FC2ブログ

2ちゃんねるオカルト板まとめ

オカルト板をメインにまとめています

ヘッドライン
オワタあんてな\(^o^)/まとめサイト速報+ショボンあんてな(`・ω・´)

「今もスーツ姿の首のないマネキンを見られない」看護師が語り継ぐ過酷な現場…日航機事故25年  

1 :ちゅら猫 ◆CHURa3Ewlc @ちゅら猫ρ ★ :2010/08/07(土) 00:59:52 ID:???0
★看護師が語り継ぐ過酷な現場…日航機事故25年

1985年の日航ジャンボ機墜落事故で、生存者の手当てや遺体修復に携わった前橋
赤十字病院(前橋市)の女性看護師2人が6日、同病院で後輩看護師たちに当時の
過酷な体験を語った。

看護係長の角田美千代さん(52)と看護部長の前田陽子さん(54)。角田さんは生存者4
人の救出の様子をスライドで説明しながら、「怖さは全然なかった。早く現場に行って助けたい
との一心だった」。

遺体の洗浄や傷口の縫合にあたった前田さんは「無数の遺体に頭が真っ白になったが、看護学校
時代に教わった『勇敢にして沈着なるべきこと』の言葉で自分を励ました」と振り返り、「ただ、
今もスーツ姿の首のないマネキンを見られない」と打ち明けた。

2人とも病院や公の場で体験を語ることはなかったが、事故から25年を迎え、「当時を知らない
若い後進に、災害現場にも駆けつける看護師の任務を知ってもらいたい」と考え、講演に立った。
看護師1年目の大和彩さん(22)は「事故はテレビからの知識だけだったが、実際の経験の重み
を知った」と感想を話していた。

(2010年8月7日00時06分 読売新聞)
http://www.yomiuri.co.jp/national/news/20100806-OYT1T01141.htm



4 :名無しさん@十一周年 :2010/08/07(土) 01:00:58 ID:DHpuo7EO0
>>1「ただ、 今もスーツ姿の首のないマネキンを見られない」と打ち明けた。

レアケースすぎんだろww



13 :名無しさん@十一周年 :2010/08/07(土) 01:04:27 ID:4D5aJiUs0
>>4
今顔まであるマネキンのが少ないだろ
大抵首なしか、顔のない白い小さな頭がついているやつ

しかし看護師や医者ならかなりのグロも耐性ないとダメなんじゃないか
別に飛行機事故じゃなくても、交通事故だって相当グロい死体が運ばれてくるだろ
小さな眼科や耳鼻科の看護師じゃあるまいし



948 :名無しさん@十一周年 :2010/08/07(土) 07:22:15 ID:mSmALVaU0
>>13 現場に行った人を数人知ってるけど、眼科や耳鼻科の看護師も含まれてるよ。
当時、医療に関わってる地元の人間は、総動員されたんだよ。



16 :名無しさん@十一周年 :2010/08/07(土) 01:06:40 ID:DFA6o2EX0
首って簡単に飛ぶもんなのかね?



21 :名無しさん@十一周年 :2010/08/07(土) 01:08:33 ID:BHAkKTRb0
>>16 単車の事故なら結構首飛んでるよ



10 :名無しさん@十一周年:2010/08/07(土) 17:09:37 ID:eqOIWx9p0
生き残った母娘がいたけど
もう一人の娘は気絶しちゃったらしいね
あと旦那さんは「何とかなる。うろたえるな!」って言ってたらしいけど亡くなったんだよな



26 :名無しさん@十一周年:2010/08/07(土) 17:24:17 ID:Z5zR1uQV0
宅間の野郎が遺族装って
死体見に行っているんだよな



28 :名無しさん@十一周年:2010/08/07(土) 17:27:55 ID:+qljPDb90
>>26 宅間マジすげーよな。。。w



27 :名無しさん@十一周年:2010/08/07(土) 17:25:14 ID:j5oBuYoF0
歯の治療痕から本人を特定する技術が確立される
そのきっかけとなる事故でもあった



33 :名無しさん@十一周年:2010/08/07(土) 17:31:23 ID:6V1fdFZc0
>>27 俺の大学の教授が当時歯形から身元を特定した4人の歯科医師のうちの一人で
講義中に思い出を語っていた。すごい臭いだったらしいね。
でも遺族の元に遺体を返してあげなければ、という義務感で必死で同定していったらしい。



28 :名無しさん@十一周年 :2010/08/07(土) 01:10:03 ID:7od7KDRB0
死体が合体しちゃったんだっけ?



30 :名無しさん@十一周年 :2010/08/07(土) 01:10:26 ID:NIRQQoA70
樹木に顔の頭皮が張り付いたり、ショックで乗客がニコイチに
なっていたり、作業にあたった自衛隊員の方に重度の心的外傷が
出たり



35 :名無しさん@十一周年 :2010/08/07(土) 01:12:25 ID:M7DK0HN/0
衝撃が余りに凄いから
遺体の中に遺体が挟まってたとか


週刊誌のグロ写真みたけど、それよりも
お父さんの遺書のほうが精神やられた。
震えた字で「死にたくない」って


23 :名無しさん@十一周年 :2010/08/07(土) 01:09:00 ID:8NjCCl7P0
>>1
>「ただ、
>今もスーツ姿の首のないマネキンを見られない」と打ち明けた。


