FC2ブログ

2ちゃんねるオカルト板まとめ

オカルト板をメインにまとめています

ヘッドライン
オワタあんてな\(^o^)/まとめサイト速報+ショボンあんてな(`・ω・´)

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/--] スポンサー広告 | コメント(-)| このエントリーを含むはてなブックマーク | はてなブックマーク - スポンサーサイト

【(´・ω・`)】お葬式の怖い話【・゚・(ノД`)・゚・】2-5 

510 :あなたのうしろに名無しさんが・・・ :04/06/16 18:20 ID:hAlAhXMG
じいちゃんが死んで葬儀が全て終わった晩、親戚数人と話をしていました。
夏場だったので窓を空けていたんですが、いつのまにか白い蛾が居間の電灯の
横に止まっていました。始めは気にも留めていなかったんですが、何時間も
同じ場所に止まっていたのでじいちゃんが最後の挨拶をしにきたんだろう
って話していました。
すると、おとんが殺虫ラケットで「バシィ」っとその蛾を叩き殺しました。
じいちゃんキライだったの?



528 :あなたのうしろに名無しさんが・・・ :04/06/25 23:04 ID:3xz/8M3W
叔母さんが急病で1週間の入院ののち死にましたが、お通夜のときですた。
身内のみが残った夜中の2時過ぎに一人、祭壇のある部屋で線香をあげ
合掌し目をつむると・・・・・。祭壇のほうから
「OOO・・・・・!」とわすを呼ぶ声が!!すごいビビリますたがなぜか
こういうときは「これは聞き違いだ!」「だれか隣りの部屋で親戚が呼んでいるんだ」
と思いたくなるもの。そこで勇気をふりしぼり振り返りざまに隣りの部屋に
むかって努めて明るく「誰か呼んだあ(´▽`)/へへっ!」と問い掛けましたが
みんなコタツで寝てますた・・・・・。あ・・・・・!と思った瞬間、
今度は真後ろから「OOO・・・・!」とまたわすを呼ぶ声が・・・・。
とても振り返れませんでした・・・・。



561 :あなたのうしろに名無しさんが・・・ :04/07/18 12:01 ID:/BzcEZqY
あれは小学校6年生の頃・・・・祖父のお葬式で、親戚のおじさんが写真を撮ってくれると言った。
私は喜んで頼んだ。
が、写真が撮れない・・何度スイッチをきっても写真が撮れないのだ。
おじさんは、カメラ自体が壊れたのかと思い、私のいない方角に向けてスイッチをきったら、フラッシュをたきながらスイッチが押せた。
もう一度私に向けてスイッチをきったけれど、またスイッチがきれない。
・・小さいときは、なんだかわからなかったけど、今思うと、私の後ろに祖父が居たのだろう・・・そう思うと、怖いというより・・なんだか暖かい・・・



564 :あなたのうしろに名無しさんが・・・ :04/07/19 07:54 ID:TS8/4u6I
3ヶ月前、うちのばーちゃんが亡くなり、住んでた家(一人暮らしだったが、数年間入院)を片付けた。
すげー大変だったけど、昨日やっと片付いたんですよ。
で、今日の早朝に最後のゴミ出し。明日部屋の引渡し。
さびしい気持ちはあったけど、ばーちゃん大往生だったし、一族淡々と片づけやら掃除をした。

オフクロは家に帰ってきてから風呂に入り、俺はプレステやってた。
するとフワっと懐かしいばーちゃんの匂いがした。
俺の部屋に遺品は持ってきてないんだけど変だな・・とその程度にしか思ってなかったんだけど、
しばらくして、オフクロが嗚咽しながら風呂から飛び出してきた。

「おばあちゃんが来た。無表情で通っていった。」
オフクロの話によると、頭を洗ってるときに来たらしい。姿は見えないけど、来たってのがわかって、
表情もわかったと。。。
後ろからすーーーっと通り過ぎていったとのこと。
見えてないのにってのがよくわからんけどな。
あの興奮状態だとウソでもなさそうだ。

