FC2ブログ

2ちゃんねるオカルト板まとめ

オカルト板をメインにまとめています

ヘッドライン
オワタあんてな\(^o^)/まとめサイト速報+ショボンあんてな(`・ω・´)

怖い話@生活版Part16 

怖い話@生活版Part16
怖い話@生活版


50 :おさかなくわえた名無しさん :2009/07/01(水) 12:04:03 ID:1WNZAXdj
ウチの親戚が昔浜辺でオルガン拾った(笑)。
この時点で何かよくわからないが、
その後車で事故、嫁大怪我、その娘顔に大怪我(後にそれを整形手術)。

そのオルガン拾ってからウンタラでカンタラで、
とほかにも色々、低い声で話してるのを聞いた。


52 :おさかなくわえた名無しさん :2009/07/02(木) 07:22:03 ID:qpVVisvE
大阪の中心地での出来事(実話)
ローソンで深夜バイトしていたところ、向かいの外でおばあさんが何やらウロウロしている様子。

店長とその様子を見ていたのだけれど、そのおばあさんはついにローソン店内に入ってきて

「ゴメンやけど、おじいさんを向かいのビルの家まで運んでほしい」と。

店長に促されて、渋々了解したものの、その初老の男性は足に血が通ってないみたく、ガリガリで真っ青の不随の下半身をしていて、視線は全く違う方へ向いていた。

腰痛持ちだが、それにも関わらず、全く力が入っていないそのおじいさんを四階の部屋に運んで、おばあさんに礼を言われて心地よくその日は帰った。

そして三日ほどして、久しぶりにローソンへ出勤したのだが…

あの向かいのビルは囲いで覆われていて、無くなっている。

店長に話を聞くとそのビルは、その男性を運んだ日に火災を起こし、あっという間に焼失したそうな。

しかも、その火災による犠牲者は一人。


その男性だった。


62 :おさかなくわえた名無しさん :2009/07/03(金) 06:54:41 ID:U9ZNHhOD
この前ハチ公前で知り合いを待ってたら太っててへそが見えそうなシャツを来た変なおっさんに何度も接近された。
最初は邪魔なのかな、って思って退いてもくっついてくる。そしてふと離れてまたくっついてくる。
その人も人を待ってるかと思ったけど、それにしてもじっと私の方を見るし怖かった。


63 :おさかなくわえた名無しさん:2009/07/03(金) 07:09:46 ID:VpXqFVQn
出会い系で待ち合わせのゲイの人だったんじゃない?
俺なんか、深夜の公園で間違えられて声かけられた事がある。
家に帰ってネットで調べたら、結構有名なハッテンバだったw
それ以来、もう男の人が怖くなっちゃって・・・


67 : おさかなくわえた名無しさん :2009/07/03(金) 15:50:27 ID:lEWLmrT9
俺も上野のセンタービル(だっけ?)のトイレに入って用を足そうとしたら、中年の男が隣に来た。用を足してる俺のブツをチラチラ見出して終いにはガン見してきた。






上野にはハッテン場のトイレが有ると聞いた事が有ったのでピンときた。途中で個室からもオッサンが出てきたのでガクブルだった。用を済まして走って逃げたのは言うまでも無い。


41 :おさかなくわえた名無しさん :2009/06/30(火) 01:05:19 ID:qHTcuMX4
小学生の時、いつものようにばあちゃんの部屋で寝てたら、真夜中お母さんに起こされた
母「すぐ起きて居間にきんしゃい!」
おい「なんでね?」
母「よかけん。はよこんばよ」
おい「うーん。わかった」
返事はしたものの二度寝した
そしたらお母さんがやって来て無理やり抱き抱えられて外へ
近所の家が火事で野次馬見物するためだった
近所の同級生の女も来てた
俺は下にはブリーフしか着ていなかった
べつにどうでもいい

68 :おさかなくわえた名無しさん :2009/07/03(金) 16:20:12 ID:wbZJcwrW
その日Aさんは、マンションに住む友人の家へ遊びに行くことになっていた。
友人の部屋は12階、そのマンションの最上階であった。
階段で上るのはしんどいので、エレベーターに乗り込んで、12階のボタンを押す。
エレベーターには、他には誰も乗っていなかった。
「12階か、長いなあ。」
なんて思っていると、不意に2階でドアが開いた。しかしそこには誰もいない。
「誰かが押したのかな。」
気にせずにドアを閉めるも、3階でまたドアが開く。
4階でも、その上の階でも、そのまた上の階でも、途中すべての階でドアが開く。
さすがに気味が悪くなったものの、階段で上るのは億劫で乗り続けて11階。
「やっと次で降りれる・・・」
早く降りたい気持ちを抑えながらも、ようやく12階へついたその瞬間、
「ビーーーーーー」
けたたましい音で重量オーバーの警告音が鳴り、驚きと恐怖でAさんはエレベーターを飛び出し、友人の部屋へ駆け込んだ。
そのエレベーターの定員は11人。
一階ごとに「誰か」が乗り込んでいたのであろうか・・・


