FC2ブログ

2ちゃんねるオカルト板まとめ

オカルト板をメインにまとめています

ヘッドライン
オワタあんてな\(^o^)/まとめサイト速報+ショボンあんてな(`・ω・´)

【ずっと】ペットにまつわる不思議な話6【一緒だよ】:2008/11/24(月)2008/12/07(日) 

86 :本当にあった怖い名無し:2008/11/24(月) 13:21:40 ID:5iTaHMyi0
母が4歳のとき、川にいた子猫を拾って来ました。
その猫は母にとてもよく懐き、兄弟のように育ったそうです。
しかしその猫は母が中学3年の終わり、どこかに行ったまま帰ってこなかったそうです。

母が高校生の時、友達と下校中に目がやっと開くくらいの小さな猫が、ミィミィ鳴きながらついてきました。
3人で歩いていたらしいのですが、母には寄って行くのに他の友達が触ろうとしたら触られまいと威嚇したそうです。
結局、母が飼うことに。

それから10年後、母は結婚のため家を出ることになりました。
母が家を出て1週間後、猫は家からいなくなったそうです。母は実家に戻り泣きながら探したのですが、
結局見つからず、辛すぎてそんな気分じゃないと新婚旅行はキャンセルしたそうです。

それから数十年経った2008年、母と父は介護のため母の実家に住むことになりました。
そして最近、母が近所に挨拶に行った帰りに、また子猫がミィミィ鳴きながら現れ、飼い始めたそうです。

87 :本当にあった怖い名無し:2008/11/24(月) 13:22:01 ID:5iTaHMyi0
>>86続き

不思議なのはこの3匹とも「シャム猫」なんだそうです。もちろん血統書なんかついていないのでわかりませんが、
シャム猫の外見的な特徴が3匹共に強く出ているらしいです。
そして母の実家はとんでもないド田舎で、そんなシャレた洋猫を飼っている人は今も昔もおらず…
猫を拾った3回とも、どこからか逃げ出したんじゃないか?と村を一軒一軒回ったそうですが違ったそうです。
もちろんブリーダーなんているはずもなく…
またこの歴代3匹以外に、村でシャム猫らしき猫を見たことはないそうです。

歴代3匹の名前は、いいのか悪いのかすべて「ぶーちゃん」(目の色がブルーなので…)
母は生まれ変わりだ!と強く信じています。母曰く、3匹とも顔や癖やしぐさがそっくりらしいです。
以上、2度あることは3度あるんだなと感じた話でした。

109 :本当にあった怖い名無し:2008/11/28(金) 13:05:04 ID:WLC1ux4rO
590 わんにゃん@名無しさん sage 2008/07/03(木) 01:08:26 ID:kRxmOw22
猫は魔除けというか、うちの場合身代わりになってくれてるな。

仕事柄、物騒な地域に取材に行くことが多いんだけど、帰ってくると
決まって飼い猫が命を落としてる。やれ病気だやれ交通事故だ、と。
こないだなんて、知人から引き取った四か月の子猫が原因不明で
庭先で死んでたらしい。ちょうどその日というのが、某中東の
山岳地帯を通過したときだったから、やはりこいつが危険の身代わりに
なってくれたんだな、と感謝感激雨嵐。

この仕事をやめるつもりはないけど、愛猫たちのおかげで続けて
いけるんだと思うと、いい取材をしなきゃ、といつも勇気づけられるよ。


***やっぱ猫って霊感持ってるよね??***
http://namidame.2ch.net/test/read.cgi/dog/1013853540/

110 :本当にあった怖い名無し:2008/11/28(金) 19:11:10 ID:fe5OJqv80
>>109
もう猫飼うのやめて・・・と思ってしまった(´・ω・`)