チキンな俺は鳥肌ビンビンなんだが、パニックになってるオフクロをとりあえずなだめてます。
ちなみにオフクロはまだ泣いてる。。。



573 :あなたのうしろに名無しさんが・・・ :04/07/20 15:41 ID:pNsjw1M5
中学のときに祖父がちょっと体調を崩して検査入院。
最後の検査でこれが終われば退院のはずだった。
しかし検査が終わった夜、麻酔が覚めないらしく、
漏れの両親らは病院に向かった。翌日、漏れは普通に
学校に行ったのだが、給食の時間だったか、ふと
「じいちゃん大丈夫かな~」と時計を見た。午後1時12分。
そのあと父が迎えに来て祖父が亡くなったことを知らされた。
あとで聞くと死亡時刻は1時12分だったそうだ。
虫の知らせってあるんだなぁと思った。


575 :あなたのうしろに名無しさんが・・・ :04/07/20 17:33 ID:NZcq/DGM
母のお姉さんが亡くなる時に、家のネコに異変が起きた。
母はお姉さんの様子が悪いってんで
2日程前から看病に行ってたんだけど2日目の午後10時半ごろに
私の部屋で大人しく寝ていた猫が、突然飛び起きて部屋の一角を見て
怯えるように這いながら「アオーッ、アオーーッ」って鳴き出した。
父や兄弟を呼んで、猫がじっと目をそらさない部屋の角に
猫をつれていくとパニックになって飛んで逃げるわ、
暴れて父の手を引っ掻くわ、凄い流血になるわで大変だった。
その次の朝、母のお姉さんが亡くなったと連絡が来て
その時に母に昨日の出来事を話すと、ちょうど猫がパニックになった頃に
意識がなくなり、危篤状態になったらしい。
お姉さんが家に来てたんだろうなぁと思った。
でも、見えてたのは猫だけだったようだ。



577 :あなたのうしろに名無しさんが・・・ :04/07/21 00:26 ID:Fv2g7He7
小さいころ祖母が亡くなったんだけど、葬式の晩見た気がする。
でもはっきり覚えていない、4、5歳の頃だったから。
おぼろげながらに、何故か祖母に対し塩を投げたような記憶があるんだが
何で投げたのかも、もうわからない。
すごく大好きな祖母だったし、可愛がってくれたから、最後に会えた事を
良いことだと思っておくことにしてるけど……。

祖母の愛犬が葬式の翌朝突然死んでたのも忘れられなくて。



596 :本当にあった怖い名無し :04/08/01 05:22 ID:XTDtv0iC
祖母が亡くなった直後に後を追うように亡くなった祖父のお葬式。
(仲の良い祖父母だったので親族の間では「一緒に行ったんやなぁ」
という感じで悲壮感はあまり無かった)
祖父の兄弟のSさんから送られた花輪が告別式の最中にバターン!って
倒れた。Sさん本人はかなり御高齢のためお葬式には参列していなかった。
花輪は表現は悪いけどパチンコ店の新装開店時に送られるような台に乗って
いて、風もあたらない会場の中だったのでなぜ倒れたのかわからなかった。

・・お葬式の直後に電話が鳴り、Sさんが亡くなったと知らされた。
怖いという気持ちは全然なかったけど、こんなこともあるんだなと思った。



610 :本当にあった怖い名無し :04/08/03 11:28 ID:ihMQg0Yi
もう二十年以上前のちょうど今頃、暑い夏、叔父が死んだ。
肉体労働をしていた叔父は帰ってくるなり玄関先で
「あぁ暑い、カルピスをくれ」
彼は酒飲みであり、普段そんな甘いものを飲むことはない。
奥さんは珍しいこともあるもんだと思いつつカルピスを水で割り
玄関先に座ったままの叔父に持って行ってやった。
旨そうに一気にそれを飲み干す叔父だったがその後急に
「なんだか眠いから布団を敷いてくれ」と言って夕飯も食べずに寝てしまった。
翌朝、叔父は布団の中で冷たくなっていた。
カルピスが末期の水になってしまった。