首ない遺体もあったってことかよ・・・



45 :名無しさん@十一周年 :2010/08/07(土) 01:15:57 ID:4D5aJiUs0
>>23 20代の事故を知らない若い人?
遺体をよく調べたら、Aさんの遺体にBさんの遺体がめりこんで、1人だと思ったら2人分の遺体だったとか
そんな話だらけだよ
大体生存者がいた後部座席の乗客は死体も綺麗で確認も比較的容易だったが
真ん中から前の方とかファーストクラスに座ってた人なんて黒こげ遺体ばかりだったから
機長もあごの骨だけ歯型で鑑定できただけだし、
坂本九ちゃんも黒こげ死体だったけど名前入りペンダントみたいなので確認できただけだとか

あれから名前や血液型や生年月日入れるネームタグペンダントがしばらく流行ったような



62 :名無しさん@十一周年 :2010/08/07(土) 01:22:10 ID:x4znReL30
>>23 お若い方とお見受けする。
私の主治医でもある外科の先生が、御巣鷹に行かれた時の話を生前、
語ってくださった。

先生は現場には行かず、回収された遺体を調べて、元の形により
近づけることをされたそうだ。五体バラバラなもの。腕が7つに
千切れてしまったもの。割れた頭蓋骨。

死因を推定し、生前の姿により近づけることを供養としたと、
語っておられた。

遺体が集められた体育館には数百の棺桶が並んだが、満足な亡骸
といえたのは3分の1も無かったと語ってくださった。

死亡事故は、どんな場合でも、どんな小規模でも悲しいものだけ
れど、飛行機事故はあまりにも酷いものなんだと思う。



40 :名無しさん@十一周年 :2010/08/07(土) 01:14:06 ID:yHscHqFb0
連日過酷な訓練をこなし蛇を食いカエルを踊り食う自衛隊の連中も
PTSDに苦しんだと聞く。
あつい夏だったし、現場は高い枝にひっかかった腕に虫も集い
壮絶だったと聞く。



43 :名無しさん@十一周年:2010/08/07(土) 17:37:59 ID:C2pWJCaLP
震える字で書かれたメモ帳の遺書
あの大事故でよく焼けずに残ったな

あのメモの文面読むと泣いてしまう



54 :名無しさん@十一周年:2010/08/07(土) 17:42:20 ID:6V1fdFZc0
>>43 これか。

マリコ 津慶 知代子
どうか仲良く がんばって ママをたすけて下さい
パパは本当に残念だ きっと助かるまい
原因は分らない 今五分たった
もう飛行機には乗りたくない どうか神様 たすけて下さい
きのうみんなと 食事をしたのは 最后とは
何か機内で 爆発したような形で 煙が出て 降下しだした
どこえどうなるのか 津慶しっかりたのんだぞ
ママ こんな事になるとは残念だ さようなら
子供達の事をよろしくたのむ
今六時半だ 飛行機は まわりながら 急速に降下中だ
本当に今迄は 幸せな人生だった と感謝している



47 :名無しさん@十一周年:2010/08/07(土) 17:39:44 ID:eqOIWx9p0
落ちた時点ではまだ結構生きてたらしいぞ
そこかしこから息がしてたらしい
でもやがて聞こえなくなったって言ってたな



50 :名無しさん@十一周年:2010/08/07(土) 17:41:23 ID:hvUcQ1Bs0
首が無いだけならいいけど、皮だけ残して中身がどこかに逸脱した遺体も多かったらしいね



56 :名無しさん@十一周年:2010/08/07(土) 17:44:45 ID:L/EyNd8k0
>>50 サッカーボールみたいな球体の塊が棺にはいてって、広げてみたら人の形をしていたとか、
成人のおなかの中から子供の頭部が出てきた(他人の子供)とかあったらしいな。

シートベルトで真っ二つの衝撃というよりも、人に人がめり込むほどの衝撃といったほうがリアルなのかもしれない。
身元確認した方たちもよく頑張ったよ。



55 :名無しさん@十一周年:2010/08/07(土) 17:44:02 ID:9R16yvQu0
まだ首から下があるだけマシ、機長は顎の骨だけだぞ



79 :名無しさん@十一周年:2010/08/07(土) 18:22:42 ID:afF/dX8X0
ああもうそんな時期か

墜落直後はまだ結構な数の人が生きていたみたいだね
落合さん証言の「おかあさーん」「僕頑張る」と言ってた男の子助かって欲しかった



97 :名無しさん@十一周年:2010/08/07(土) 18:47:51 ID:RMO4mSjk0
マジだけど、
あの日は焼けるように真っ赤な夕焼けだった。
この日航機が飛ぶはずだったルートは、ウチの前の海上で急旋回して伊丹を目指す、
っていうルートだった。
その時間に飛ぶ飛行機を偶然に見てから、毎日同じ時間になるとやってきて
急旋回して進路変更するジャンボがおもしろくて、いつも時間になると浜まで見に行っていた。
あの日は時間になっても、ジャンボは飛んでこなかった。
夜も更けて、日航機の事故を知る。この日航機がいつも見ていたルートを
飛ぶはずだったことはずっと後の事故の特番で知った。
事故以降、このルートは一度も使われなくなった。
もう25年もたったけど、
焼けるような真っ赤な夕焼けの日はいつもあの日のことを思い出す。



42 :名無しさん@十一周年 :2010/08/07(土) 01:14:38 ID:l+oJW18VO
近所のおじさんがこれで亡くなった
遺された奥さんは心を病んでしまって目も当てられなかった



54 :名無しさん@十一周年 :2010/08/07(土) 01:18:44 ID:ruEcnCOE0
あの近辺の駐屯地から災害派遣に行った若い陸曹は
今で言うPTSD大量発生だったみたいだな



56 :名無しさん@十一周年 :2010/08/07(土) 01:19:30 ID:0WmXIsoJ0
人間って結構簡単に首が千切れる
車の事故でも結構首なし多いよ。



64 :名無しさん@十一周年 :2010/08/07(土) 01:22:15 ID:RnhZhsMk0
当時リアルタイムで報道を見た人(現在25歳以上)に聞きたい

日航ジャンボ事故ってそんなに大変な事件だったの?