99 :おさかなくわえた名無しさん :2009/07/09(木) 10:52:53 ID:YFNgOrrm
買い物で自転車の後部席に乗せてた娘5歳。
帰り道、人気の少ない墓地の横の道を通るとき、
「あんなところにおじさんがいるよ」
というので、娘の見てる方を見るが、墓石しか見えない。全方向見ても、誰もいない。
子供には「見える」っていうけど、気味悪いなあ、と、「はいはい」って感じであしらって帰った。
娘は帰宅後、家の前で一人で小一時間遊んでいたんだが、
夕食の時、
「さっきのおじさんがね、行ったり来たりしてたよ」
って、ガクブル。


125 :おさかなくわえた名無しさん:2009/07/13(月) 19:32:29 ID:rTlLOICD
就職で初めて一人暮らしを始めた頃、
慣れない生活のせいか、どうもいつもダルくて辛かった。
寝ても熟睡できてないのか、目覚めた時に寝る前よりも疲れてる感じ。
ある日どうしても起きれなくて、体調不良という事で仕事を休んで寝てたんだけど、ドアの外で野良猫がンァーンァー鳴いててうるさくて眠れない。
その猫は引っ越しした当初からアパートの周りをウロウロしていて、俺が部屋のドアを開けるとすぐ入って来ようとしたりしてた。
多分、前の住人が置き去りにしたんだと思ってたけど、もともとペット飼っちゃいけないアパートだし、猫飼ったことなくて怖いから無視してた。
で、眠くて辛いのにうるさくてしょうがないから、ハムでもやれば大人しくなるかなと思ってハム持ってドア開けたら、スルッと凄い勢いで部屋に入ってきて俺の布団の枕の上にゴロンとなってしまった。
窓全開にしてシッシッとしたり、新聞紙丸めてツンツンしたり、怒鳴ってみたりしたけど全く動かない。
猫の追い出し方とかネットで相談したり掴み方調べたりして、結局そのまま夕方になっちゃって、俺は夕飯と砂と餌買いにスーパーに行く事になってしまった。
よく休めなかったけど仕事をしなかったからか、体は随分楽になった。
翌日から家事と仕事に加えて猫の世話までする羽目になり、忙しくて大変だったけど、体が慣れてきたのか随分楽に仕事も家事もできるようになった。
猫は相変わらずいつも俺の枕の上に座っていた。
ある日、親友が遊びに来て部屋で茶を飲みながら「最近顔色がいいんじゃないか?」とか言われていたんだが、突然、猫を見て呆然としていた。
「みんな猫に一礼して通って行く…」と。


126 :おさかなくわえた名無しさん:2009/07/13(月) 19:34:18 ID:rTlLOICD
実は友人はとても霊感が強くて、この部屋が霊の通り道になってるのを知っていたんだけど、
俺は霊感が全くないタイプだから大丈夫だろうと、特に言わないでおいて、様子が悪いようなら忠告しようと思って来たらしい。
猫はいつも通り枕に座って半目開けてじっとしているんだけど、友人が言うには、霊が必ず猫の前で立ち止まって頭を下げて回り道していくと言う。
猫が居なければ、霊は布団の上を歩いていく事になり、俺は毎晩ずっと霊に踏みつけられてた事になる。
なんだかよく分からないけれど、そんな事を言われて気持ちがいい分けもなく、
金が貯まり次第、ペット可物件に引っ越しした。
猫は至って普通で、昨日も俺の上で寝ていたせいで体がバキバキになってしまった。


136 :おさかなくわえた名無しさん :2009/07/14(火) 03:56:44 ID:bjscwx5g
霊に踏まれる生活から、猫の専属マットレスへ…
イイハナシダナー(´;ω;`)イイハナシダナー
ペットの小動物が番犬になるってたまに怖い本であるね


