FC2ブログ

2ちゃんねるオカルト板まとめ

オカルト板をメインにまとめています

ヘッドライン
オワタあんてな\(^o^)/まとめサイト速報+ショボンあんてな(`・ω・´)

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/--] スポンサー広告 | コメント(-)| このエントリーを含むはてなブックマーク | はてなブックマーク - スポンサーサイト

死にかけた時にこんなものを見ました  

1 :本当にあった怖い名無し :04/10/14 09:32:02 ID:aF2J8RV+
死にかけた時に今まで見たことがない風景をみました
世間でよくいわれるお花畑ではなく
辺りは暗く草一つ生えていないところで大地は大きく二つに割れ
むこうの地平線がうっすらと明るくなっていました

ほかにもこんな体験した人いませんかヽ(´ー`)ノ
知り合いでは小さい神社の境内を抜けていったという人がいました
ただの脳内現象なのか臨死体験なのかはわかりませんが
こんなものを見ましたってのを教えて(・∀・)クレ



18 :本当にあった怖い名無し :04/10/15 13:55:33 ID:sMGKCDAX
何年も前、頭蓋骨陥没骨折した。
自分が目覚めているのか寝ているのかもわからなかった。
どこからともなくじじいの
「わ・わしが戦闘機乗りだっところには…ば・爆撃ボタンを…」
という声が何度も聞こえていた。
回復してからシュールな夢を見たなと思っていた。
つきそっていた家族にその話をしてみた。
ICUで実際近くにいた患者がそんなことを繰り返し言っていたらしい。

そんなもんだ。



24 :本当にあった怖い名無し :04/10/15 17:47:07 ID:9Q/MlEyW
義母が正月明けに事故って死にかけました。

そのときに見た夢が
もう5~6年前に亡くなった知り合いが
白い車で家の玄関まで来て
「ほら、○○さん(義母の名前)!早く乗って!行くよ!!」
って迎えに来たって。
でも義母は
「今こんな格好(パジャマだったらしい)してるから、先に行っててー」
と言ったら
「いいよー、格好なんて。早くいこう?」
「いや。やっぱやめとく。先に行ってて」
「しかたないなー。じゃ、先に行ってるわ」


・・・と、そこで目が覚めたらicuのベッドの上だったらしい。



今は元気に復活してくれました。
「いまどきの三途の川は、車で行くんやねぇ」
って話してくれました。



26 :本当にあった怖い名無し :04/10/16 07:27:04 ID:dSB+AgLV
漏れの友人は事故で黒い管の中を滑って逝くのを見たらしい(長いアスレチック滑り台みたいな感じ)


31 :本当にあった怖い名無し :04/10/16 19:12:14 ID:84Y3WSrh
俺4年前に刺されて生死の境彷徨ったけど・・・
走馬灯とかそういった類の物は一切なかった。

ただ、相手に対する恨みとか憎しみ。
ひたすら熱い。怒りが度を越して痛みはない。

意識失った時も花畑とかは見なかった。
風邪を引いて寝込んだ時と似てる。熱で魘され変な夢見る感じ。不思議な感覚。

意識戻って自分の置かれてる状況が解ると涙が意味なく溢れた。
不安から開放された安堵感。看護婦さん相手にマジ泣き。もう号泣。
向こうも解ってるのか親が駆けつけるまで傍に居てくれた。今でも彼女の顔は偶に思い出す。

直ぐ危ない仕事からも足を洗った。母親があんなに泣いたのは初めて見た。申し訳なさで一杯になった。
ま 要するに三途の川は俺には見えなかったよ。うん。



32 :本当にあった怖い名無し :04/10/16 19:30:54 ID:hRfxUbzE
まぁまぁ、ちょっと懐かしいことを思い出したから書いてみただけです。
ちょっと正統派な話。母方の祖母が若い頃病気で死にかけたときのことを、母から聞いた。