75 :名無しさん@十一周年 :2010/08/07(土) 01:25:14 ID:rlcrSx7g0
>>64
当時の報道というか世の中の騒ぎ的には
阪神淡路大震災よりちょっと下。地下鉄サリン~一連のオウム事件よりは上くらい。

かな。



77 :名無しさん@十一周年 :2010/08/07(土) 01:25:32 ID:pVdTT1vO0
>>64 すごかったよ
ニュースもワイドショーもそればっかり
オウムの事件のときといい勝負



87 :名無しさん@十一周年 :2010/08/07(土) 01:27:24 ID:x4znReL30
>>64
40歳のおさーんです∩(´・ω・`)

大事故として扱われました。実際、大変な事故でしたから。
死者数も530人。
現在でも日本航空機事故史上、最悪の数字だったのではないでしょうか?



90 :名無しさん@十一周年 :2010/08/07(土) 01:28:40 ID:3Vkzcqkp0
いまでも夕刊紙が好んでダッチロールという言葉を使っているが
あれを見る度にやるせない気持ちになる
編集の連中はカッコイイとでも思っているのか



106 :名無しさん@十一周年 :2010/08/07(土) 01:31:26 ID:Nc/OUeNi0
夜中じゅう乗客名簿の読み上げやってたのはよく覚えてる。
漢字じゃなくカタカナばっかりでとてつもなく異様だったわ。



133 :名無しさん@十一周年 :2010/08/07(土) 01:36:00 ID:T6LRRTar0
自分小学生だったけど、あのただ人の名前が流れるだけのニュースは
子供ながらに憂鬱な気持ちになった。
夏の盛にテレビから流れる乗客員名簿っていうのは軽いトラウマになるかもな



152 :名無しさん@十一周年:2010/08/07(土) 19:21:48 ID:Z01ZWLom0
俺は写真撮るのが趣味で、初春に北海道のちょっと人里離れた所に撮影に出かけたわけですよ。
そしたら着いたその先はトイレがあるはずもないのになんかそういう匂いがする。言っておくが北海道の
初春でまだ雪が融け切ってない頃、気温なんて2桁行くか行かないか。人間の嗅覚なんて低気温下で
簡単に鈍くなるそんな中、ひょいと道を外れた水辺に目を移すとそこには死んだシカの死体が・・・
一部白骨化しており、昨日今日死んだ様子ではない。それなのにこの悪臭とは・・・言葉は悪いが
真夏の暑い最中に腐敗が始まった死体の臭気ってのは想像だにし難いですなぁ。検死作業に使われた
学校の体育館が後に建て直さざるを得なかったってのはよくよく納得の行く話です。



174 :名無しさん@十一周年 :2010/08/07(土) 01:45:32 ID:Oqfl5fPL0
俺、毎年盆暮れにカーチャンの実家行くために、父の運転で長野の山超えてたんだけどさ。
その年も長野の山越えたわけよ。
やたらヘリコプターが飛んでて、父が「あのヘリの中、全部遺体だぞ。一体くらい降ってくるかもな」って。
弟とガクブルになってたら、カーチャンがものすごい勢いで父を殴ったw

カーチャンが父に手を上げたのを見たのはあれきりだった。
事故に関してはニュースでスゴイ流れてたし、よく覚えているんだが、俺はそのカーチャンの印象が強い・・



237 :名無しさん@十一周年:2010/08/07(土) 20:19:30 ID:Hq0unhVS0
もう25年か
子供時代のトラウマ
日本にとっての深い傷っていうのわかるな



243 :名無しさん@十一周年:2010/08/07(土) 20:25:04 ID:KpvOMWD40
当時の週刊誌に載っていた、木の枝に指先から腕まですっかりむけた
腕の皮がひっかかっている写真や、機体にべったりと皮膚のついた
髪の毛の写真が張り付いている写真が、いまも忘れられない。
人間ってここまでめちゃくちゃになるんだと思った。

この話を会社でしたら、「画像ないっすか?」って聞いていた奴が
いて、つくづく嫌になったよ。



278 :名無しさん@十一周年:2010/08/07(土) 20:55:36 ID:EYptVNl30
この事故で鑑定に呼ばれた医師が疲れ果てて夜自宅に帰ってくると、
後ろに何人もの人が憑いてきていたそうだ。
玄関に出た奥さんは気づかない夫には黙って玄関に盛り塩をしたという。



296 :名無しさん@十一周年:2010/08/07(土) 21:19:08 ID:bp7aNPks0
頭部が無かったり、顔の皮しか残ってない遺体は、新聞紙で張子を作って、
包帯巻いて人の形にしたらしい。