163 :おさかなくわえた名無しさん :2009/07/16(木) 10:10:39 ID:O7riSxC/
弟の話

突然の腹痛に襲われトイレを探すが、周りには公園すらない状態。

でも突然の嵐程、激痛と栓の緩みは果てしなく襲って来る訳で、

仕方なく誰も居ない事を確認して、駐車場の奥まで到着

車の後だし、夜だし安心して、とりあえず生き地獄からの解放…………



一部終始をしっかり見届けたのであろう、前の車発進…


弟は切なく顔を隠したらしいが、後の祭り(笑)


165 :おさかなくわえた名無しさん :2009/07/16(木) 14:12:10 ID:ejPgR+Vi
>>163
いやでも、車どかすと通りから丸見えと思って待っててくれたの
かもしれない。

パンツ上げる前に発射してたら意味ないけどw


169 :おさかなくわえた名無しさん :2009/07/16(木) 18:09:10 ID:wIYjWweZ
家の近所の道で、いきなり変な道の訊ねられ方をする。(私は何処に行けば良いのでしょうか?とか、私の家は何処ですか?等)
その後、家の近所で葬式をやっていることに気づく
さっき道を訊ねてきた人の葬式だった
こういう経験された方いらっしゃいますか


173 :おさかなくわえた名無しさん:2009/07/16(木) 22:20:48 ID:MJmX5oMA
幼児の時、一人で外で遊んでたら、知らない車が私の横に停まり、運転していたやはり知らないオッサンが
「君のお母さんが病院に運ばれた、自分は頼まれて迎えに来た者だから、早く乗って!」
みたいな事を言われた。
実際にうちの母が病気がちだったのと、当時の私は頭が弱かったのとで信じて乗ってしまった。

が、車が走り出して五分後くらいに、たまたま犬の散歩中の母を道端で発見。
私が
「あれっ?お母さん!」
と口走ると、オッサンは急に焦りだし、車をとめて私を路上に放り出して走り去っていった。

母に話して警察に行き、犯人はちゃんと捕まったんだが、
あの時母が犬の散歩をしてなかったら……と思うとゾッとする。


180 :おさかなくわえた名無しさん :2009/07/17(金) 03:10:34 ID:gMcCNexj
>>173見て思い出した。

幼稚園の頃、中学生くらいの女の子(下校中?のジャージ姿)二人に「お母さんが病院に運ばれたから連れてってあげる」と言われた。
心配なのと不安なので信じそうになったけど、知らない人についてっちゃダメって教えられてたから断った。
そしたら手のひらにお菓子出して「お菓子あげるからおいで」って中学生。
そこで怖くなってただ断って走って帰ったけど、あれは何だったんだろう。
変なおじさんとかならまだ分かるけど。

家帰ったらいつも通りのお母さんが晩ご飯作ってて安心した。


183 :おさかなくわえた名無しさん :2009/07/17(金) 10:06:08 ID:mODEB1zG
ここ見て思い出した。
小さい頃母と徒歩で買い物に出た。
母は妊娠してたから歩くのがゆっくりだった。せっかちな私は一人で先へ歩いていって角を曲がると母は見えなくなった。
すると後ろから来た車からおじさんがドアを開けて「道教えて。乗って」と腕を掴んできた。
そこで母が追い付いてきて慌てて「何してるの!」と言うと、おじさんはいや道を~とか言いながら去った。
私は教えてあげたのにと母に怒ったが、今考えると誘拐未遂やがな。


184 :おさかなくわえた名無しさん:2009/07/17(金) 10:56:48 ID:sKCJgmEr
私も便乗してひとつ。

小学校高学年の頃、学校帰りに校門を出たところで、
車に乗ったおばさんに、
「○○に行きたいんだけど」と言われ、
車に乗るように手を引かれた。
○○は父が経営していた会社で、自宅のとなりだったけど、
当時人見知りが激しくて、他人の車に乗るのが嫌だったので、
詳しく道順を教えて行ってもらった。
数分後、学校を休んだ子にプリントを届けるために、
いつもと違う道を歩いていたら、さっきの車が寄ってきて、
「いま行ってきたのありがとう。助かったわ」と少し怖い顔で言われた。
うちの地元は田んぼ道や一方通行が多く、
その数分でうちに行って用事を済ませられるはずかなかった。
ちょっと怪しいと思って逃げるように走って帰った。
その後父に聞いても、そんな客はなかったと言われ、
誘拐だったのかな?と怖くなった。