お花畑ときれいな川がある。向こう岸で誰かが呼んでいる。後ろからも呼んでいる。
引き換えしたら、目がさめたっていうとっても伝統的な経験談。

父(昭和14年生まれ)の話。
幼稚園の頃、赤痢で死にかけた。
感染を恐れた家族が付き添いを嫌がって病院とは別に看護婦を雇う病状。
「次はあそこの家の子が死ぬ」と言われていた中、なんとか回復して家に帰ってきた父が見たものは。

火葬のための薪を集めている家族だった…昔は火葬場の燃料も自前だったみたい。

雑談にそれがちだけど、親子3代黄泉帰ってるプチ自慢。



34 :本当にあった怖い名無し :04/10/16 20:54:52 ID:K5ApJmFr
俺のツレの話だけど16歳の頃 先輩のバイクの後ろに乗っていて交通事故をおこして
運転していた先輩は即死だった。でツレは一年近く入院生活を余儀なくされた。意識を
取り戻したツレに聞いた話だが 暗い荒野か平原をずーっと二ケツしてバイクで走っている
果てしなく果てしなく途中で停車した。
先輩「降りろ、ここで降りろ」
ツレ「えっ!なんで?」
先輩「いいから降りろ俺はひとりで行く」
で 降ろされたときに目が覚めたらしい。両親は、先輩が死んだことは、退院するまで
内緒にしていたらしいが ツレは、目がさめた時に悟っていたのであえて先輩のことには、
触れなかったらしい。



46 :本当にあった怖い名無し :04/10/19 16:57:13 ID:kEMPJqvv
3年くらい前にバイクで事故った時に死にかけた
右足大腿骨をボッキリ折ったんだが、幸い外に骨は出なかった
病院着くまでは意識もハッキリしてたんだが(救急車の中で携帯かけた)ベッドの上で出血多量(内出血)でショック症状が出た
すごく寒くて気が遠くなっていって、最後には気を失ったのは覚えてる
でも気を失ったら寒くなくなった
あと、看護婦さんやら担当医が一生懸命蘇生してる姿をはっきりと覚えてる
後で思うとその姿を上半身起こして見てた



52 :本当にあった怖い名無し :04/10/19 19:00:33 ID:AO8eWQ0x
私が親父に首しめられて
気ぃ失いかけたときにみたのは
真っ白
でしたよ。何もなかったです。
つい最近も、袋叩きにされて死にかけましたが
その時もやはり
真っ白
でした。



69 :本当にあった怖い名無し :04/10/20 23:51:17 ID:pMn/s+ie
いとこの息子(3才)が高熱で意識不明になった。
回復した後にこんな話をしてくれた。

暗くてロウソクだけがたくさんある部屋で泣いていた。
まわりは壁でドアも窓も無い。
怖くてずっと泣きながらお母さんを呼んでいた。
すると天井が明るくなって手が伸びてきた。
お母さんだって確信して手を握り締めた。
そこで目が覚めたら、お母さんが手を握り締めてくれてた。

以上なんだが臨死体験なんて知るはずも無い子供がしてくれた話だから、なんかびびった。
それまでは情報ありきの夢の話だと思ってたのに。 



78 :本当にあった怖い名無し :04/10/22 09:06:31 ID:AF/oiKfo
不良にタバコぽい捨て注意した。
後日仲間連れてきて何十回と蹴られて意識失った。
聞いた話だけど、殺したと思ってビビって逃げたらしい。

部屋っていうより、真っ白な地平の上で
俺の以前住んでた部屋と同じ家具の配置で
ベッドの縁に二年前の俺と、死に別れた彼女が座ってテレビ観てた
1番幸せだった頃なんだけどね。戻れるなら戻りたかった。



84 :本当にあった怖い名無し :04/10/22 20:56:39 ID:ANLxRiVc
小2のときに教室でスライディングして遊んでたら
ズコッと違う方向に行ってしまって給食台のフックに(釣竿の餌をかけるとこみたいなの)
首を引っかいてしまって(頚動脈の2m近くだったかな・・・ ガクブル)
一瞬 茶色い壁がずっと続いてる部屋が見えた。そのあと救急車でピーポー