297 :名無しさん@十一周年:2010/08/07(土) 21:24:01 ID:ojNCGdnb0
>>1
> ★看護師が語り継ぐ過酷な現場…日航機事故25年
> 看護係長の角田美千代さん(52)と看護部長の前田陽子さん(54)。
当時は うら若きナースだったんだなぁ・・・



319 :名無しさん@十一周年:2010/08/07(土) 21:43:59 ID:PztdEVN/0
>>297 当時の婦長さんたちは、戦争体験者が多かった年代なので
修羅場にも免疫があったんだって。若い看護婦さんたちは
メゲてしまったらしい。

海外の野戦病院ボランティア経験のある看護婦さんは
大丈夫だったそうだ。




314 :名無しさん@十一周年:2010/08/07(土) 21:41:19 ID:KyHNkHb60
俺も高校二年の夏休みで、しかも海上自衛隊の館山基地に体験入隊している時だった。
担当の海曹いわく、「陸上に墜落したから陸上自衛隊が救出に向かったけど、もし海上に墜落していたら、
この基地からもヘリコプターが飛び立ち、我々も君たちの相手どころではなくなっただろう」とのこと。



315 :名無しさん@十一周年:2010/08/07(土) 21:41:21 ID:PztdEVN/0
看護婦さんたちも、生きている人間を助けるために看護婦になったのに
なぜこんなことを…と最初は思ったらしい。
けれど、指一本、足一本、皮膚しか残っていなくても
キレイな姿で遺族の元へ返してあげたいと、新聞や包帯で一生懸命
遺体を「作りあげた」んだそうだ。
看護婦さんたちの体験記本のラストは、その「作成方法」が図解で出ている。



192 :名無しさん@十一周年 :2010/08/07(土) 01:48:39 ID:MB4oOvLA0
日航機事故の教訓が、少なくとも185人の命を救ったとしたら、多少は慰めになるだろうか。

ユナイテッド航空232便は、日航機123便と同じく、油圧系統全滅で操縦不能になった。
しかしこの機には、日航機墜落事故を研究し、日航機の機長がやったように、
エンジンの推力調整だけで機体制御をする研究と訓練を積んだ飛行士が、
偶然に乗客として乗っていた。

彼はなんとか空港まで誘導したが、最後の最後でバランスを崩し、着陸は失敗。
死者111名を出したが、185名が生き延びた。

日航機の事故の教訓がなければ、全滅は免れなかった。
失敗を研究して活かすことがどれだけ重要なのかがよく分かる。

それにしても、このイレギュラーな操縦法を研究してたパイロットが乗ってたとは、
恐るべき偶然だね。



217 :名無しさん@十一周年 :2010/08/07(土) 01:53:59 ID:VXuocEJz0
うちも家族で出掛けてる時ラジオから聞こえて
それで親父が一言「呼集くるから帰るぞ」で引き返した

若い人たちが主に現場に行って親父は直接現場には行かなかったそうなんだけど
ふもとで婦人会が好意で豚汁を作ってくれてたがとても手を出す気にならなかったと言ってた



321 :名無しさん@十一周年:2010/08/07(土) 21:44:26 ID:3Sa0NSfP0
事故原因はボーイング社の修理ミスという結論だったが
なぜか、日本政府もJALもボーイング社を責めなかった。
しかも、リスク分散という観点から、
ボーイング社製以外の機種の採用を拡大するかと思ったら
この事故以降、逆にボーイング社製だけを採用し続けた。
終始強気なボーイング社と平身低頭だった当時の日本政府。
当事、首相だった中曽根はまだ生きてるから真相をしゃべって欲しいな。



336 :名無しさん@十一周年:2010/08/07(土) 21:53:40 ID:/9zQUscp0
以前、登山キャンプ板で見た御巣鷹山の幽霊の話は怖かった。
御巣鷹山で登山してる人が夕方に場違いなサラリーマンと出会い「大阪へ急いで帰りたい」と聞くだけの話だけど。



236 :名無しさん@十一周年 :2010/08/07(土) 01:57:16 ID:2RluQGYa0
ご遺体の中には、頭蓋骨の中に別人の頭蓋骨が入っていたケースもあったと読んだ。
本当に大変な惨事だったんだよ。



243 :名無しさん@十一周年 :2010/08/07(土) 01:58:31 ID:IrsEdbaf0
この事故の検死医の本を読んだが、
ものすごいGの影響で、頭部の中に別の人の頭部がすっぽり入ってたそうだ。
あと肉片は全て冷凍し、後からドライヤーで解凍して身元確認をしたそうだ。
肉片を解凍して広げていくと人の顔になり、
身元判明の手がかりになったり。
壮絶すぎてその文庫本、一気に立ち読みしてしまったよ。



263 :名無しさん@十一周年 :2010/08/07(土) 02:01:48 ID:v5J06eCJ0
あの現場で作業してきた自衛隊が高速のパーキングのトイレにいたけど、
あのときの漂ってた異臭は今も脳裏に焼きついてる。



286 :名無しさん@十一周年 :2010/08/07(土) 02:05:52 ID:/IllQDw40
有名人が乗ってたり、
乗るはずだったのが、止めて難を逃れたりってのも、
話題性が大きくなった原因かな

さんまもだっけ?



