FC2ブログ

2ちゃんねるオカルト板まとめ

オカルト板をメインにまとめています

ヘッドライン
オワタあんてな\(^o^)/まとめサイト速報+ショボンあんてな(`・ω・´)

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/--] スポンサー広告 | コメント(-)| このエントリーを含むはてなブックマーク | はてなブックマーク - スポンサーサイト

子供のころの変な記憶★その7 

子供のころの変な記憶★その7
7 :あなたのうしろに名無しさんが・・・ :03/07/21 16:41
最近になって母親から聞いた話(聞くまで私はまったく忘れていた)
小学校に上がるかどうかの頃。父の転勤で新しい社宅に越したばかりだった。
私は部屋で絵本などを読んでいたそうなのだが、いつの間にか部屋の隅に向かって
「うるさーい」とか「やめろー」とか言い出した。
母が「どうしたの?」と聞くと私は
「変な声がああしろ、こうしろと、ぼくに命令してくる」
と言ったそうで、それまでにそこでチョットした不思議体験を幾つかしていた母は
震え上がったとのコト…
そう言われてみると、当時は頭の中に色んな命令をしてくる「声」が居た覚えがある。



17 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/07/21 23:07
5歳までの記憶だと思うんだけど、夜中に目が覚めたら布団のすぐ横に置いてあるタンスに
よく晴れた空港の様子が映し出されてた。ANAの飛行機の尾翼の部分とかよく覚えてる。
なんでタンスに、それも空港の様子が投影されていたのか・・・不思議。



25 :あなたのうしろに名無しさんが・・・ :03/07/22 09:40
漏れが厨房の頃の話なんだが、
自転車を軽快に飛ばして学校からの帰宅中に、
あるカーブに差し掛かったところで急に自転車の前輪がロック!
前転しながら2m程吹っ飛んでしまった。
打撲と擦り傷を負いながら自転車をチェックしても何も異常は無く、
おかしいなぁ・・・と思いつつ倒れた所の傍の側溝を見ると、
朽ち果てた猫の死体があった。
・・・きっと気付いて欲しかったんだろうなぁ・・・



51 :あなたのうしろに名無しさんが・・・ :03/07/22 23:18
俺が幼稚園くらいだったとき、ある日の夜寝てたらなんか気配がした。
怖くなって起きて母親を起こそうと思ったら、母親の寝顔の左頬に
食虫植物みたいな口?がパクパクくちを開け閉めしてる。
んで、そのときは恐怖とかなくて「何だろう?」って感じで触ろうと思った。
そしたら母親が気づいて、「なにしてるん?」といわれたので、
「何もない」といって寝直した記憶がある・・・。
あれはなんだったんだろうと今でも思う。


59 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/07/23 22:48
小さい頃、病気で一時は命も危なかった時(もちろん命が
危なかった事は後で知った)、部屋の四隅に黒い人影が
一体ずつ見えた。

そもそも病気でも何でも無い折からいろんな黒い影は
そこらじゅうに居た。電柱や塀などの陰からこちらを
覗くように見ていて、こちらが影を見るとサッと隠れる様な
感じだった。上述の病気の時の黒い人影とは若干受ける
感触が違いましたが。



61 :あなたのうしろに名無しさんが・・・ :03/07/24 11:46
>>59
昔、そんな話を聞いたなぁ。
散々我侭し放題だった末期がんの患者さんが、
突然しおらしく「いままで迷惑をかけてすまなかった」と言うようになり、
看護婦さんが「何言ってるんですか~」と言うと、
「部屋の四隅にお迎えがきているんだよ」
と言って、その後直ぐに息を引き取った・・・と言うのを覚えている。
どこで聞いた話だったかなぁ。



65 :あなたのうしろに名無しさんが・・・ :03/07/24 21:00
>>59>>61
病室の四隅に...、私が知ってるのは淀川長治さんの話。
淀川さんのお母さんが余命いくばくも無い時、淀川さんはつきっきりで
一緒にいてあげてたの。夜寝る時もスーツにネクタイ、ちゃんとした格好で。