85 :本当にあった怖い名無し :04/10/22 23:21:42 ID:a8dlgWBF
俺が熱中症で40度越えの熱が全然下がらなくて、医者が家族に覚悟しといてくださいとか
言ってた頃、俺はずっとヤマト糊を一気食いする夢を見ていた。その不味さたるや、
あまりの不味さに泣きながら食っているんだけどなぜか食い続けているの。
多分、寝てても、高熱でその不味さぐらい苦しんでいたんだと思う。



88 :本当にあった怖い名無し :04/10/24 16:40:44 ID:KFZCC62j
>>85を読んでいて思い出した。ずっと昔なんだけど、神経性食欲不振症とやらで、
水さえ飲めなくなり、入院したことがある。もともと痩せてたんだけど、その時は
一週間で十キロぐらい激減。水も飲めないと三日で死んじゃうそうだけど、本人は
食べ物見ると吐き気がするだけで、あとはいたって元気、気力充実。ただ歩くと
雲の上を行くようでふわふわと頼りなかった。

で、そのとき見た夢なんだけど、医者が「あんたは癌だ。でも、この薬を飲めば
助かる」って、渡されたのが、でっかいゴルフボールサイズの丸薬。
これを飲むのか?! いったいどうやって飲み込もうと、半分泣きながら考えて
いるうちに目が覚めたんだ。



94 :本当にあった怖い名無し :04/11/11 07:21:13 ID:1KIg+2uf
小1の時に髄膜炎で意識不明になって
空の彼方から誰かが俺の名前を呼んでいる夢を見た。
そして意識が回復したとき、ベットの隣で祖母が俺の名前を呼んでいた

中2の時に急性膵炎になって意識混濁状態になった。
空を自由自在に飛んで墜落、飛んで墜落、と言う感じの夢を
繰り返し見ていた。
そして祖母が俺の名前を呼ぶ声で復活

ばーちゃんアリガトウ…



102 :本当にあった怖い名無し :04/11/13 19:28:45 ID:r1kkkhzU
死にそうになった時
産まれた時から今までの自分も忘れていた生い立ちが
画面のようにパパパパパと現れた。
これが走馬燈か。死ぬんだな。死ぬのは以外と簡単だなって思った。

それから真っ暗になったが呼ぶ声が聞こえて
目が覚めたら母が呼んでいた。

死ぬのはアレだが、家族を残すのは大変な未練だな。
とにかく家族の事が心配で生き返ってきたもんだから。



132 :本当にあった怖い名無し :05/01/24 01:58:39 ID:dRAeFl/T0
昔、車にはねられて氏にかけたときに>>102の逆バージョンみたいの見たよ。
まず、はねられる瞬間の映像がスロー再生されて、
車にぶつかったと思ったら、急に時間がさかのぼり始めた。
それからいろんな思い出がスライドショーみたいに出ては消えていった。
そんで最後に自分ちで家族が笑ってるのが見えて、
ああお父さん、お母さん・・・って思ったら真っ暗になって目が覚めた。
なんか最後に家族の笑顔が見えたときすごく悲しかったよ。

そういえば、前に祖父が息を引き取ったとき一筋の涙を流したんだけど、
そのときは死に際で涙腺おかしくなったんだな、と思ってた。
でも今思うと、じいちゃんも走馬灯みたいの見て涙が出たのかなあと思う。



103 :本当にあった怖い名無し :04/11/14 13:31:11 ID:UjHPBCY+
俺の臨死体験は、どうも良く聞く話しと微妙に違う。
7、8歳の時だったか、オタフク風邪を患った俺は高熱のために死にかけた。
病院に担ぎ込まれた時は、顔が紫色になっていて、集中治療室に入れられたらしい。
正直言うと、そんな記憶は微塵もないんだけど、変な記憶だけは鮮明に覚えてる。