312 :名無しさん@十一周年 :2010/08/07(土) 02:11:53 ID:nW60mc/e0
指一本だけ見せて「これがご遺体です」なんてことはできない、といって
看護婦さんが包帯で人型をつくってそこに見つかった遺体の一部をくっつけたんだよね
これは日本人にしかできないやさしさだよ



372 :名無しさん@十一周年 :2010/08/07(土) 02:27:16 ID:qzWYgcIr0
当時の報道で憶えてるのは
助かってベッドで横になってる女の子に
どこかのマスコミがマイクを向けて
「わ~○○ちゃん笑って~」
女の子無表情なままで
「笑えないよ」

あと報道特集だったかで航空無線を傍受して
日航機の非常事態を把握していた
米軍関係者の顔を隠したインタビュー
「我々は出動態勢をとっていたのに
なぜ日本政府は支援要請をしなかったのか
自国民を助けようという気がないのか」

子供心にこの国はもうだめかもと思ったもんだ



952 :名無しさん@十一周年 :2010/08/07(土) 07:27:47 ID:/sykGklP0
>>372
それと違うのかも知れないけど自分が憶えてるのは、

・生存者を取材させてくれと病院にマスコミが詰めかけてた
・来院者に迷惑がかかるから一度だけ病室に入る事を院側が許す
・ケイコさん(当時12)を取材。病室内には新聞、TVのカメラマン多数
・ベッドできっちり座っているケイコさん
・TVのカメラで浮かれたのか、看病してた親戚のおばさんがケイコさんに「ほら笑いなさいよ~」
・ケイコさん苦笑いして「出来ないよ…」そこをカメラがバシャバシャバシャ!
・その日の夕刊か翌日朝刊に、1面ブチ抜きで「ケイコちゃん笑った!!」

当時16だったけど、ああこうやって作られて行くんだなと思った。



403 :名無しさん@十一周年 :2010/08/07(土) 02:36:19 ID:BJ/eLtjc0
知り合いのおっちゃんが消防隊員でかりだされて行ったけど
凄惨すぎて酒でも飲まなきゃ眠れない状態だったらしい。



417 :名無しさん@十一周年 :2010/08/07(土) 02:38:21 ID:ccD9Abds0
親戚が歯医者でこの件の裏話聞いた。
当時、歯型と照らし合わせて遺体の身元確認できる医師が一人しかいなくて、
3日間、損壊の激しい遺体と不眠不休で対峙したせいで
周りからこれはヤバイって一発でわかるレベルの精神状態になっちゃって、
とにかく休め、と無理やり仕事止めてホテルに缶詰にしたとか。



430 :名無しさん@十一周年:2010/08/07(土) 22:43:07 ID:ZLMG4OmF0
直前で急いでいる人にチケットを譲って、それで本人は助かったけど乗客名簿に記載されてて周囲は大騒ぎとか、
乗る予定だったのが乗らずに助かったけど、風呂でこけて頭を打って死んでしまったとかいう話もあったような。



498 :名無しさん@十一周年 :2010/08/07(土) 02:58:08 ID:RfcOaJd00
うちのじいちゃんの死亡翌日の事故だった
オヤジがあの飛行機に乗るって言って家を出た
あの時、家族中パニックだったが
2便早いのに乗れたと翌日連絡があってほっとした

でも機長さんが遠縁だった



596 :名無しさん@十一周年 :2010/08/07(土) 03:21:07 ID:YrPG8UTJ0
小学校5年で助かった女の子の話が怖かった。
妹が生きてて、話してたけど、突然苦しいといったあと突然ゲロって吐いた後動かなくなったとか。
↑妹は内臓破裂でも起こしてたのだろうか?

スチュワーデスの体験談でも、本人は痛みは感じなかったとか手記に
書いてるけど、救出した人の話では盛んに「痛い痛い痛い」と言ってた
らしいし。ショックがすごすぎると記憶が飛ぶのね。

あの周辺の人はかなり墜落後も生きてた人が多いっぽいね。
ハアハアハアハアという息遣いがすごかったってスチュワーデスの
人が書いてるし。



621 :名無しさん@十一周年 :2010/08/07(土) 03:29:13 ID:YrPG8UTJ0
墜落遺体には「ご飯がウジ虫に見えて食べられない」とかいう話もあったな。

死体は山の中だし、蛆も沸きまくりで。



652 :名無しさん@十一周年 :2010/08/07(土) 03:41:28 ID:e/O+qGKa0
この事故での死者の身元確認作業やった医者と俺の親が当時仕事で付き合いがあったから
色々当時のことを聞いたけど、現場はそれはもう悲惨な状態だったらしい。
学校の体育館に大量に並べられた何の生物とも判らないような肉片と一日中向きあう日々。
一緒に歯の形で身元確認やってた若い歯医者は、一週間くらい過ぎたところで
いきなりヘラヘラと笑いながら歌い始めてドロップアウトしたらしい・・・w



690 :名無しさん@十一周年 :2010/08/07(土) 03:52:49 ID:juM56AVL0
個人的に、90年代後半のネットから123便関連の情報は見てきたけど
いちばん期待されてたのは20年後にあたる2005年に何かしらのリークが
あるんじゃないかと期待されてたけど結局なにも出てこなかったな
個人的にはやっぱり事故調の報告はおかしいところが多すぎるけど
無人標的機とかの話ならもう誰かが告白してる感もある
25年の今年もなにも出てきそうにないし
あとは中曽根あたりが死んだ後とか2015年とかかね