ある晩、お母さんが寝入ってる真夜中、病室の四隅に異形の者がいるのに気が付いた。
それが、カラス天狗みたいな奴らなの。山伏みたいな服装で。
片膝立ててうつむいてる。そのうちの1人が顔を上げて、
「迎えに参りました」。
淀川さん、怖くて仕方なかったけど無我夢中で
「お願い。あと6ヶ月待って!」
「...承知した」。
それからきっかり6ヶ月後にお母さん亡くなったの。

平野威馬雄の「おばけをまじめに考える本」という題の本で読んだ。



177 :あなたのうしろに名無しさんが・・・ :03/08/03 02:04
俺は二人兄弟の兄なのだが、幼稚園の頃、たとえばおつかいに行ってプリンとかをみっつ買って来たり
車の後部座席に弟と座るとき、真ん中にまでつめて乗ってしまったりすることが多かったそうだ。
まるで3人兄弟かのような間違いをよくしていたそうだ。

じつは大きくなってから聞いたことだが、
俺には、生まれてすぐ病死したふたつ上の姉がいた。
そのことを知らされたのはたしか小学校2年生だったか。

いちど幼稚園のお絵描きで家族の絵を描いたとき、4人家族の絵を描いた隅っこに
ひとりでちょこんと座っている女の子を描いたことがあったそうだ。



294 :あなたのうしろに名無しさんが・・・・ :03/08/19 14:49
昔(4歳位)、従兄弟達と4人で外でかくれんぼをしていた。
俺は従兄弟の家の飼い犬の犬小屋の影に隠れて息を潜めていた。
俺以外全員が見つかってしばらくが経ち、「おーい〇〇、降参だから出て来てー」
と鬼役が叫んでいたが、何故か出て行ってはいけない気持ちになり
その後2時間くらい犬と一緒に小屋の傍らに居続けた。



295 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/08/19 14:55
続き

そのうち他の3人は俺を探すのにも飽きたらしく
(心配されてないのが不思議だけど歳の幼い子供ばっかだったから)
他の遊びに没頭し始めた。俺は犬の頭をなでたりしながら
何故か懐かしいような寂しい様な不思議な気分で時を過ごした。

3日後、その犬が老衰で亡くなったと従兄弟の家から連絡があった。
もしかしたら俺と会うのも最後だと思って奴が俺を引き止めていたのかなと思う。
すごく可愛がっていたから。



318 :あなたのうしろに名無しさんが・・・ :03/08/25 20:28
電波臭いこと書くけど、
近所の野良猫と遊んでるとき
「背中かい~」って喋ったンデスヨ。
それから、動物って皆喋れるもので、人間の前では喋れないふりをしてるんだと、
小学校中学年くらいまで信じてた。
今でもちょっと信じたい。



493 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/09/04 13:08
小学校の頃、学校の帰り道でいつもと違う森の中で見つけた石の棺みたいなモノ。
中には水と髪の毛らしき物や白い骨???があって気味悪くなりいっしょにいた友人と逃げた。
あれから2度と行かなかったけどあれはなんやったんやろ?



693 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/09/21 16:03
つい最近、両親が父の実家について話していたので
「ああ、おばあちゃんの家の入ったとこの3つのかまどが…」
などと話にわって入り、祖母の家の間取りを話していると、
それは建て替える前の間取りで、
建て替えたのは私が産まれる何年も前だと言われました。

子供の頃の記憶だと思っていたのに…



771 :あなたのうしろに名無しさんが・・・ :03/10/13 15:00
親に聞いた話なんだけど
私が赤ちゃんのとき、母に連れられて家の近くのお寺を散歩していたら
誰もいないのにお墓のほうに手を振っていたらしい。
今は霊感とか全然無いんだけど
昔はあったのかなぁ・・・



783 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/10/14 07:37
保育園の時に
ちょっと普通の子と違う顔立ちの子がいた。

その子、遊んでた時に、ちょっとした事で手に切傷を負ったんだけど
流した血が赤ではなく、青だった。

その時驚いたけど、顔立ちが違ったのもあったので、そうゆうもんだと思っていた。
その子は知らない間に保育園には来なくなっていた。

今思い出すと、グレイとに似てる顔立ちだった気がする。
あまりにも鮮明に記憶に残ってるんだが、、



839 :あなたのうしろに名無しさんが・・・ :03/10/19 19:43
弟が、7、8才だったころ。
夕方、遊びに行っていた裏山から、大泣きしながら走って帰ってきました。
いわく、「ほねおりぞんが出た~!」
痩せて、体中の骨が折れたおじさんだったそうです。
弟は何をみたんだろう?