どこかの工場の裏らしい場所で、俺は原っぱの中にエロ本を発見する。
その時の情景がおかしくて、工場らしい建物と原っぱ以外、周辺には水色の砂漠が広がっていた。
とりあえず、エロ本を開くと、最初のページから、ちょっとフェチ入ったエロ写真。
当時、純粋だった俺にとって、その本の内容は衝撃的なものだった。
しばらく、ページをめくっていると、水色の砂漠の向こうから、誰かの声が聞こえた。
その声は、何かを言っているようだったが、どうも聞き取りづらい。
耳を澄ませつつ、エロ本に視線を落としていると、耳元で「もうちょいがんばれ、小僧」とオッサンの声が聞こえた。
次の瞬間、エロ本が消え、工場も消えて、辺り一面真っ青な砂漠になり、目が覚めた。

一晩、昏睡状態だったらしい俺は、その後、驚異的な速度で回復して3日後には退院。
懸念された脳への後遺症も残らずに済んだ。
あれから15年、俺はマイピクチャーの中身を見つめつつ、時折、あのオッサンの言葉を思い出す。

オッサンが誰なのかは知らないが、溢れんばかりのフェチ画像を前に、いつも思う。
これを残しては、死ぬわけにはいかない。

まあ、何にしても、ありがとうオッサン。



107 :本当にあった怖い名無し :04/12/02 22:22:18 ID:FtCoZPKL
小学校の時義父にプールに沈められた時、
走馬灯を見た。本当に今までの人生を振り返ったよ。一瞬で。
あれ、面白いね。
でも、生きてて良かった。
だって走馬灯がすごく短くて寂しかったんだ。



112 :本当にあった怖い名無し :04/12/11 18:01:41 ID:yC25f/+S
虹の渦を見ました。
手術中輸血した血が合わなくて死にかけた時らしいのだけど、
ものすごい勢いで引っ張られたり、なにかに連れ戻されたり
でも、なんか気持ちがよかった。



121 :本当にあった怖い名無し :05/01/02 21:27:09 ID:ZgCJjFFI
保育園から小学校あがるくらいの頃に風呂で溺れて死にかけました。
その時みたのは富士テレビにでていたでっかい目玉の絵?が
ぷよよん ぷよよん と弾んでいる様子でした

…何だったのか。



122 :本当にあった怖い名無し :05/01/02 21:38:54 ID:M6RmfHnK
自分の母親が病気中に見た話。

目の前に川があり、川には橋がかかっていた。
向こう岸には、たくさんの人がいる。
母が橋を渡ろうとしたとき、
「来るなー!」
と、すでに死んでいる父(俺の祖父)の声が。
そこで目がさめたそうです。



124 :本当にあった怖い名無し :05/01/03 04:07:58 ID:QvXbMT06
バイクで事故って吹っ飛ばされる中で彼女の泣き顔を見た。それが初めて見る彼女の泣き顔だった。



125 :本当にあった怖い名無し :05/01/03 04:24:18 ID:gk3y64iM
甥っ子は生まれてすぐに大手術を受けて心臓が3回も停まった。
無事生還出来て 目が見えるようになり人に顔に反応するようになった
生後7ヶ月の頃 実家で亡き父の遺影を見た瞬間 激しく興奮して
初めて見る父の遺影に向かって 抱っこ抱っこ の仕草をしてやめなかった。
今でも甥っ子は 父の遺影を見ると興奮して父の遺影に話かけてる。
きっと甥っ子は 生死の境を彷徨ってる時に亡き父に会ったんだと思う…。