768 :名無しさん@十一周年 :2010/08/07(土) 04:23:47 ID:lDTv4n//0
自分25歳だけど、沈まぬ太陽見たほうが良いよ

自分が知っている遺体の悲惨な話は、
子供の背中から親の歯が出てきた話かな、、、

母親が一生懸命抱っこして、墜落時の衝撃で歯が丸ごと子供の背中に入ったとかなんとか



832 :名無しさん@十一周年 :2010/08/07(土) 05:02:58 ID:fWJEqhbM0
全部見たわけじゃないし法医学の講義にしやすいケースに限ってだが
頭が胸にめり込んでるご遺体が多かった気がする



769 :名無しさん@十一周年 :2010/08/07(土) 04:25:03 ID:DHpuo7EO0
うちの隣の地区に事件の生存者がいるけど、
だいぶ金が入ったとかなんとか周りから叩かれて
人間不信になってこっちに引越してきたそーだ。



889 :名無しさん@十一周年 :2010/08/07(土) 05:48:37 ID:oxMu5rVl0
亡くなった乗務員の
しにたくないしにたくないきもちわるい
って殴り書きが一番ショッキングな遺書だった
[ 2010/08/08] 日航機事故 | CM(54) | このエントリーを含むはてなブックマーク | はてなブックマーク - 「今もスーツ姿の首のないマネキンを見られない」看護師が語り継ぐ過酷な現場…日航機事故25年
読んでるだけで凹むなぁ
[ 2010/08/08 07:33 ] [ 編集 ]
沈まぬ太陽が映画化するとき、JALが名誉毀損だとかなんとかぬかしたらしいな
なにが名誉毀損だ、盗っ人猛々しい
[ 2010/08/08 07:51 ] [ 編集 ]
この事件についての本読みたいんだけど、描写がどの程度なのかがわからんから手を出しづらい
[ 2010/08/08 08:04 ] [ 編集 ]
この事故があった日の夜、私と彼氏は近所の店で食事をしていた。お店ではその時間NHKのニュースを流していた。当時は松平アナウンサーが1時間のニュースを担当していた。食事中、画面をチラ見しながら彼氏としゃべっていたんだけど、1時間過ぎても2時間過ぎても松平アナウンサーの顔が画面に出続けていた。「なんでだろう」と思って画面に集中して初めて飛行機が行方不明で大騒ぎになっていることを知った。その後発見され、夜中まで延々と搭乗客の名前を繰り返し読み続けていた。
[ 2010/08/08 08:47 ] [ 編集 ]
被害状況を知りたいなら飯塚訓の「墜落遺体」がオススメ。
上に出てくる遺体の状態とかは大体この本に書かれてる。
身元確認にあたった警察官の手記だからグロくはない。
むしろ現場の緊迫感が伝わってきて一気に読める。
[ 2010/08/08 09:12 ] [ 編集 ]
ネットは
>>243
の画像欲しがった奴みたいなのだらけだろJK
[ 2010/08/08 09:24 ] [ 編集 ]
※14424
今も昔もゴシップを求める民衆ってゲスだなあって思う
[ 2010/08/08 09:25 ] [ 編集 ]
マスコミ連中のマナーが随分悪かったらしいね、棺開けて絵になる遺体探したり現場に忍び込もうとしたり。
[ 2010/08/08 09:28 ] [ 編集 ]
身内が乗ってた。今年も慰霊登山に行くよ。本当は当日に行きたいが、マスコミだらけで嫌になって日程ずらしてる。後世に伝えるためにはむしろ積極的に映るべきだろうけど、静かに線香あげたいだけなんだよ。
[ 2010/08/08 09:33 ] [ 編集 ]
個人的に一番ショッキングだったのは
機体の外側から見える盛り上がった亀裂の隙間から人の髪がはみ出してる画像だった
衝撃の凄さとその向こう側のご遺体の状態を想像もできん

何にせよ
ご冥福をお祈りしております
[ 2010/08/08 09:58 ] [ 編集 ]
多くの人が生存していたというが
実際は内臓が破裂していてダメな状態だったとか
[ 2010/08/08 10:15 ] [ 編集 ]
昔の新聞や雑誌って普通に死体の写真載せていたんだな
この前調べ物があって30年前の新聞読んだんだけど
座ったまま黒焦げになってた親子の写真があった
今じゃとうてい無理だろうな
[ 2010/08/08 10:35 ] [ 編集 ]
※14426
所詮はマスゴミだからね
[ 2010/08/08 10:39 ] [ 編集 ]
*14427
なんと言って良いのやら……御愁傷様です。
[ 2010/08/08 11:01 ] [ 編集 ]
物心つくかつかないころ、あのころは父の趣味の関係で上野村にちょくちょく遊びにいっていた。
恐竜で売り出してたころだったか。
近くに学校があったけど、あそこも戦場になったのかな……。
[ 2010/08/08 11:49 ] [ 編集 ]
マスゴミは今でも健在。
慰霊祭では報道各社が我先に車で乗り付けて登山道に路中、高齢の遺族らが
遠く離れた場所で下車して山道を余計に登る羽目になっている。
[ 2010/08/08 11:52 ] [ 編集 ]
遺体収容先が母校の体育館だったな
[ 2010/08/08 12:13 ] [ 編集 ]
>>769の話みたく地獄から生きて帰れても
こんな事言う人間って存在するんだな…
こういうのが全員死んじゃえば良かったのにね
[ 2010/08/08 12:25 ] [ 編集 ]
阪神大震災や福知山線事故の時も、マスコミのヘリの音で
瓦礫に埋れている人の声が聴こえないとかって問題になったけど、
今もまったく改善しないよね。