111 :本当にあった怖い名無し:2008/11/28(金) 19:46:39 ID:AuEO5Mrq0
猫抜きの時に確実に自分が被害にあうんならまだしも・・・単に留守で面倒見きれず死んだのもいるんじゃねーの?
121 :本当にあった怖い名無し:2008/12/02(火) 01:50:54 ID:XOwkUJGHO
心霊的なものではないが。

母が子猫を拾ってきた。
段ボール箱の中で雨に打たれていたらしく、かなり弱っていたが、
病院に連れて行ったり必死で看病したら何とか元気になった。
普通の子猫と同じく走り回ってイタズラをするようになったが、
イタズラの標的は常に私の部屋のヌイグルミ。
それもいくつかある中で、昔の友人から誕生日に貰った手作りテディベアだけを執拗に攻撃する。
誕生日プレゼントだし手作りだしで大事にしていた物なので、壊されちゃかなわんと押し入れにしまった。
しかし、ある日帰宅すると、押し入れの襖がボロボロになっていて、
テディベアがその隙間から引っ張り出されて襖と同じくボロボロに。
さすがにキレて猫をとっちめようとした時、ボロボロのテディベアの綿の中に、何か入っている事に気付いた。
ほじくり出してみると、それは二つ折りのノートの切れ端みたいな紙で、開くと

死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね

って小さな文字でびっしり。
更には髪の毛と爪みたいなものも出て来た。
鳥肌立って、即全部捨てた。
それから猫のイタズラはぱったりと止んだ。

また、弟が牛乳を飲もうとした際、執拗に弟に飛び掛かった事もある。
弟は猫を無視して牛乳を飲んだが、変な味がすると言ってすぐ吐き出した。
牛乳の賞味期限がとっくに切れていた為だった。
壁のカレンダーが落ちて画鋲が行方不明になった時も、スリッパの中に転がり込んでいたのを前足で掻き出して見付けてくれた。

家族を守ってくれているんだろうか、と勝手に思っている。


122 :本当にあった怖い名無し:2008/12/02(火) 02:18:50 ID:bApumInb0
>>121
>昔の友人から誕生日に貰った手作りテディベアだけを執拗に攻撃する。
昔の友人とどういう関係だったのか、今現在どういう関係なのかが気になる。
あんた、テディベアくれた友人からどんな恨み買う事してたんだよ?
自分で気にならんの?

123 :121:2008/12/02(火) 10:17:41 ID:XOwkUJGHO
>>122

今はお互い引っ越して疎遠になっている。連絡先もわからん。
何かしたか?と考えても、恨まれるような事をした覚えは無い。
だから何故そんなものが入ってたのか全くわからない。だから尚更怖かった。

124 :本当にあった怖い名無し:2008/12/02(火) 10:37:31 ID:N4CLTCdsO
>>123
嫉妬とか逆恨みかも知れんね。
そゆのは対処の仕方がないよね。
怖いな。。。

125 :本当にあった怖い名無し:2008/12/02(火) 10:39:05 ID:hz1rwVUE0
猫よりその人間関係が気になるw

126 :本当にあった怖い名無し:2008/12/02(火) 10:40:19 ID:N4CLTCdsO
>>124書き忘れ


猫ちゃんもお宅で大事にされてるから、恩返ししてるのかな。
これからも仲良くね。

146 :1/4:2008/12/04(木) 16:27:00 ID:146x+NdE0
長くなっちゃったから分ける。

犬の話というかなんというか・・・。
まぁ、とりあえず聞いてくれ。


前置き。
オレの実家はミニチュアダックス飼ってるんだ。
2年位前にもらってきた犬で、現在5歳。
今年のGWくらいから歩く時に様子がおかしくなって、医者に見てもらったら、椎間板ヘルニアだったらしい。
その後、どんどん悪化して歩けなくなって、シッコもウンコも垂れ流しのオムツ状態だった。
医者には、手術しか直す方法はないって言われたらしい。


