FC2ブログ

2ちゃんねるオカルト板まとめ

オカルト板をメインにまとめています

ヘッドライン
オワタあんてな\(^o^)/まとめサイト速報+ショボンあんてな(`・ω・´)

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/--] スポンサー広告 | コメント(-)| このエントリーを含むはてなブックマーク | はてなブックマーク - スポンサーサイト

猫の知らせ 

猫の知らせ

56 :あなたのうしろに名無しさんが・・・ :04/06/22 13:13 ID:71g6/uuy
うちのヌコさんも外飼いだが、ちっちゃい頃は全然車を
怖がらなかったので、しょっちゅう家の前の道路で寝転んで
どかなかったんです。宅急便の人とかは、よく車からわざわざ
降りてきて手で退かしてくれてました。(ゴメンナサイ)

そんなヌコさんも、ある日自転車にシッポを踏まれちゃいました。
それからは、車や自転車が来ると逃げるようになったので、まあ
ヌコさんの為には良かったように思います。
(車に気をつけて、いつまでも元気でいておくれ。)


57 :あなたのうしろに名無しさんが・・・ :04/06/22 14:18 ID:NKZlYOAN
猫ってさ間違えて足踏んだりすると
顔が怒ってるよね(*゚д゚*)モエー



77 :あなたのうしろに名無しさんが・・・ :04/06/23 18:51 ID:euQLuIvZ
2年前、家の近所にコソ泥やら強盗が頻発していたが
犬と猫が見張り番してるので家は被害が無かった。
犯人は捕まったが、3,4人のグループで深夜2時~4時代に盗みを働いていたと言う。
近所で悲惨なのはお年寄りだけの家で30万被害。

犬は吼え、猫はサッシ越しにバンバンと威嚇する係り。
かれこれ8年飼っているけど今でも、見張り要員の重要な憲兵である。
犬「ウォォ・・敵が来たぞ。入らすな
猫「はい!隊長!敵を発見しますた!

こんな風にやりとりしてるのかな


118 :あなたのうしろに名無しさんが・・・ :04/07/01 19:40 ID:AUj+NXhM
「くろねこ」それは、「不幸」を持ち去るもの、
「しろねこ」それは、「幸福」を連れて来るもの、

「ねこ」、いいねー。


135 :あなたのうしろに名無しさんが・・・ :04/07/03 22:52 ID:+Dx6I5w1
うちの地方は養蚕が盛んだったので、猫は大事な大事な働き手。
ネズミを捕るからだ。
猫のママからお子さんを貰うときのしきたり、猫が迷い込んできたときのしきたり、
猫がいなくなってしまったときのおまじない、そして猫のお祝い。
ネズミをよく捕る猫→タンパク質補給→太る
というわけで、猫が一貫目になると絹で座布団を縫うのだ。
そして猫が太ると言うことは、お腹の中に家の不幸を貯め込んでいる。
猫を殺す人はその分も呪われると言われ、地域の人から仲間外れにされたらしい。


139 :あなたのうしろに名無しさんが・・・ :04/07/04 11:24 ID:xneh6GVU
>>135
わぁ、いい風習だねぇ。
ひょっとして、群馬のかた?それとも、長野県かなぁ??
俺は東京だけど、同じような風習があったな。
ただ、一貫目を超えると座布団じゃなくて、「鯛の尾頭付き」だった。
うちでも祖父母がいたときはやったけど、鯛は焼いてお猫様の前にちょっと
置いて見せて、あとは身をほぐしてごはんに混ぜる。
骨は硬すぎるので与えず、イヌにやってたよ。
ただ、重さの判定の仕方はあいまいで、祖父が抱いてみて「おお、こりゃ
一貫目以上だ」と言うとお祝い、ということになってたな(笑)。

あ、それから東京では猫を「御猫様」って尊称するんだぜ。
知ってた??
明治の頃、ペストが世界中で大流行した時、日本だけが奇跡的に庶民の
大量死をまぬかれた。
菌を媒介するネズミ退治に「御猫様」が大活躍したからだって。
でも、今は「御猫さん」と言うおばさんがいるくらいで「御猫様」とは
言わなくなった。人間は恩知らずだな!

136 :あなたのうしろに名無しさんが・・・ :04/07/04 00:42 ID:9guk7Iqw
父が棺おけに入った夜。
家族だけの最後の夜。
棺おけの上にみぃは乗り、一生懸命父の顔の見える扉を開けようとしていた。
砂を掘るように一生懸命あけようとしていた。
母と私はそれをとめなかった。本当に一晩中みぃは必死だったのだ。
私達は泣いた。猫にも最後のと分かるのだ。まだ私達は信じられなかった。

父がお骨になった日。
もう一生父の顔を見れなくなったあの日。
みぃはいなくなった。一緒に行ったのだろう。
母も私のみぃを探さなかった。
父も寂しいのだろう。みぃはついていったのだろう。