190 :おさかなくわえた名無しさん:2009/07/17(金) 23:20:08 ID:PL1cPFy1
>>173みて思い出した。

というか、途中までまさに私。理由も同じ。
違いは車ではなく原付(カブ)の後ろに乗せられて、5分後くらいに二人乗りだったためで職質にあい
犯人は山に逃げこんだがすぐ捕まった。その間私はやっと怖くなり通りがかりの民家でギャン泣き。
交番ではなく街の警察に連れられ親も呼ばれ、母印や調書などをとられてやっと誘拐だと気づいた。
新聞に載ったため翌日1日ヒーローだった。

今でも幼い子の誘拐のニュースは自分のことのように怖い。
トラウマってことはないけれど。


191 :おさかなくわえた名無しさん :2009/07/17(金) 23:27:49 ID:Y6gIjIkS
客が誰も乗っていないのに楽しげに話しながら「割増」表示で走っているタクシーを見た


192 :おさかなくわえた名無しさん :2009/07/17(金) 23:30:59 ID:Q0GxCN10
乗客が見えないのは>>191だけだよ・・・

と怖がらせてみるw


200 :おさかなくわえた名無しさん :2009/07/18(土) 12:56:26 ID:hp2t1fiM
道歩いてたら後ろでドンって鈍い音、ギャッて変な声と車が走り去る音が聞こえた

振り向いたら猫がトランポリンで飛んでるみたいに同じ場所にビタンビタン跳ね回っていた

なんかこわくなって逃げた
自分ひでえ。そのあと猫がどうなったかわからない

かなり前の話だがなんか罪悪感


204 :おさかなくわえた名無しさん:2009/07/18(土) 19:20:16 ID:Jpeugoi1
私が中学3年の時。
夏休み前だったかな、先の部が体育館を使用していたので、私達は教室で待機していました。
その時、誰かが『こっくりさんやろや』と言いました。
私は多少なりとも霊感があったので断り、10人くらいの男女(10円を持ってたのは4人)で教室を締め切りしていました。
私は廊下に居たので何も知らず他の子と喋っていたら、突然叫び声が聞こえ教室から女子が逃げて行きました。
残っていた男子に聞いたら10円が勝手に動き『こ ろ せ』と動いたそうです。
誰も10円に触らないし、紙も破らないので私が処理したんですが…事件は夏休みも終わりの時、起こりました。
こっくりさんをしていた1人(男)が父親を殴り殺したんです。
3年生は学校に呼ばれ学年会議として、その事を知らされました。
こっくりさんをしていたメンバーは先生に問い詰めました。すると先生は
『帰ってきて玄関で親父さん見た瞬間殴ったんやと。事情聴取では『分からん。殺さなアカンと思った』言うてるらしいわ』
【殺す】ではなく【殺せ】と言ったこっくりさん…
これはやはりこっくりさんの呪いなんでしょうか…?


232 :おさかなくわえた名無しさん :2009/07/20(月) 22:27:09 ID:wCn+GcDS
夏の出来事。
学生だった俺達は、夏休みに男5人でキャンプに行こうってことになった。
ワンボックスカーで**県の山に向かった。
酒を飲んで騒ぐことが目的だったので、周りに他のキャンプ客のいない(当然民家も無い)山奥の河原にテントを張った。
誰に気を使うことなく、BBQを食いながらビールとワインを飲んでドンチャン騒ぎをした。
俺達の声以外には、川の音と虫の鳴き声しか聞こえない。
深夜になるとみんな酔っ払って、誰からともなくテントで寝だした。
俺も寝ようとテントに入ったんだけど、山の夜は寒くて寒くて寝れたもんじゃなかった。
俺はテントで寝るのをあきらめて、車で寝ることにした。
車の後部座席をフルフラットにして毛布をかぶって寝ていると、後部座席のドアを外からコンコンって誰かがノックした。
俺は「テントで寝ていて寒くなった誰かが避難してきたな」と思いながら、スライドドアをガララと開けた。
その瞬間、幼稚園児ぐらいの男の子が車内に入ってきた。
「!!」
車内に入ってきた男の子は後部座席から運転席に行き、シートに立って、オモチャの車で遊ぶようにハンドルを動かしている。
こんな山奥にこんな小さな子供がいるわけない!
俺はハッチバックを内側から開けて外に転がり出て、裸足で河原まで走って行き、テントで寝ていた4人を叩き起こし、今起こった事を半泣きで説明した。
「寝ぼけてたんじゃないのか?」
と1人の友人が言ったとき、
ビーーーーーーーッ!!ビビーーーーーーーーッ!
と俺達の車のクラクションが鳴った。
「…これはやばいな」
震えた声で1人がそう言った。
俺達はテントで夜が明けるのを無言で待った。
クラクションが鳴ったのはその2回だけだった。
30分ぐらい経った頃、イライラしだした1人の友人が、
「幽霊かナニか知らないけど、こーゆーときは弱気になったらダメなんじゃね? 子供なんだろ? 『どこか行け!!』って怒鳴ったら消えるんじゃないか?」
と言い出した。
そのとき、テントの入り口から男の子がヌッと中に入ってきて、
「お前たちがどこか行け」
と無表情で言った。そこから記憶が無い。気付くと朝になっていた。
逃げるようにその場所を離れた。