通夜の晩、方々から親戚縁者が集まり卓を囲んで酒を飲んでいた。
その中の一人が「あっ」と声をあげ卓の中央を指差す。
そこにはガラスのコップが幾つか伏せてあったのだが、
中の一つがススッ……スススッ……と勝手に卓の上で動いている。
驚いた皆が見つめる中、コップはゆっくりと蛇行しながら移動して行き、
卓の縁まで来てピタッと止まった。そこは叔父が生前よく座っていた場所だった。
死ぬ前の事情を聞かされていた親戚の一人が
「酒を飲みたがっているんだろう、末期の水がカルピスじゃなぁ」
と、そのコップに酒を注いで仏前に供え線香を灯した。




611 :本当にあった怖い名無し :04/08/05 00:06 ID:uSAVQw6Q
微妙に葬式ネタからはずれるが…兄たちにまつわる話。

兄(たち)は双子だったが、生後1ヶ月で一人長男が病死。
次男は30の時 交通事故で死亡。
…命日と死亡時刻がほぼ同じだった。
母には絶対言えないが、実は二人とも15年の寿命しかなかったのを、
長兄が早死にすることによって(言い方悪くてすまそ)
次兄に継ぎ足してやってたんだと、漏れは信じている。

ちなみに次兄の49日、読経が終わりかけの時に
仏壇から「ばしーん」と言う音がしたっけな。
漏れは「ああ 兄者が別れを言ったんだな」と思ったが
母は「まだ逝きたくない」と訴えていたのだと意見が分れている。



615 :本当にあった怖い名無し :04/08/05 01:50 ID:/l5kou4X
自宅でねたきりだった祖母が亡くなった日、
家の中で飼っていたシーズーがその2.3時間前に突然誰もいない
玄関先に走っていって、なんとも嫌なうなり声手で吠えた。
後にも先にも聞いたことがない声だった。あのとき、玄関に塩でもぶちまければ
ばあさんももう少し頑張ったかなぁ・・・



626 :本当にあった怖い名無し :04/08/06 00:54 ID:4E/+i6AG
俺が消防だった頃、学校で授業(たしか社会)を受けていた11時過ぎ、
突然頭が禿しく痛くなったことがあった。なんか、今まで経験
したことがないような締め付けられるような痛みだった。とにかく、
すげえ痛かった。で、こりゃやばいと思って、保健室に行こうと思った
瞬間、何事も無かったかのように痛みが消えた。大体、30秒ぐらい
痛かった。
その後、家に帰ったらなんかまだ四時なのに父親が帰宅してて、
俺の顔を見ると厳粛な声で「ばあちゃんが氏んだ」と言った。当然、俺は
大ショック。だって、ばあちゃん一人失うとお年玉が一万円減るんだぜ。
それで、車でばあちゃんの家に向かう。親戚が集まってる。
父親「何時ごろ亡くなったの?」
親戚「今朝11時過ぎです。」
えっ!?
(すいません、別に大した事じゃなくて。でも、こういう経験ある人っていない?)



632 :本当にあった怖い名無し :04/08/09 00:05 ID:lKBpPH71
爺ちゃんの葬式の後、漏れの弟が、高熱を出して病院へ。即日入院でその晩、医者から弟の瞳孔が開いた状態になったと言われた。
婆ちゃんの葬式の後,従兄弟の中学生が高熱を出して入院。結構ヤバかったらしい。
二人とも今は元気だが,どうも身内に不幸があるとその中の縁者の1人を連れて行きたがるらしい。
あと、母の葬式の当日は台風直撃土砂降りの雨。その後の法要の日は必ず雨。亡くなる前に水を飲むことを制限させられていたので「水をいっぱい飲みたい」と言ってたそうだ。