147 :2/4:2008/12/04(木) 16:27:22 ID:146x+NdE0
ここから本題。
オレは今年6月に結婚したんで家を出たんだけど、お盆に嫁と帰省した。
ウチの犬はオレのオカン以外に懐いてなくて、一番かわいがってた俺にさえ吠えるような馬鹿犬。
だけど、いつもなぜか、嫁には吠えないんだよ。
実家の茶の間でみんなでお茶を飲んでた時、嫁の膝の上でおとなしくなでられてる犬を見ながら、
「ウチって家族みんな犬好きなのに、犬が長生きしないのよねー。」
と、オカンが言った。
言われてみれば、俺がガキの頃から結構犬を飼ったけど、5年以上生きた記憶が無い。

すると、嫁がポツリと呟いた。
「キツネ・・・。この家、お稲荷さん奉ってたりしない?」
「お稲荷さん?あ、そういえば蔵の裏にあるぞ・・・。」と、親父。
「お稲荷さんがどうかしたの?」って嫁に聞いてみたら、
「きちんと、お奉りしてる?お掃除したり、毎日お水あげたり・・・」
すると、オカンが青ざめて、
「おばあちゃん亡くなってから、ほとんどしてないワ!」
嫁がやっぱりなって顔してるんで、何かあるのか聞いてみた。すると、
「うーん、何ていうか、お稲荷さんって、きちんとお奉りしてればご利益あるんだけどね、
世話を怠るとあんま良くないよ。祟るって言うか・・・、特に、犬とキツネって仲悪いからさ・・・。
まぁ、信じなくてもいいけどね。お稲荷さんは大事にしたほうがいいよ。」
って言うんだ。

148 :3/4:2008/12/04(木) 16:28:10 ID:146x+NdE0
慌てて親父とオカンとオレで、暑い中、お稲荷さん見に行ったわけ。
そしたら、お稲荷さん、ひどい事になってたんだ。
まず、草ボウボウで近寄れない。
草をきれいにしてお社まで行くと、
台風かなんかで倒れた木の枝が屋根の上にのっかってたり、
捧げ物用のお茶碗は割れて落っこちてる。
いつから掃除してないのか聞いたら、
オレの祖母さん死んでからって言ってたから、
かれこれ20年くらいほっといた計算になる。

とりあえず、キレイにして、
お水と油揚げと、日本酒がなかったんで焼酎あげといた。
これで犬が調子よくなったら、怖いねって笑ってたんだ、そのときは。

149 :4/4:2008/12/04(木) 16:28:50 ID:146x+NdE0
そして昨日、正月に帰省するよって、実家に電話したんだ。
なんとなく気になって、犬はどうしたか聞いてみた。
そしたら、直っちゃったって言うんだよw
親父もオカンも、嫁が言ってた「お稲荷さんを大事に」ってのが気になって、
あれから毎日欠かさず水を取り替えて、月初めにはお酒と油揚げをあげてたらしい。
一ヶ月くらい続けてたら、いつの間にか立てるようになって、
ヒョコヒョコ歩くようになって、トイレもいけるようになって、
今では、散歩も行ってると言っていた。

さらに、怖いと言うか、不思議なのが、
犬が長生きしなくなったのって、
お稲荷さんの世話をしなくなってかららしい。
親父が言うには、昔飼ってた犬は10年以上は生きてたって。

そしてもっと怖いのは、嫁。
今まで付き合ってて、霊感あるとかそんな話聞いたことなかったし、
若い頃、友達と肝試し行った時もそんな素振りなかったし。
なんでお稲荷さんってわかったんだ?って聞いてみたら、
「人間じゃないからね」と、サラッと言われたw
怖くないのかって聞いてみたら、
「生きてる人間が一番怖いよ」だって。

オレは、いろんな意味で嫁が怖いw

150 :本当にあった怖い名無し:2008/12/04(木) 16:40:02 ID:8s3am/6/0
>>146
犬の病気が良くなってよかったね。

霊感あっていろいろ見えても、気持ち悪がられたり、痛い人扱いされるから
わざわざいわない人もいるよ。
あとは、特に害がないものは変に怖がらせないためにあえていわないとか。
>>146の嫁さんもそうなんでは?