845 :あなたのうしろに名無しさんが・・・ :03/10/20 01:08
俺が中学生の時の話
早朝新聞配達をしてたのですが配達中にたまにふと人の気配がして
その方向を見るとモンペに絣すがたの戦争中の人みたいな女の人が立って居て
恐怖のあまり目をそらしてもう一度同じ場所を見ると消えてた事が何回かありました。
しかもその女の人がいたのは民家の塀の隙間やアパートの階段の下やら人がいるはずもない
所ばかりやったですよね。
この事を母親に話したら姿形聞いてそれは守護霊さまかな???って・・・(確かに
母の妹が戦時中か終戦直後位に亡くなってる。)それ聞いてからも2回ほど見ました
が恐怖感は無くて「今日も居るな・・・」位の感覚になってました。
一年ほど同じ集落を配達してたけど病院の窓から落ちる黒い人影?を見てしまい
警察に通報したけど何も心あたりないって言われたり何か色んな経験したなぁ・・・
なんやったんでしょうねあれは??高校くらいになってからは見なくなったんですがね




945 :あなたのうしろに名無しさんが・・・ :03/11/02 08:58
 押入れに関する変な記憶が多い。
うちは転勤族で幼少の頃から3年ごとに家が変わっていた。
3~4歳当時住んでいた家の、居間の隣の部屋の押入れにばあさんが住んでいた記憶がある。
(うちにばあさんはいないはず)
押入れを開けると、中に座布団が敷いてあり、そこにばあさんが座っているのだ。
そしてばあさんは、私を見て、いつもにこっと笑う。
私は彼女を「押入れのおばあちゃん」と呼んで親しんでいたが、
そんな私を両親はかなり気味悪がっていたようだ。
 
5歳当時に住んでいた家の自分の部屋で、押入れを開けると中に黒い服(喪服?)を着た人が大勢
こちらに背中を向けて座っていた。あちこちにオレンジ色の提灯みたいな光が見え、子供心に「お葬式だ」と思った。
そして、押入れの戸の一番そばに座っていた人が私の方に向き直り、お辞儀をしたのまで覚えている。
 
どちらも夢だと思い込んでいたが・・・・

 葬式を見た方の家で、5年くらいあとに(私たちがもう出た後で、その次に住んだ人ね)、住人が押入れで
首吊りをした。
後になってそれを知ってぞっとした。



949 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/11/02 15:38
私がまだ幼稚園に行く前、姉と二人姉妹だったが
姉が幼稚園に行ってるときの遊び相手は
いつもおばあちゃんの部屋にある三面鏡の中の人だった。
その人は今思うと成長した自分に似ているのだが白い着物を着て無口だった。
私はその人に向かってずっとしゃべり続けていた。
母は私が寂しいのだろうと犬を飼ってくれた。
それから犬と遊ぶようになりその人のことは忘れた。
この前久しぶりにおばあちゃんの部屋に入ったがちょっと怖くて三面鏡を覗くのをやめた。



975 :あなたのうしろに名無しさんが・・・ :03/11/04 23:12
その日は特別授業で幼稚園がいつもより早く終わる日で、
ママンはそのことを忘れてて迎えに来てくれなかった。
しょうがないから家までの道(子供の足で10分ぐらいの住宅街の1本道)を
歩いて帰る途中、その道沿いに開けた芝生の広場を見つけた。
白い蓮華の花がたくさん咲いていてお花畑のようにきれいで
しばらく腰を下ろして蓮華の花で冠を作って遊んでいた。
その間20~30分ぐらいだったと思う。
その場所をすごく気に入った私は次の日にもその広場に行ったんだけど
広場があったと思う場所には塩ビのパイプが並んだ水道工事のお店があった。
考えてみればその場所はずっと前からその店があった所だ。
何かの勘違いかと思い、幼稚園への行き帰りにいつも広場を探したけど、
とうとうその場所は見つけられなかった。