642 :本当にあった怖い名無し :04/08/10 02:21 ID:XLTfDicS
親戚の爺さんの見舞いに行った時に聞いた話なんだが

数年前から爺さんの家に野良猫が来るようになって、
爺さんは餌上げたり、猫に話し掛けたりして、可愛がってたらしいんだわ
爺さんは病院で猫にもう一度会いたいとか言ってたんだが、
猫は爺さんが入院した日から全く姿を見せなくなっっちゃたらしい
結局爺さんは猫の姿を見る事無く先日亡くなりました


自宅での葬式の時、爺さんを霊柩車にい乗せて出発しようとしたら
霊柩車の前にその猫が来たんだわ
それで「ニャーオンニャーオン」って泣いてるんだよ
猫と爺さんの関係知ってる人は号泣だったんだが
俺はマジでビビッタ、なんで猫にわかんねんと・・・・
世の中にはわからん事が多いですな


その後その猫を見たものは居ないらしい・・・・



644 :本当にあった怖い名無し :04/08/14 21:55 ID:xPjPpbPf
あんまり思い出したくないけど、1年前に姉が事故で死んだ。
姉はアパートを借りて一人暮らしをしていたので、部屋の引き払う必要があり、
片付けのために俺は週末に会社帰りのままアパートへ直行、両親と合流する予定だった。
しかし、両親は車で来る途中に事故に巻き込まれ、全くの無傷だが事情聴取を受けているとのこと。
俺一人で姉の部屋に入った。ドアを閉める瞬間にものすごい勢いで猫が一匹入り込んできた。
生前に、アパートに遊びに来る猫へエサをあげてるという話をしていたので、おそらくその猫だったと思う。
「もういないんだよ、お別れだよ」と猫へ伝えながら俺は泣いてしまった。

猫はそんなことお構いなしに部屋の中をウロウロウロウロ。
その猫用と思われるキャットフードをあげても興味なし。
で、ベッドの下の引き出し部分をクンクン嗅ぎ出した。嗅いではうろつき嗅いではうろつきを繰り返してる。
なんだろうと思ってその引き出しを開けてみると、香水の香りがフワっと広がって、姉のおパンツがたくさん入っていた。
猫はその中に飛び込んでグシャグシャにしてしまった。
すると気が済んだようで、その場を離れ、先ほど開けたキャットフードを食べ始めている。

なんか俺があさったみたいで嫌なので、きれいに戻そうとすると奥におパンツじゃないものがある。
H系のビデオと本、そして玩具だった。
「んだよこれっ」
見たくない物を見てしまったと思い、引き出しを閉めた。
「アーーーォ」
猫がこっち見ながら鳴いている。

両親の到着遅れ、猫の乱入と不可解な行動でふと考えた。
そうか、オヤジ達には見られたくないだろうからな、だったらまだマシだったのかな。
姉が働きかけたんだろうと、その恥ずかしいセットを自分のカバンに入れた。

数時間後両親と合流し、2日かけて必要なものは運び出して残りは業者に頼んで引き払い完了。
その猫は今はうちの家族の一員になってます。
遺品から回収した恥ずかしいセットはまだ俺が持ってます。
本やビデオはいいんだけど、玩具はちょっとな・・・。
俺に何かあったらまたこの猫が何とかしてくれるといいけど。。。。