156 :本当にあった怖い名無し :05/03/07 21:08:41 ID:Sl5oPCJW0
小学校のとき、グレープフルーツを食べていたら、噎せてしまい、
呼吸困難になった。いくら咳き込んでも詰まったものがでてこず、
しばらくしたら目の前に白っぽい空と緑の草が生える地面に横たわってるようなビジョンが見えた。
白っぽい花が咲いているようにも見える。
しばらくしたら家族が、あんたなにやってんのとのんきに訊ねてきた。
しにかけていたんですけど。。。



159 :本当にあった怖い名無し :05/03/08 15:30:27 ID:dVAlGCwA0
小学生2年の時41度ぐらいの熱を出して寝こんだんだが、自分の周りを何人もの
人(超巨大)が囲んでいて俺は布団で必死に隠れているんだがどんどん大きくなっ
ていって布団がはがれてもうだめだ!って時に目がさめた。汗かきまくりで次の日
には熱も引いていったけどあの時はほんとに死にそうだったね



163 :本当にあった怖い名無し :05/03/12 17:05:06 ID:+YB+hNky0
臨死体験らしきものをした。
心臓を悪くして、一度13時30分ころに心臓が止まってかなりやばいくらい死
に掛けたらしい。
そして、(次に夢なのか臨死体験なのかわからないけれど)、夢の中でなぜか空
港にいてどうしても13時33分38秒初の飛行機に乗らないといけなくって、だ
けど搭乗券をなくしちゃって、必死になって探していたの。
そして、見つかったものの、風に飛ばされてとんでっちゃったよ。

もういちど探しても見つからず、お金を払うから乗せてっていっても、聞いて
もらえず・・・。
乗り遅れてどうしようかと思いながら、空港のコーヒースタンドで店のおっち
ゃんにその話をしたら「もう、あきらめてあっちへ帰り」といわれて、気がつ
くと目が覚めた。


航空券に、13時33分38秒発QQA2090便AIRと、あといっぱい数字が書いてあった。

空港のチェックインカウンターの人が妙に固い表情で無愛想だった。



164 :本当にあった怖い名無し :05/03/12 17:42:10 ID:l/GYwv8C0
4歳のとき心臓疾患を患って手術をした。
その時に見た内容は絵に書いたようなお花畑が一面に広がっていて
蝶々が飛んでいた。空には馬鹿でかい月みたいな物が浮かんでいて
遠くに誰かが立っていた。目が覚めた時はおかんが横に居て誰か病室から
出て行く所だった。手術は8時間掛かったらしい。



165 :本当にあった怖い名無し :05/03/12 17:57:30 ID:918or8S10
5歳くらいの頃、近所の池に落ちたことがあって。
全然苦しくなく、水の粒がきらきらととてもきれいな
画像をずっと覚えてます。
見ず知らずの人に助けてもらって、とぼとぼと帰宅する
自分の"うしろ姿"がなぜか記憶に残っててとても不思議
です。
出来すぎてるけど、その日は祖父ちゃんの葬式で、祖母
ちゃんが泣きながら「連れてかれるところだったんだよ」
と言ってました。



178 :本当にあった怖い名無し :2005/03/23(水) 10:27:38 ID:H8ji5ahx0
友人が体験した話だが、夢で自分は綺麗な花畑にいて
向こうの方に死んだおじいさんや他にもいろんな人がいる。
そしてその人たちに手招きして「こっちにおいで」って感じで呼ばれたそうだ。
それで向こうの方に行こうと思ったら母親に起こされたらしい。