あれから20年近く経ってるけど、緑の芝生に小さな白い蓮華がたくさん咲いてた
あの景色はいまだに忘れられない。
子供の頃の記憶ではないんだが、免許取って前々から欲しかった4駆車を親ローンで買って毎週休みの度に一人で近場(自宅から30分くらい)の山で早朝によく林道走行してた


その日は天気も良かったし、いつもと違うルートを走ろーと思い、気になってた脇道に入ってみた


薄暗い杉林をぬけ、わりかし狭い雑木林を抜けたらいきなりひらけた草原に出た


畑があるわけでもなく、何かの予定地っぽいわけでもないひらけた空間


200メートル四方はあったと思うけど、その先に道があるわけでもない


その時はいいトコ見つけたくらいにしか思わなかったが、次にソコを目指してもその場所に行く事は出来なかった


未だに4駆乗りしてるけど、すごく不思議だったわ
[ 2009/12/09 06:47 ] [ 編集 ]
>>[ 2648 ]
夢ぶっ壊すかもしれないけど、
グーグルマップの衛星写真でチェックしてみたら?
200m四方くらいなら、田舎の粗い解像度の写真でも映っているはず。
映っていなかったら、不思議体験に箔が付くわけだ。
[ 2009/12/10 00:42 ] [ 編集 ]
子供のころねぇ・・・
幼稚園のときに、先生が園児を引き連れてイチゴ狩りに出かけたことがあってね、その帰り道だったかな、
にゃーにゃーってなんか親を呼ぶ子猫の鳴き声みたいなのが聞こえたのね、
子供の頃って好奇心の塊だから、先生の指示そっちのけで子猫探してた。
そしたら道の隅っこに探して子猫を見つけて、誰かがその仔をだっこしようとしたら。
うおおおおおおお!! とかなんか叫んで子猫ぶんなげちゃった。
俺はびっくりしたけど、やーいびびりーとか言いながら子猫のほうを見たのね、そしたら

子猫の片目から蟻?らしき大量の黒い虫が群がってたんだ。

びっくらこいて俺たちはきゃーきゃー言いながら先生のところまで猛ダッシュ。女の子とかガチ泣きだったよ。

後ろから聞こえる猫の悲痛な泣き声がちょっと怖かった。
そのあとのことはあんま覚えてないかな。
軍隊蟻とかは普通に生きてる動物も襲うし人間だって毒で殺せるけど、日本に生息する蟻はでかい生き物襲うのかね?それともあれは蟻じゃなくてなにかの見間違い? 
今でもぞっとする不思議な話でした。
[ 2009/12/10 05:04 ] [ 編集 ]
米1っす

気になったからぐぐったけど、やっぱりなかったぜよ

ハクついたかの

まー10数年以上前だからなんとも言えないが


今思えば大麻畑だったとか笑
[ 2009/12/10 06:37 ] [ 編集 ]
米2693
大麻畑、夢無ぇw

でも、例えそうだったとしても、
10年そこらで平原が森に戻るとは思えないから、
マジでどっか行ったんだろうな。
[ 2009/12/10 19:11 ] [ 編集 ]
本スレの方、いくつか糖質まじってね?
[ 2010/01/23 12:54 ] [ 編集 ]
取り合えず骨折り損が優勝だと思う。
[ 2011/04/08 10:49 ] [ 編集 ]
コメントの投稿







管理者にだけ表示を許可する
他サイト様更新情報
このブログについて

ネタ、お勧めスレッド紹介等
大歓迎です

このブログについて

初代TOP絵いただきました
Lithiumさんのサイト


07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新記事
カテゴリ


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。