254 :おさかなくわえた名無しさん :2009/07/23(木) 18:50:57 ID:urVHGU7N
Aさんが親戚のおじさんの所に遊びにいったとき、おじさんから奇妙な話を聞いたという。
その話とはおじさんが部屋で眠っていると不意に変な気配を感じ、目をおそるおそる開くと枕元に全身真っ黒でぼやけた感じの何者かが立っていて、男とも女ともつかない声で「お前は今日事故で死ぬ、だから迎えに来た」と言ったという。
おじさんは「待ってくれ、せめて子の顔ぐらいみてみたい!頼む!」と必死に何度も何度も懇願した。
黒い者は「なら、子が生まれしだいお前を迎えに来る」と言い残し、消えてしまった。
と言う話だった。
そして、数ヶ月後おじさんは亡くなった。妻が流産し、それが原因でショックをうけ死んでしまったのだ。
その家には今でもおじさんの魂、幽霊が徘徊しているという。
あの黒い者とおじさんとの約束は「子が生まれ次第迎えに来る」ということだったが、子は流産し、生まれる事はなかった。しかし、おじさんは死んでしまった。
もしかすると、黒い者は死に神で、黒い者は約束を守り、おじさんを迎えに来ることはなくなった。
そのため、おじさんは成仏する事が出来ず、ずっと現世をさまよい続けている、という事だろうか・・・


256 :おさかなくわえた名無しさん :2009/07/23(木) 19:24:47 ID:XHdgUA1F
子供にあいたい一心で、その精神力で生きながらえていたのだが、
ついに嫁の流産で人生を諦めた、ということかな


257 :おさかなくわえた名無しさん :2009/07/23(木) 19:38:32 ID:meThQMUF
淀川長治・・・って知ってる?

あいつが、いや、あの人が母親の死に目に会ったときの話。
年末に母親が危篤になって医者にももうダメだろうと
言われた時、親戚が一同に集まった部屋で淀川がふと気付いた。

和室の部屋の隅に黒っぽい服装の人が片膝付いて俯いているのを。
それは影のように薄く向こうが透けて見え、部屋の他の人は誰も
気付いていない。
その黒っぽい影人はいかにも「お迎えに参りました」
というように片膝ついてかしこまっている。
淀川は直感で「これは母親を迎えに来たんだ!」
と思った。
そこで必死になって心の中で念じた。
「母親を年が明けるまで命を延ばしてくれ延ばしてくれ。
それが出来るなら俺の命をその分削っても良い」
何度も念じているうちにいつの間にか黒い影はいなくなった。

翌日から母親の容態は見る見るうちに良くなり、
年が明けた2月に母親は亡くなった。


290 :おさかなくわえた名無しさん :2009/07/24(金) 20:04:42 ID:uayLvtms
会社の先輩Aさんに聞いた話。
Aさんが帰宅するため、夜の九時頃電車に乗り、座れる場所がないかとキョロキョロあたりを見渡すと、隅の方に空いてる席をを発見した。
その隣には、鈴木京香似の美人が文庫本を読みながら座っていた。
Aさんは、彼女の隣に腰を下ろしながら、
『おお、美人だ!美人はどんな本読んでんだろ?』
と思いつつ、彼女の手元をチラリと見た。彼女の、マニキュアがほどこされたスラリと長い親指の上に、黒の太いマジックで
「サブリミナル」
と書かれてあった。
左手の親指の上にも同じく
「サブリミナル」
と書かれてあった。
Aさんは、
『…変な人だな』
と、思わず彼女の顔を見てしまった。
彼女は、顎はずれるんじゃないかと思うほど大口を空けて、Aさんをみつめていたそうだ。
と、きゅうに唇をタコのように突き出し、声になっていない声で
「ぶ」
と言った。
今度は唇を大きく横に開いて
「り」
また唇を突きだし
「み」
そのひとつひとつが異常にオーバーアクションだったそうだ。
Aさんは、脅えつつもその後「な」と「る」がくるのかと待っていたが、彼女
は「み」まで言うと、何事もなかったように、また文庫本を読み始めた。