654 :本当にあった怖い名無し :04/08/19 11:59 ID:VdFzklBz
3年前うちのおばぁちゃまが亡くなりました。
近所の一人暮らしのおばあちゃまが二人いて、とても仲良しで、よく三人でお茶会をしてました。
お見舞いに行ったら、おばぁちゃまが寝てる肩の上の方も見てニコニコしていて、誰かと会話をしてるような表情で、翌日からおばぁちゃまの意識は無くなりました。
その日に、仲良しおばぁちゃまがお見舞いに来てくれたのですが、意識が無いので帰ったみたいなのですが、帰り道、誰かをおぶってるように肩が重かったらしいのです
次の日、私のおばぁちゃまは亡くなりました。
後から聞いた話ですが、その日、仲良しおばぁちゃまは、二人でお茶会をしていると玄関がガラガラと開く音がしたので、見に行ったら誰もいなかったみたいです。
その時間は、うちのおばぁちゃまが亡くなった時間でした。
最後に逢いにきたのかなぁ。
[ 2010/08/13] お葬式の怖い話 | CM(13) | このエントリーを含むはてなブックマーク | はてなブックマーク - 【(´・ω・`)】お葬式の怖い話【・゚・(ノД`)・゚・】2-5
おばさんが亡くなった人の仏壇に向かって「いるならお線香の煙揺らして」って言ったら
風が入ってきていない、揺れてもいなかった煙が揺れた、ってアレは不思議だったすな
収まった後また呼びかけるとまた揺れ始める、みたいな
[ 2010/08/13 17:19 ] [ 編集 ]
フラワーロックのコピペが無いとは
[ 2010/08/13 17:30 ] [ 編集 ]
一番最後のが良く分からない。
日本語おかしくない?
[ 2010/08/13 17:44 ] [ 編集 ]
626が最低な事はわかった。
[ 2010/08/13 18:21 ] [ 編集 ]
「殺虫ラケット」っていう日本語を初めて知ったわ
「蝿叩き」じゃないのかそれ
[ 2010/08/13 19:35 ] [ 編集 ]
626は消防ならしょうがないんじゃないか?
[ 2010/08/13 20:21 ] [ 編集 ]
644の猫飼いたい・・・
[ 2010/08/13 20:30 ] [ 編集 ]
626も、いずれ死んだときに
同じこと言われる運命。
[ 2010/08/13 23:17 ] [ 編集 ]
親戚のじいちゃんが亡くなった時の話。
じいちゃんは、その長男夫婦の下で暮らしてたんだけど
虐待まがいの精神的苦痛を受け、三流(と地元では名高い)スーパーの劣悪な食品を日々食わされ、
その長男から恫喝されて年金通帳を奪われるなど扱いは惨澹たるものだった。
ある日から重症の腸炎を患い体調が悪化、衰弱が激しくて数ヵ月後亡くなってしまった。
問題の出来事は爺ちゃんの通夜で数人ごとに焼香を焚く時に起こったんだ。
参列者が見やすいように、会場の祭壇には遺影を照らす電灯が備え付けられているけど
長男夫婦が焼香を焚いていた十数秒の間だけその電灯の明かりが消えたり点滅したり異常に乱れた。
その爺ちゃんは人望厚く、優しく、決して人を恨む人ではなかったが、
別の親戚には長男家族の悪態は割と知れ渡ってるから生霊が引き起こしたのかも・・・。

作り話乙とか言われそうだから念押しで言うけど、全部事実。
[ 2010/08/14 00:23 ] [ 編集 ]
※14787
ドンキとかで売ってる、ボタンを押すと網の部分に電気が流れるやつでしょ。
[ 2010/08/14 01:22 ] [ 編集 ]
※14787
ggrks

それにしても最後のは酷いな。低学年の作文みたいだ。
[ 2010/08/14 04:56 ] [ 編集 ]
半分以上作り話だよなー。
幽霊いたら大変でしょ。
[ 2010/08/15 11:22 ] [ 編集 ]
※14852
なんで大変なの?別にいたって気にしないで生活すればいいじゃん
[ 2010/08/17 19:07 ] [ 編集 ]
コメントの投稿







管理者にだけ表示を許可する
他サイト様更新情報
このブログについて

ネタ、お勧めスレッド紹介等
大歓迎です

このブログについて

初代TOP絵いただきました
Lithiumさんのサイト


07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新記事
カテゴリ


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。