そういうのって業界全体の自浄能力の問題なんだろうね
「自分のとこ一社だけがやめても、他はやってるんだから不利になるだけ」と思ってそう
[ 2010/08/08 12:48 ] [ 編集 ]
>>174
カーチャン偉い、親父は死ね
[ 2010/08/08 12:55 ] [ 編集 ]
現場にもぐりこもうとしたマスコミだかが現場の自衛官にリンチされたってどっかに貼ってあったけどガセだろって思えないのが悲しい。

でも実際自分が現場で作業してて被害者への同情と凄まじい光景への嫌悪感とかそういう感情を持ってしまうことへの後ろめたさとかでいっぱいいっぱいになってるところに我利我利亡者が来たらすごく腹が立ちそう。
[ 2010/08/08 13:10 ] [ 編集 ]
ご冥福って・・・こんな死に方して冥土の幸福もクソもないだろう。

※14449
>現場にもぐりこもうとしたマスコミだかが現場の自衛官にリンチされた
事実。自衛隊基本的に嫌いだけどこういう逸話聞くと見直す。
[ 2010/08/08 14:12 ] [ 編集 ]
飛行機が何らかのトラブルで、急降下あるいは落下するときは、前の座席の背もたれの裏についてる、摑まれるところに腕を真っ直ぐのばしてその腕の間または腕の下に頭を入れるように指示が出るんじゃなかったでしたっけ?
頭が胸にめり込んでる遺体は、それが原因ではないでしょうか?
[ 2010/08/08 14:27 ] [ 編集 ]
マスゴミだって大変だったんだぜ
というのを描いた「クライマーズハイ」が嫌いだ
[ 2010/08/08 15:01 ] [ 編集 ]
被害に遭った方の苗字が割と珍しく、うちと同じだった。
当日父親の会社関係の人から安否を尋ねる電話が沢山かかって
ニュースを見て、思った以上の大事故だと知って驚いた。
それまで飛行機は一番安全な乗り物(事故がない)と思ってた。
芸能人や作家も亡くなったことが、さらにニュース性を盛り上げた(言い方悪いけど)と感じた。その時、新聞やテレビって怖いなぁと思った。
[ 2010/08/08 15:02 ] [ 編集 ]
>>769

それが本当なら、
あまりに酷いヤジ精神だな・・・

「事故のおかげさまで慰謝料で儲けた」
とでも言いたいのだろうか・・・
[ 2010/08/08 17:10 ] [ 編集 ]
この事件に関連した本が読みたい。
誰かしってるひといる?
[ 2010/08/08 18:14 ] [ 編集 ]
シートベルトで胴切断した人が多かったそうだが

苦しまずに即死していた事を祈る

[ 2010/08/08 19:49 ] [ 編集 ]
沈まぬ太陽(小説)は数巻出てるけど
航空事故編だけ読んでも大丈夫だよ。
小説なんだけど、ほぼノンフィクションみたいなもの…
入り口としてはちょうどいいかも。
遺族の無念さが伝わってくる。
[ 2010/08/08 20:33 ] [ 編集 ]
>>372と>>952で、近年稀に見るドン引きをした。
なんかもう、デカいハンマーかついで行って、
その場にいる生存者以外のゴミどもを一気にぶっ飛ばしたいなぎ倒したい
[ 2010/08/08 21:20 ] [ 編集 ]
米14455
わかる、遺体あさったりいじくったり被害者家族に不躾な質問連発したお前らが何言ってんだって思う。
ホント自衛官でも警察官でもいいからぶちのめしてくれってぐらいひどいことしたのにな。
[ 2010/08/08 21:29 ] [ 編集 ]
高校生のとき、このときの赤十字の婦長さん?の公演を聞いた
短大生のとき墜落遺体を読んだ
最近になってメーデー!を見た
当時自分は小学生だったけど報道はよく覚えてる
そして飛行機恐怖症に…
いまでも知人と一緒じゃないと飛行機に乗れない
[ 2010/08/08 23:08 ] [ 編集 ]
>>14451

こんな死に方だからこそ、
安らかに眠って欲しい。
[ 2010/08/09 00:43 ] [ 編集 ]
今でも新潮文庫から出ているのかな、
吉岡忍の「墜落の夏」にある、生存者の方の記憶から再現した
異常発生から墜落までを再現したドキュメンタリーの緊迫感は
今でも鮮烈に記憶に残ってるね。
[ 2010/08/09 01:39 ] [ 編集 ]
この事件、JALも悪い面はあるけど、基本的には
ボーイングのミスで会社には責任はない。
たしかに経営優先で安全が軽視されてたとか、そういう面は
多少あるけど、直接的にはきちんとした修理をしなかったボーイングが悪い。当時以下に不当にJALばかりが叩かれていたか、
資料など読むとよくわかる。