151 :本当にあった怖い名無し:2008/12/04(木) 19:20:51 ID:oGsTKm010
>>146
ほ~~~。
お稲荷さんって本当に凄いね;
犬と狐が仲悪いというのも今更ながらにほ~~~。
ちゃんと奉っていれば、犬長生きするだけでなく、
家運向上、に繋がると思う。宝くじ当たるかもよww

うちはお稲荷さんも何もなく
ただ昔の家に神棚があったにはあったけど、
ダラなうちのおかんは掃除もせずにほったらかしてた。
そのうち、昔の飼い猫が神棚に上って昼寝するようになったw
子供の私が踏み台を使ってのぞくと、猫は埃だらけになった酒器やら何やら足で蹴り倒して
(いや元から倒れてたかもだけど)
平気で寝てた。
そう言えば、あれから父親の事業傾いていったなあ…
その時の猫も、荒れた父親に引越しの時に勝手に捨てられてしまったよ(泣)

今の家は神棚も何も無い無宗教状態だからか、
まもなく18歳を迎える猫はのんびりしてる。
たまに迷い込んだ霊?を追い出すのにギャン鳴きして、
飼い主を護ってくれてるらしいのには感謝してるよ。


156 :本当にあった怖い名無し:2008/12/05(金) 00:03:44 ID:8s3am/6/0
>>146
ペットの不思議な話っていうより、お稲荷さんの不思議な話じゃん。と一瞬思ったけど、
>>146家にふりかかるはずだった災難を犬が身代わりに受けてたと考えると不思議だね・・・
何より犬が元気になって良かった、良かった!!

自分の家はお稲荷さんないけど、友達の家で火の気のないところからボヤ騒ぎが何度かあったらしい。
不思議に思ってそういう力のある人に見てもらったら、やっぱりお稲荷さんを粗末に扱ってたそうだ。
器?にヒビが入っていたらしく、新しい物に変えてきちんとしたらそれ以降は大丈夫だったと。
お稲荷さんは粗末にすると怖いらしいね。

157 :本当にあった怖い名無し:2008/12/05(金) 01:09:58 ID:RiaBHRCHO
不思議じゃないかもしれないけど犬ってなんで飼い主の帰りが分かるんだっけ?
何かの記事で読んだけど忘れた。親父が帰る前、外のほう向いて耳すまして鼻ヒクヒクさせてる。
帰る時間とかまちまちだし、外を気にしだす時間からしてまだ遠くにいるはずなんだけど。

158 :本当にあった怖い名無し:2008/12/05(金) 01:24:29 ID:yJxcoBfM0
お稲荷さんだけじゃなく、
生きとし生けるものすべてをお粗末にするものには
いずれ罰が当たるものなんじゃないかな。
お稲荷さんは既に神上がりだから、そりゃテキメンに罰が当たるって事で。
ペットだって大事にしてたら飼い主の守り神になってくれる。
>>146の犬は身代わりになってくれてたのかもしれないけど
その分元気になった今は可愛がってあげて欲しい!

ペットも人間も物も、すべてを大切にしない人間はろくな人生歩めないもの。
人間なんて、自分ひとりの力で生きてるんじゃなく
何某かのお蔭様に支えられて生きてるものなんだからさ。
混迷してる現代だけに今一度、見えない「お蔭様」のことを振り返って考える時なのかもね。


>>146
宝くじ買って当たったら報告しておくれw

159 :本当にあった怖い名無し:2008/12/05(金) 01:43:43 ID:yJxcoBfM0
>>157
う~ん 不思議だけど犬猫ってやっぱり超能力?があるように思う。
てか、
犬猫ペットって人間とは物理的音声による言葉より
イメージでのテレパシー?で会話してると思うから。