「いつも俺の後をついてくるんだぞ。俺の護衛なんだ。」
そういっていた父の言葉を思いだした。
本当にそうだった。
本当は私達もついていきたいくらいだった。
その変わりみぃがついていってくれた。

父の49日、猫が迷い込んできた。
みぃは女の子だったけど、男の子の猫だった。
ずっとうちの前で泣いていた。その猫をどうしてもほっておけなかった。
今もうちにいる。

そういう繋がり。大切にしていきたい。
いつまでも、その姿なくとも、何か別の形でそばにいてくれると信じている。


140 :  :04/07/04 12:04 ID:QZi4wGCq
俺が15の時の話、もう15年も前の話になるが・・。
当時、俺は暴走族に入っていました。2つ上の仲が良かった先輩の家がたまり場でした。
彼は、彼の彼女と猫二匹とアパートに住んでました。
ある日、先輩は連れと単車に乗り国道23号線へ出かけていきました。
俺は、用事があり遅れてしまい行けずに、先輩の彼女と一緒に待ってました。
先輩の彼女と世間話をしてると、飼っていた猫が突然、狂ったように暴れ出しました。
しかも二匹ともです。壁に頭をぶつけるように上ろうとしたり、
部屋中を狂ったように走り回ったり・・・。
そんなことをする猫たちを見たのは、初めてでした。
しかも、その暴れるのは20分ほど続きました。
先輩の彼女と、「おかしいね・・・」「何かあるのかな?」「地震かな?」
「もしかして、先輩が事故しちゃったんでは・・・。」なんて話していると、
電話が鳴りました。先輩が事故で意識不明だという知らせでした。
急いで、彼女と病院に向かいました。幸い、命も助かり、後遺症もありませんでした。
しかし、事故をした時間と、猫が暴れ出した時間がほぼ一緒でした。
猫が、事故を察知したのかはわかりませんでしたが、不思議な体験でした。


141 :あなたのうしろに名無しさんが・・・ :04/07/04 13:13 ID:uh8dd1Tx
猫の知らせではないがこんな話

自分が小学生のとき祖父がなくなった。
祖父の遺体が家に運ばれて布団に寝かせた。
みんなが囲んで祖父を見ていると当時飼っていた猫が寄ってきて
祖父の寝ていた布団の端っこらへんに寝たんです。
それをみて余計涙が・・・猫も最後の別れだと分かったんでしょうかね・・・
ちなみにその猫は自分の誕生日の日に失踪して帰ってきませんでした。


297 :あなたのうしろに名無しさんが・・・ :04/07/25 13:57 ID:0O9gcgiL
子供の頃に神社で遊んでいて、家に帰ってからカギがないことに気がついた。
ちょうどその頃田舎の祖母が具合を悪くしていて、母親が看病しに帰ってしまっていて
父親も帰りが遅く、誰も居ないので家の中に入れない。
どこかで落としたことは確かなので、通ってきたルートを逆回りして探してみたのだが見つからない。
もう一度神社へ行って探していたら、真っ白い綺麗な猫がいた。
動物が大好きだったので、カギを忘れて心細いのも忘れて「ネコだ!」と大喜びで近づいていっても
逃げようとしない。人に慣れているネコのようだ。
「おれ家に入れなくなっちゃったんだ。」といいながらネコを撫でると、ゴロゴロ言い出した。
幸せな気分になってネコと遊んでいると、そのうちにネコが耳をピン!とたてて
トコトコと道路のほうに歩き出した。
「待ってよ~」と
ついていってみると、たまたまそこにクラスの友達がお父さんとお母さんと一緒にいた。
「あれ?こんな遅くにどうしたの?」ときかれたので事情を話すとお父さんが
「じゃぁ、それまで家に来ていなさい。」と言ってくれた。
もうちょっとネコと遊びたい気持ちもあったのだけれども、おなかもすいてきたので
好意に甘えることにした。
振り返ると、さっきのネコが行儀良く鳥居の横に座って、見送ってくれていた。
それまでその神社ではしょっちゅう遊んでいたんだけれども、それまでも、それからも
あの真っ白いネコを見ることはなかった。
自分はあのネコは神社の神様のお使いであったと信じている。
[ 2009/08/02] 猫の知らせ | CM(3) | このエントリーを含むはてなブックマーク | はてなブックマーク - 猫の知らせ
いいはなしだな
[ 2009/08/03 21:47 ] [ 編集 ]
これはいい話
[ 2009/08/04 14:04 ] [ 編集 ]
「御猫様」っていいな。
「ぬこ」なんて言うより全然いい。
[ 2009/08/19 17:37 ] [ 編集 ]
コメントの投稿







管理者にだけ表示を許可する
他サイト様更新情報
このブログについて

ネタ、お勧めスレッド紹介等
大歓迎です

このブログについて

初代TOP絵いただきました
Lithiumさんのサイト


03 | 2021/04 | 05
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最新記事
カテゴリ


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。