[ 2010/08/09 02:29 ] [ 編集 ]
>>14483
そうすると、上のほうに出てきた、映画後悔をJALが
「名誉毀損だ!」って怒ったって話はまあしょうがないってことなのか?
[ 2010/08/09 09:25 ] [ 編集 ]
お姉ちゃんの友達が、この事故の前日不思議な夢を見たそうです。
夢の中で、姿は見えないけど声がして、
「魂1000個くれ」といわれて、「そんなにやれない」
というと、「じゃあ500だ」というと声の主は消えたそうです。
翌日この惨劇がありました。
この話を聞いてから、こんな夢を見たら「魂はやらない」とかって言えばいいのかな?なんていう心の準備をしました。
皆さんのご冥福をお祈りします。
[ 2010/08/09 10:43 ] [ 編集 ]
「じゃあ500だ」というと声の主は
    ↓
「じゃあ500だ」といい声の主は

でした。すみません。
[ 2010/08/09 14:20 ] [ 編集 ]
当時を知らない若いなんやらって言ってるが知りたくねえよ・・・
言いたい意味はわかるけど体験はしたくないな・・・
[ 2010/08/09 18:06 ] [ 編集 ]
米14465
胴切断はその後も失血死まで生きてる確率大の死に方。
心臓が動いてる限り脳への血液の供給も続くから意識もハッキリしている。ショック死してたら幸せ。

ってかシートベルトで胴切断って…どんな衝撃なんだろうな
100km/hオーバーの自動車正面衝突エアバック起動なしでもこんなんならんぞ
[ 2010/08/09 20:46 ] [ 編集 ]
当時小学校低学年で坂本九も知らないガキだったけど、
乗客名簿が延々と読まれ、延々と表示される状況に何とも言えない恐怖を感じた。
今でもBGMが止まって「番組の途中ですが…」という画面に変わるとドキっとする。
[ 2010/08/10 11:46 ] [ 編集 ]
お盆に家に来たお坊さんが言っていたのですが、
「お盆は地獄の釜の蓋が開く」そうです。
何のことかよくわからないのですが、むこうに連れて行かれやすいみたいです。
この時期は、事故なんかに気をつけたほうがいいようですよ。
[ 2010/08/10 14:16 ] [ 編集 ]
コワイこと言わないでくれ~
「鎌倉物語」でそんな場面あったような・・・
[ 2010/08/11 09:03 ] [ 編集 ]
※14514
原作の御巣鷹山編はほぼ事実に基づいた内容であるけど、映画公開を望まないご遺族もいらっしゃる、
それ以外の部分も山崎豊子の創作であって事実とは異なるが、事故を起こした国民航空=日本航空と
いう誤ったイメージを観客に植えつけることになる、という主張。
[ 2010/08/11 11:40 ] [ 編集 ]
※14515
沈まぬ太陽は基本的に架空の小説だから、
悪どい役とかは実在しない人物も多い。
脚色もひどいから名誉棄損で訴えたいんだと思う。
要はノンフィクションじゃないのに、読む人に誤解を与える可能性が高いから。

JALだけでなくどこの航空会社だって、チェックしない(できない)領域の修理ミスだから、はっきり言ってボーイングが100%悪い。
たとえば、電車のモーターの修理ミスで事故が起きたが、モーターのオーバーホールをしないと見つからない個所の不具合だったという具合。その場合に運行鉄道会社を責められるかって話。
それをなぜかJALが悪いかのようになってるのはアメリカと日本政府は世論誘導がうまいと思う。
[ 2010/08/16 04:21 ] [ 編集 ]
JAL幹部が「御巣鷹山のゴミ拾いで我々も大変でありますよw」
って酒の席で言ってたとかいうのどこかで見たな。

ま、大概糞だな。人類。
[ 2010/09/30 15:34 ] [ 編集 ]
>>243
「画像ないっすか?」って言う奴はもちろんだが、
リアルでそんな話する奴もどうかと思う
[ 2010/10/05 21:19 ] [ 編集 ]
JALかわいそすぎだな‥ボーイング氏ね
[ 2010/12/06 07:32 ] [ 編集 ]
なんかさ、結局なんだかんだ言ってて
「人の身体に他人の身体がめり込んでいたらしい!」
ってショッキングな話がしたいだけ、みたいな匂いが
いくつもの書き込みから感じられてちょっといやだな。
[ 2011/01/18 15:34 ] [ 編集 ]
墜落遺体は高校生の時読んでショックだったわ
立ち読みしながら泣きそうになった
[ 2011/02/12 09:37 ] [ 編集 ]
※14568
ほら、旅客機は2点式のシートベルトだから、腹部に全荷重がかかるんだよきっと。
[ 2011/04/12 18:13 ] [ 編集 ]
マネキンなんて・・・。失礼にも程がある・・・。520人も亡くなりになったんだよ・・・。
[ 2011/12/23 10:32 ] [ 編集 ]
そういや頭の皮だけが残ってて
マネキンの頭部みたいなのにその皮をかけて生前の姿を復元して
それを見て「父親の後ろ姿だ」と気づいた遺族がいて身元が分かった人もいたそうだ
遺体の照合に当たってた歯科医師の本かなんかで読んだわ
[ 2012/02/22 23:10 ] [ 編集 ]
まじでこの便に乗るつもりでチケット買うって言う時に
ばぁちゃんから電話来て
ばぁちゃんが天王寺まで迎えに来るってんで
飛行機やめて新幹線にして命拾いした。
[ 2013/01/23 03:03 ] [ 編集 ]
コメントの投稿







管理者にだけ表示を許可する
他サイト様更新情報
このブログについて

ネタ、お勧めスレッド紹介等
大歓迎です

このブログについて

初代TOP絵いただきました
Lithiumさんのサイト


06 | 2020/07 | 08
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
最新記事
カテゴリ