行ってたらどうなってたのかな…



193 :本当にあった怖い名無し :2005/04/14(木) 12:31:42 ID:jD01qXhxO
俺は、真っ暗な空間に白い服を着た人?(なんか雰囲気が人外だった)が居た。
そいつが、こっちに来いだの楽になれだの死んでいるだのボソボソ言いだして
はっきりものを言わないとイライラする性分なもんだからそいつと一悶着した。
それが終わったと思ったら急に目の前が明るくなってそこにあるのは病院の天井。
話によると交通事故で30分程心肺停止状態になったらしい。医師全員が諦めた頃に復活したみたいだけど。
あと、右の脇腹も大きくエグれてたっけ
[ 2010/08/27] 死後の世界 | CM(9) | このエントリーを含むはてなブックマーク | はてなブックマーク - 死にかけた時にこんなものを見ました
車で事故って運転席が潰れた時は
階段から落ちる→床に激突寸前でまた落ちる一瞬前に戻る→落ちる
を数え切れないくらい繰り返した
毎度毎度金玉がキューッっとして、世界が終わるまでこれを繰り返すのかと絶望してたら復活したわ
[ 2010/08/28 00:32 ] [ 編集 ]
死にかけてないけど小さい時熱出して寝てたら変な夢をよく見た
しらないおばさん(小さい時は若くてもおばさん笑)がとても優しくしてくれてぽやあんと柔らかい気持ちで落ち着いてた
なのにいきなりその人が発狂(私が少しでもふざけたらなった)。
なに言ってるかわかんない位早口で何か言われてガクブルしてたら目が覚めた。
覚めた後の静けさがまた怖かった
[ 2010/08/28 01:11 ] [ 編集 ]
52は・・・今生きてるのか?
[ 2010/08/28 02:21 ] [ 編集 ]
階段で足を滑らせてケツを打ったときにあまりにも痛くて一度座った状態から一気に立ち上がり、2,3歩歩いたところで目の前真っ白になって気絶した。

一面花畑で、子供2人ぐらいが遊んでいる。
「楽しそうだなー 俺も混ぜてもらおうかな」と思っていたら目が覚めた。
友達が最初はギャグで倒れこんだと思ったらしいが、白目むいてたもんだから必死に声かけてくれてたらしい。
コンビニ行く途中だったんだが、倒れたときに頭を打ったらしく、すげー気持ち悪かった。
[ 2010/08/28 02:21 ] [ 編集 ]
なんか、ある一定以上の苦痛を受けたまま、
死に行く状態になると、
脳内麻薬のおかげで、恍惚状態に陥ることすらあるって言うネタがあったな。

その時に見る光景は、死に行く本人にとって、
最も好ましいと思った情景の夢だとかなんだとか。
[ 2010/08/28 02:21 ] [ 編集 ]
甲状腺の病気で汗がずっと止まらなくて、
ある夏の朝に脱水症状になりかけたときに見たのは、
事故で死んじゃった彼氏が「やっほー」と迎えに来た夢だったよ。
「全然変わってないねー」とか話しているうちに
いきなり彼氏が「バイバイ」って遠くへ行っちゃって。

気付いたら病院でした。
[ 2010/08/28 09:30 ] [ 編集 ]
>>163
「夢から醒めた夢」の霊界空港みたい

うちの祖父も1日くらい意識不明だったけど死ぬ直前に涙流してたな。
[ 2010/08/28 17:19 ] [ 編集 ]
死にかけたってわけじゃないが、
柔道で落とされた時一気に走馬灯が駆け巡った。
映画のフィルムみたいなのが横向きに流れてる?感じで、
ふわーっと温かい感じがしたと思ったら急に寒くなって、
気が付いたら目の前にオッサンの顔。

師範が喝いれて起こしてくれたんだが、
なかなか起きないから顔に冷水ぶっかけたらしい。
[ 2010/08/31 13:08 ] [ 編集 ]
お母さんはじいちゃんが亡くなって49日の日に今までちっとも夢に出てこなかったのに、「もう行くわ」と挨拶に来たらしい。
しかも車の助手席に乗っていたとかで、天国に行くのって車なんだ…と話したのを思い出した。
[ 2011/11/22 17:49 ] [ 編集 ]
コメントの投稿







管理者にだけ表示を許可する
他サイト様更新情報
このブログについて

ネタ、お勧めスレッド紹介等
大歓迎です

このブログについて

初代TOP絵いただきました
Lithiumさんのサイト


07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新記事
カテゴリ


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。