300 :おさかなくわえた名無しさん :2009/07/25(土) 00:18:01 ID:TZXRtfOQ
電車で隣に女性が座って何気なく足元から横目で見ちゃうじゃん。
「綺麗な足してんな」
と思いながらふと視線を上げると隣の女が凄い形相で
俺の顔を睨んでいた。
それも顔が目の前。
背筋が凍るというのを初めて経験したよ。
>>290でなぜかそれを思い出した。



298 :おさかなくわえた名無しさん :2009/07/24(金) 22:46:42 ID:1oMGJuZx
俺が中学の時、隣町にある銭湯に、友達とよく行っていた。
ほぼ、毎日その銭湯に行ってたんだが、ある日
なぜか行きたくなくて、友達に「今日は風呂屋行くのやめとくよ」と
言った。友達も行かなかった。
なんとその日、通り魔が現れて、たまたまその銭湯に
行こうとした女の子が、その通り魔に追い掛けられ、
女湯の入り口までさしかかった時、背中を切られ亡くなったとか。
もし、俺が銭湯に行ってたら、時間帯は同じ頃だったので、
俺が切られてたかも…。

亡くなった女の子のご冥福をお祈りします。


303 :おさかなくわえた名無しさん :2009/07/25(土) 02:57:02 ID:DcVyL3cT
知り合いの女性の学生時代、
同級生が予定していた飛行機に乗り遅れ、その夏は帰省を諦めた。
その飛行機が日本航空123便。
「あんた命拾いしたねぇ」などと電話で話してたのも束の間、
2日くらい後に車に撥ねられ、意識不明のまま3週間ほどで亡くなった。
事故に遭ったのはアパートの近くの交差点。
予定通り帰省できていれば、その日その瞬間に彼女がそこにいることもなかった。
友人を不幸な事故で亡くした悲しみと同時に、
「死神が辻褄合わせたみたいで怖い」と、他の同級生と話したそうだ。


308 :おさかなくわえた名無しさん :2009/07/25(土) 10:22:28 ID:Ycy+zOLk

123便に乗り遅れる→命拾いしたと祝杯をあげる→酔っ払って風呂場で転倒→頭を打って死亡

こんなのもあった気がする。
[ 2009/11/05] 怖い話@生活版 | CM(7) | このエントリーを含むはてなブックマーク | はてなブックマーク - 怖い話@生活版Part16
>>63って、ハム速のスレでいた人かな?
深夜の公園で襲われたって人
[ 2009/11/06 10:53 ] [ 編集 ]
前に読んだマンガで、不幸なことがあると厄落としで捨てた人形を拾ったばかりに、人形に取り付いてた不幸を引き受けてしまうってのがあった。
人が死んだり不幸になったために不要になったものかもって思うと、使えそうなゴミでも拾うの怖いよなぁ。
[ 2009/11/06 12:17 ] [ 編集 ]
>>62こういうおっさん結構見るな
うっかり絡まれると基地行動に出る率高いから注意
[ 2009/11/06 14:29 ] [ 編集 ]
最後の話でファイナルディスティネーションを思い出した
[ 2009/11/06 18:17 ] [ 編集 ]
久しぶりに正当派の怖い話で嬉しいです
[ 2009/11/08 17:26 ] [ 編集 ]
生活板の話はレベル高いなぁ。オカ板は創作ばっかりなのに。
山の子供の話は山の神様だったのかな?夜中に大騒ぎってゴミもポイ捨てしてそうだし。
[ 2009/12/02 01:32 ] [ 編集 ]
>>2423
いやいやどうみても創作じゃんw
勿論それを楽しんでるわけだけど
[ 2010/04/26 16:01 ] [ 編集 ]
コメントの投稿







管理者にだけ表示を許可する
他サイト様更新情報
このブログについて

ネタ、お勧めスレッド紹介等
大歓迎です

このブログについて

初代TOP絵いただきました
Lithiumさんのサイト


01 | 2021/02 | 03
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 - - - - - -
最新記事
カテゴリ