃって。
久しぶりに刺身を買いに行って、ついでにビールも買って一人で一杯やることにした。
買い物を終えて家に帰り、酒盛りの準備をした。
そして、刺身を食べようと箸を伸ばしたら、皿ごとくるっとひっくり返った。
「え?」とフリーズしていると、扉の向こうから「それ、俺の刺身」って聞こえた。

なんか怖かった。



243 :本当にあった怖い名無し :2009/03/28(土) 16:52:04 ID:Svw+aSvE0
>>242 あー、それだ。THX。




257 :本当にあった怖い名無し :2009/03/29(日) 02:08:51 ID:MGyXHfl0O
文章下手で長文スマソ。

携帯に、カーチャンから留守電はいっててさ。

再生してみたら、雑音がヒドくて聞きとれない。
帰りに…っていう最初の言葉だけ聞き取れて、
後は全くわからん。

バイトの帰りに何か買ってきて欲しいんだろうと予想はついたが、
全く聞きとれないから、
いつもカーチャンが買い物するスーパーに寄って、買い物かごを手に取りながら家に電話。

でもカーチャン出ない。

何回かかけてみたが繋がらず、
もういいやと思って何も買わず、そのまま店を出た。

で、もうすぐ自宅、ってところで、何やら黒山の人だかり。
俺んちから一番近いコンビニなんだけど。

車が突っ込んでんの。
まだ警察も救急車もきてなかった。

うわぁ、と思って立ち止まったら、野次馬の中にカーチャン発見。
俺の姿見るなり、血相変えて飛んできた。


続きます。



258 :257 :2009/03/29(日) 02:11:06 ID:MGyXHfl0O
留守電入れちゃったから、あんたがコンビニ寄って、中にいるんじゃないかと思って…て言う。

夕方、急に熱が出てダルくて夕飯作れず、なんもないから帰りに弁当でも買ってきなさいって留守電入れたらしい。

俺はカーチャンの買い物だと思ったからスーパー寄ったけど、最初からその留守電がちゃんと聞けて理解してたらそのコンビニに寄ってた。

家に帰って、その留守電聞かせようと再生したら、キレイに入ってんの。
後ろのテレビの音までハッキリと。

俺は何とか聞き取ろうと何度聞いてもダメだったのに。

個人的に一番不思議な体験でした。



269 :本当にあった怖い名無し :2009/03/29(日) 15:41:19 ID:+YIyybc40
私の妹が見た夢の話
ある夜、妹の夢の中に見知らぬ中年男性が現れた
妹が「おじさん誰?」と尋ねると「おじさんはね、殺されたんだよ」と答えたそうだ
朝、気になって両親に話してみると「えっ?何で知ってるの?」と驚かれたそうだ
実は実家の土地に以前住んでいた人が殺人事件の被害者だったという



280 :本当にあった怖い名無し :2009/03/29(日) 18:53:45 ID:6cfJsMW/O
二年程前の話
親父が死んで2ヶ月くらいしたある日夢を見た。台所で水を飲んでいると急に親父が現れてフッと消えた。気になって仏壇を見に行くと、淡く光る卵があった

その卵が音をたてて割れて中身がドロドロ出てきた。そのまま卵は中身も黄身も溶けてなくなった。そしたら俺はなぜか『あぁ、親父が成仏してあの世に旅立った』と思った。ぼろぼろ涙を流しながらそこで目が覚めた。

それから二週間くらいしたある日、すごく嫌なことがあったんだが、その日も夢を見た。自室でボーッと座ってると、突然あちこちからラップ音が聞こえてきた。



283 :280::2009/03/29(日) 18:59:17 ID:6cfJsMW/O
でも全然怖くなくて、聞いてるうちに、だんだんそれが親父だと感じがしてきた。で、親父と会話しようと思って、色々話しかけたんだ。
俺『親父…?』

トン

俺『来てくれたんだ…』

パキッ


俺『今日すごく嫌なことがあってさ…』

カリカリ

俺『最近全然休みもないし』

トントントン

俺『なんか疲れちゃってさ』

パキパキッ


他愛もない愚痴を独り言のように話してたんだけどラップ音が相槌を打ってくれてずいぶん癒されたんだ。そのうち、なんだか親父について行くのもいいかな、と思い始めたんだ。



287 :280:09/03/29(日) 19:04:36 ID:6cfJsMW/O
ラップ音も俺の考えを知ってか知らずか、『辛かったらついてきてもいいんだぞ』みたいな空気を出してたから、
俺『親父についていこうかなぁ』
て言ってみた。


そしたらラップ音も楽しげに鳴り響いて喜んでくれてるみたいだった。
でもだんだんそんな逃げみたいな姿勢を親父に見せるのが恥ずかしくなって、
『やっぱりやめる。こっちでもう少し頑張るよ』
て伝えたんだ。


289 :280:09/03/29(日) 19:09:27 ID:6cfJsMW/O
そしたら







『え?やめんの?』

て親父とは全然違う声が部屋に響いてそこですぐ目が覚めた。
深夜2時くらいだったけど変な汗が止まらなかった。誰についていきそうになったんだろ…。


長文失礼しました。



290 :本当にあった怖い名無し :2009/03/29(日) 19:10:25 ID:Q7bv3RTZ0
あの世もこの世もオレオレ詐欺みたいなのが流行ってるんか。
[ 2010/07/18] ほんのりと怖い話 | CM(14) | このエントリーを含むはてなブックマーク | はてなブックマーク - ほんのりと怖い話スレ その55
書き込んでる奴全員が精神疾患か脳障害だと考えると、
やっぱり一番怖いのは人間だなと思う
[ 2010/07/18 06:47 ] [ 編集 ]
米1
お前みたいな奴とかな
[ 2010/07/18 07:07 ] [ 編集 ]
なにこれほんわかしない
[ 2010/07/18 09:03 ] [ 編集 ]
オカ板は洒落怖よりほんのりの方が怖い話が多い
山怖や海怖、時空のおっさんスレもよろしくね
[ 2010/07/18 11:03 ] [ 編集 ]
最後こえーなw
[ 2010/07/18 11:39 ] [ 編集 ]
刺身ワロタ
[ 2010/07/18 12:50 ] [ 編集 ]
最後の少しワロタ
[ 2010/07/18 14:34 ] [ 編集 ]
刺身食べたい
[ 2010/07/18 15:39 ] [ 編集 ]
最後のゾワッとした。
[ 2010/07/18 19:36 ] [ 編集 ]
>>56
怖い話をいい話に捻じ曲げる酔狂な奴もいないと思う。

幽霊=怖い
の記憶が、母の記憶を変化させたと思うのだ。
[ 2010/07/18 21:07 ] [ 編集 ]
最後の怖いな。ぞわっとした。
[ 2010/07/18 21:55 ] [ 編集 ]
最後こええよwww
[ 2010/07/20 06:59 ] [ 編集 ]
最後のも怖いけど
>>120こええほんのりじゃねえ
[ 2010/07/20 09:38 ] [ 編集 ]
>>51が上司にタメ口きいてるのは確かにほんのりだ
[ 2010/07/23 20:51 ] [ 編集 ]
コメントの投稿







管理者にだけ表示を許可する
他サイト様更新情報
このブログについて

ネタ、お勧めスレッド紹介等
大歓迎です

このブログについて

初代TOP絵いただきました
Lithiumさんのサイト


07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新記事
カテゴリ


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。