>>157のおとんが家をイメージして帰る頃、
犬もおとんの帰宅イメージを受けて待ち構えてるんじゃなかろうか。
うちの猫も同じように帰宅時間の違う旦那をわりと察知して待ち構えてる。

なんでこう思うようになったかと言うと
うちの猫、ラキサトーンって言う毛玉の薬(チューブの飴?みたいな舐めるヤツ)が大好きなんだけど
それをあげる時間も不規則で、しかも猫爆睡中、猫に見えない場所からでも
ラキあげようと思って手に取るといつも 
ニャ~ン!♪(ラキ舐めるよ!♪)
って鳴くんだよねw
見えない場所から、しかも結構な勢いで爆睡してても
ラキをあげようと思って手に取ると
(どんなにコソッもとやっても)必ず起きるw
テレパシーって普通に通じるんだと思ってるよw



160 :本当にあった怖い名無し:2008/12/05(金) 02:03:03 ID:RiaBHRCHO
>>159
猫さんもあるんですね!すごい!飼ったことないから分からないけど、まったり待ってるのかと思ってたw
イメージを受け取る…まさしくそんな感じですね!自分のときもソワソワしててほしいけどそれはないみたい…orz
強く念じてみようかなー

161 :本当にあった怖い名無し:2008/12/05(金) 08:10:39 ID:Sxn65hy/O
テレパシーってか単に匂ってるだけじゃん
自分も夕飯がカレーだってわかるよ。テレパシーで

162 :本当にあった怖い名無し:2008/12/05(金) 09:28:52 ID:yJxcoBfM0
>>161
オートロックの高層マンソンに住んでいて
下歩いてる人間の匂いが解るぬこがいたら私ゃ騒ぐよそりゃ大騒ぎw

163 :本当にあった怖い名無し:2008/12/05(金) 16:20:58 ID:RiaBHRCHO
>>161
匂いで分かってるなら、うちの犬はすんげー優秀な警察犬になれそうだw
数十キロ先の親父の匂いが分かるからw
夕飯のおかずとかは親子ならではのテレパシー。それはよくある話。

164 :本当にあった怖い名無し:2008/12/05(金) 16:38:27 ID:2Xm8phgq0
カレー嫌いなので
一度もわかった事無いや

165 :本当にあった怖い名無し:2008/12/05(金) 22:26:08 ID:DDGeQZDO0
うーむ、やはりお稲荷様なんて厄介なものはハナから祀らない方がいいんだな。
人間のことだ、結局いつかは疎かにするに決まってるんだし。何も信じず何でも否定して生きていこう。

166 :本当にあった怖い名無し:2008/12/06(土) 01:53:47 ID:LzfrV8k80

なら何故オカルト板にいるんだw

167 :本当にあった怖い名無し:2008/12/06(土) 02:13:56 ID:Ql4sD0nGO
うちの犬も、父や私が仕事から帰る5分前から玄関に座ってソワソワしてたなぁ。

175 :本当にあった怖い名無し:2008/12/07(日) 21:34:34 ID:fYGYOKkTO
彼氏が出来た日に犬の体調が悪くなった。彼氏に抱かれた日に病院で心臓停止。けど彼氏と引き換えに命を救ってほしいと願ったら生き返った。彼氏にフラレ神社で彼氏との復縁を願うとその日に犬が呼吸停止と心臓停止。数年後復縁をした日に犬が死んだ。

176 :本当にあった怖い名無し:2008/12/07(日) 21:36:41 ID:hdxVfvGRO
犬が彼氏に嫉妬したんだ

177 :本当にあった怖い名無し:2008/12/07(日) 22:30:41 ID:V6TOWhvp0
犬必死だな
コメントの投稿







管理者にだけ表示を許可する
他サイト様更新情報
このブログについて

ネタ、お勧めスレッド紹介等
大歓迎です

このブログについて

初代TOP絵いただきました
Lithiumさんのサイト


10 | 2019/11 | 12
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新記事
カテゴリ